バレットジャーナルとGoogleカレンダーを一緒に使う3つの理由


‎「Google カレンダー」をApp Storeで より引用

バレットジャーナルとスケジュール管理

バレットジャーナルはシンプルな箇条書きノート術です。

やること(タスク)や予定(イベント)、アイデア(メモ)など種別に応じた箇条書きの記号をつけるもの。書くのに手間がかからず、見やすいという利点があります。

タスク管理やスケジュール管理、アイデア出し、日記など様々な目的に使うことが出来ます。

現在、A5サイズのロイヒトトゥルムのノートでバレットジャーナルを実践しています。

バレットジャーナル、在宅勤務に最適なノートのサイズ
A5サイズとA6サイズどちらがよいか?バレットジャーナルとして、A5サイズとA6サイズのいずれも実践した結果、持ち歩きのしやすさからA6サイズを使っていました。A6であれば重さも感じず、スーツの内ポケットに...

バレットジャーナルだけでスケジュール管理をすることも可能なのですが、Googleカレンダーを併用しています。

‎Google カレンダー
‎iPhone または iPad に公式の Google カレンダー アプリをインストールして、時間の無駄を省いて毎日を有意義に過ごしましょう。 • カレンダーの表示形式 - 月ビュー、週ビュー、日ビューの 3 つの表示形式があり、簡単に切り替えることができます。 • Gmail からの予定 - フライト、ホテル、コン...

具体的には、Googleカレンダーをスケジュール管理のマスターとして利用し、Googleカレンダーを見てその日の予定を抽出してバレットジャーナルに転記し、予定を確認しています。

バレットジャーナルをやっている方向けに、Googleカレンダーを併用する3つの理由について紹介します。

Googleカレンダーを一緒に使う3つの理由

Googleカレンダーをメインのスケジュール管理システムに据え、実行のツールとしてバレットジャーナルを利用する理由は以下の3点です。それぞれ説明します。

  1. 予定の情報の紛失回避
  2. 多くのスケジュールの整理
  3. スケジュールの通知

スケジュールデータの紛失回避

バレットジャーナルのみでスケジュール管理をすると、もしノートをなくした場合に困ったことになります。

会議の予定やイベント、約束、締切日などなど忘れてしまうと信用問題になる可能性もあります。

紛失するリスク対策をとるべきです。

Googleカレンダーに入力しておけばクラウドに保存されているため、いつでもスマホやPC、タブレットからタスクを参照可能です。

仮にノートを紛失しても情報が失われることはないため、安心です。

多くのスケジュールの管理

バレットジャーナルのみで予定を管理していると、予定の日時変更や中止、内容の追加など修正や更新が非常に大変になります。

マンスリーログやフューチャーログに予定を入れられるものの、修正が重なるとどれが最新の情報なのか分かりにくくなったり、書くスペースがない場合に無理に小さく書いたりして見づらくなってしまいます。

Googleカレンダーであれば、日時から場所、詳細情報までをすっきり整理でき、常に最新の情報にメンテすることができます。

また、予定の種別によって色分けもできますし、カレンダーを複数作って仕事とプライベートを分けて管理することもできます。

また予定が増えても月や週、日、リストなど様々な画面で予定を閲覧することができ、便利です。

スケジュールの通知

Googleカレンダーでは、その予定を例えば10分前に通知するというような通知の設定が可能です。

大事な予定を1時間前に教えてもらうこともできますし、余裕を持って1日前に教えてもらうこともできます。

また、スマホやPC、スマートウォッチなどで通知を受けることができるめ、忘れません。

バレットジャーナルでも、例えばマンスリーログの特定の日の欄に予定を書いたり、デイリーログに予定を書くことももちろんできます。

ただ、紙のノートに通知してもらうことはできないため、ノートを見に行かない限り気づくことは出来ません。

バレットジャーナル+Googleカレンダーの実践法

毎日、1日のはじめに、Googleカレンダーの”1日”のビューで本日の予定を抽出し、バレットジャーナルに転記します。

予定をそれぞれ手書きすることで、必要なタスクや課題、望ましい状態などが次々に思い浮かぶため、それをどんどんバレットジャーナルにメモしていきます。

これがGoogleカレンダーだけでなく、バレットジャーナルを使う最大のメリットと考えています。で

自分の場合、予定をGoogleカレンダーに入れておいて、その日にスマホやPCでカレンダーを確認するだけではあまり必要なタスクや課題などが思い浮かびません。

手書きで書くことで、思考が刺激される感覚です。

なお、その日に発生した新しい予定はバレットジャーナルにさっとメモしますが、できるだけ早くGoogleカレンダーに入力するようにしています。

2重管理を避けるため、あくまでマスターはGoogleカレンダーであり、Googleカレンダーを見れば最新の正しい情報が入っていると確信を持って使えるようにメンテしましょう。

まとめ

バレットジャーナルとGoogleカレンダーを一緒に使う3つの理由について解説しました。

Googleカレンダーを併用することで、1.予定の情報の紛失回避、2.多くのスケジュールの整理、3.スケジュールの通知の3点がが達成できます。

バレットジャーナルでスケジュール管理している方は、Googleカレンダー、あるいは他のお気に入りのスケジュール管理アプリとの併用を試してはいかがでしょうか。

以下は、Googleカレンダーの活用の記事です。非常に便利なアプリですのでぜひ活用ください。

理想の1日を得るために、理想のスケジュールをGoogleカレンダーに書く3つの理由
はじめにあなたの理想の一日は、どのようなスケジュールでしょうか?自分のやりたい活動や趣味が十分にできている1日でしょうか?家族との交流、団欒の時間が取れている1日でしょうか。あるいは、朝、早起きして...
あなたの時間の使い方はどれだけ理想に近いでしょうか?Googleカレンダーに書いた理想の一日と現実の一日を簡単に比べる方法
はじめに習慣化を成功させ、理想の1日を得るため、理想のスケジュールを具体化する必要があります。以下の記事では、Googleカレンダーに理想の一日を書く方法を紹介しました。次にやりたいのは、そ...

バレットジャーナルの参考書籍はこちらです。

バレットジャーナル 人生を変えるノート術

バレットジャーナルの公式ガイド。バレットジャーナルが生まれた背景から考え方、実践法まで学べます。「本当に重要なことに集中し、自分にとって大切なこととはなにかを考える上できわめて貴重な「アナログの避難所」を提供している。」とあるように自分への理解を深めるツールという位置づけが興味深いです。

「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル

入門編として、デイリーログ、フューチャーログ、コレクションなど書き方が丁寧に解説されています。
カラー写真などおしゃれで見ていて楽しいです。

ロイヒトトゥルム1917ではじめる箇条書き手帳術

ロイヒトトゥルムではじめるとあるように、ロイヒトトゥルムが好きな方は読むといいでしょう。事例も豊富で、書き方、工夫点などアイデアが得られます。

シンプルなのに驚くほどうまくいく! バレットジャーナル活用術

インスタグラムに、@88necocoというIDで、デザイン性のあるバレットジャーナル手帳を公開されています。それを見て気に入ったら本も手に取るといいでしょう。
https://www.instagram.com/88necoco/?hl=ja

iPhoneで集中・マインドフルネス習慣
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を最大限に発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 この状態をつくるには続ける仕組み、習慣化がポイントです。 本メルマガでは習慣化に役立つ実践プログラムと24時間365日、あなたに寄り添うiPhone習慣化アプリを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アプリ・ガジェット
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました