1日を「書く習慣」でスタート。マインドマップで思考や感情を引き出してモーニングページを書く方法。

はじめに

在宅勤務や外出自粛で生活のリズムが乱れてしまったという方、多いのではないでしょうか。

朝、だらだらと起きたり、ストレスで夜ふかししてしまったり。

朝のスタートをしくじると、その日はエネルギーの低い、不完全燃焼の1日になりがちです。

おすすめは朝を頭の中の考えや感情をノートに書き出す「モーニングページ」で始めることです。

モーニングページとは、「ずっとやりたかったことを、やりなさい。」(オリジナルは”The Artist’s Way: A Spiritual Path to Higher Creativity”)で紹介されているワークの一つ。

 

 

朝一番に、とにかく心の赴くままに、ネガティブなことも含めて自分の頭の中の様々な考えや感情をノートに書き出すというものです。

自分の内面に潜りつつ、頭の中をノート上にすべて出すことで、心をクリアに集中して1日をスタートできます。

【モーニングページの習慣】OneNote/Noteshelfではじめる、スッキリと1日をはじめる朝のデジタル手書き習慣の方法。
はじめにモーニングページとは、「ずっとやりたかったことを、やりなさい。」で紹介されているワークの一つ。朝一番に、とにかく心の赴くままに、ネガティブなことも含めて自分の頭の中の様々な考えや感情をノートに書き出すという...

モーニングページは特に書き方の指定はなく、とにかく思ったことを書くというものですが、最初はなかなか、考えや感情が出てこないかもしれません。

そこで、マインドマップを活用してアイデアや感情を引き出しながらモーニングページを書く方法を紹介します。

  1. タイマーをセットしてノートを開く
  2. 不安・不満・ストレスの3つのトピックをマインドマップに書く
  3. 各トピックについて順番に思考や感情を書き出す

マインドマップでモーニングページを書く方法

タイマーをセットしてノートを開く

書く時間を決めてやります。

モーニングページは3ページ書くことを推奨していますが、書くのに時間がかかりすぎると他の活動に影響し、習慣として続けにくくなります。

10分、15分など時間を決めて取り掛かりましょう。

タイマーはキッチンタイマーでもなんでも良いですが、ポモドーロタイマーも便利です。

ポモドーロタイマーとタスク管理を統合したアプリFocus To-Doの3つの特長レビュー
「Focus To-Do: ポモドーロ技術 & タスク管理」をApp Storeではじめに集中して作業するのは簡単ではありません。特に在宅勤務の場合、これまでオフィスなどで仕事をして、家はリラックスする場所...

不安・不満・ストレスの3つのトピックを書く

以下のように、ノートに不安、不満、ストレスとまず3つのトピックを描きます。

枝を伸ばしていくため、3つのトピックは縦方向にある程度のスペースを開けておきます。

<日付>

□不安 



□不満



□ストレス

各トピックについて順番に思考や感情を書き出す

書くトピックについて、何を書いてもよいと自分に言い聞かせて、頭に浮かぶこと、浮かんでいることを書いてみましょう。

不安や心配、不満や怒り、イライラ、ストレスや疲労感。

誰に見せるものでもない、自分だけの秘密のノートです。

書いていると頭の中がスッキリして爽快な気分やエネルギーを感じることが出来ます。

<日付>

□不安------思考---思考
              |              |
              |              ----思考
             |
              ---感情---感情---感情---感情

□不満------思考---思考
              |              |
              |              ----思考--- 思考
             |
              ---感情---感情---感情
                  |
                    -----  感情

□ストレス ------思考---思考
              |              |
              |              ----思考--- 思考
             |
              ---感情---感情---感情
                  |
                    -----  感情
 .......

まとめ

マインドマップを活用してアイデアや感情を引き出しながらモーニングページを書く方法を紹介しました。

  1. タイマーをセットしてノートを開く
  2. 不安・不満・ストレスの3つのトピックをマインドマップに書く
  3. 各トピックについて順番に思考や感情を書き出す

10分程度の時間をかけることで、様々な気がかりなことに意識が振り回される1日になるのを防止できます。

モーニングページのやり方については以下の動画もご覧ください。

毎朝書くノート「モーニングページ」って何?
iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
書く・アウトプット習慣
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました