先延ばしの構造の分析と対策:先延ばし習慣の記事のまとめ

先延ばししていることありますか?

先延ばししていることを思い出すと、いつやろうか、そろそろやらなければ、と考えると気が重くなったり、テンションが落ちます。

先延ばしはしないにはこしたことがないのですが、先延ばしすることで得ている報酬もあります。

これまで先延ばしの構造の分析や対策について様々な観点からみてきたのでまとめてみます。

先延ばしの構造の分析

先延ばしにしてしまう要因はいくつかあります。

タスク要因

  1. どこから手をつけていいか分からず手が出ない
  2. タスクが難しい、面倒
  3. 締め切りがまだ先

自分要因

  1. エネルギーが枯渇
  2. やる気がしない

ずっと先延ばししていることないでしょうか?〜先延ばしの構造を分析  
先延ばし撃退キャンペーン夏休みの宿題は先にやる方でしたか?それともギリギリにやる方でしたでしょうか。今週は自分の中で、先延ばし撃退キャンペーン中です。先延ばしにしているものが増えてきて、なんとかした...

先延ばしの対策

タスク

最初に試してほしいのが5秒ルール。

何かやろうと思った時に、5秒以内に物理的に動かないと、脳はやろうとする考えを殺してしまいます。

その前にアクションを起こしてしまうという方法。

5-4-3-2-1 と数えてGO!と実行します。

先延ばしをストップして「今やる」5秒ルール(THE 5 SECOND RULE)の3つの活用法
はじめに先送り、先伸ばしていること、どれくらいありますか。先延ばししているものは、何度も何度も頭に出ては、エネルギーや自己肯定感を少しずつ奪っていきます。今日は先延ばしにしていた、メールの返信、申請手続き、...

5秒ルールでもできないような重いタスクについては、カレンダーにそのタスクを実行する時間を確保する、タイムブロッキングが有効です。

「タイムブロッキングを調べる」というタスクがあったときに、2/25の15:00から30分を確保し、これをカレンダーに予定として入れます

あとはその時間になったら、とにかくそのタスクに専念すればOKです。

GoogleカレンダーとTodoistを双方向同期。先延ばしを防止するタイムブロッキングの方法。
はじめに重たいタスクは先延ばしされがちです。特に、体調やメンタル的にエネルギーが落ちているときはなおさら。先延ばしをしないようにするにはカレンダーにそのタスクを実行する時間を確保する、タイムブロッキングが有...

メール

ずっと受信ボックスに残っていて、返信や処理ができていないメールないでしょうか?

メールの形でメールボックスに残っているとなかなか処理しづらく、活用もされにくいです。

まずTodoist等タスク管理システムやEvernote等ノート、Googleカレンダー等に仕分けして、メールの先延ばしを撃退しましょう。

【メール習慣】メール先延ばしを防止する方法。Todoist等タスク管理システムやEvernote等ノート、Googleカレンダー等に仕分け
メールの先延ばし問題メールのインボックスにずっと返信や処理ができていないメール、残っていないでしょうか?メールの形でメールボックスに残っているとなかなか処理しづらく、活用もされにくいと考えています。...

まとめ

先延ばしの構造の分析、そしてタスクやメールの先延ばしに関する具体的な対策の記事を紹介しました。

先延ばしは大きなテーマです。

引き続き、手法や対策について探求していきたいと思います。

iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
時間管理・タスク管理
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました