テレワークのお供に「経過時間が見える」専用デジタルタイマー

はじめに

テレワークをしていて、集中が続かない、ダラダラしてしまうということないでしょうか。

在宅勤務の難しいところは普段、リラックスしたり、趣味をしている部屋で仕事モードに切り替えしなければいけないこと。

Web会議でつながっているときは人の目があり、会話もあるため、集中しやすいものの、誰もいない部屋で独りで作業しているとどうしても緊張感が薄れがちです。

テレワークで集中する方法として、「経過時間が見える」専用デジタルタイマーの活用法を紹介します。

「経過時間が見える」専用デジタルタイマー

専用デジタルタイマーのメリット

以下の記事でスマートフォンアプリ、スマートウォッチ、専用タイマーの機能性や使い勝手の比較をしましたが、在宅勤務であれば専用タイマーがおすすめです。

習慣化に適したタイマーは?スマートフォンアプリ、スマートウォッチ、専用タイマを比較
スマホ、スマートウォッチ、専用タイマーはじめに15分と時間を決めてSNSをやったり。集中して25分、仕事をしたり。習慣化にタイマーは不可欠です。iPhone, Androidスマートフォンに...

今使っているのは、「MAG デジタルタイマー カウントアップ カウントダウン 音量切替機能 マグネット付き 置き掛け兼用 ホワイト XXT504WH」。

 

自立してくれて、デジタル表示の文字も大きく見やすいです。

アラーム音は消音、小、大を選べます。

消音の場合も赤いライトで知らせてくれるため、気づかないということはありません。

専用タイマーの最大のメリットは、タイマーのカウントダウンが常時表示されていること。

途中で集中力が途切れそうになって別のことに脱線したりしそうになっても、ちらっとタイマーを見るとまだ残り時間があることに気づきます。

そこで、この残り時間だけは頑張ろう、と踏みとどまることができます。

この常時表示は、iPhone, Apple Watchでは真似できません。

あと残り3分しかないと気づくと、そこで集中力を上げて一気に頑張ることができます。

ポモドーロテクニック

集中するために役に立つメソッド「ポモドーロテクニック」を活用しましょう。

これは、「25分集中して作業し、5分休む」を1セットとして、4セットを実行した後は、15分など長い休憩を取るというメソッド。

デジタルタイマーで25分をセットし、カウントダウンを始め、作業に集中します。

そして25分経ったら途中でも5分、休憩をとります。

これを1セットとして繰り返します。

1日に3セットでもできたら、その日はよく集中した、という実感が得られるでしょう。

まとめ

テレワークで集中する方法として、「経過時間が見える」専用デジタルタイマーの活用法を紹介しました。

  • 専用デジタルタイマーのメリット
  • ポモドーロテクニック

作業する際にはタイマーをセットするということを習慣化しましょう。

 

一方、カフェやシェアオフィスでテレワークする場合、専用タイマーを持ち歩くのは若干、面倒かもしれません。

さまざまなiPhone用のタイマーアプリがあり、Apple Watchでも使えます。

習慣化の必須のツール:デザイン、機能に優れたタイマーアプリ5選
はじめに習慣化において、タイマーは重要なツールです。15分など、時間を区切って作業や行動をする際に使います。App Storeで"タイマー”と検索するとたくさんのアプリがヒットします。様々な種類、機能のタイ...

デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
時間管理・タスク管理
スポンサーリンク
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました