iPad/Macで使う方向けOneNote記事のまとめ【書く習慣】

OneNote、マイクロソフト製ということで、iPhoneやiPad、Macを使っている方は敬遠しがちかもしれませんが、非常にいいノートアプリです。

iPhone、iPad、Macでも使えますし、Apple Watchのアプリもあります。

無料プランの場合、ストレージがOneDriveに限られるという制限はありますが、Appleデバイスユーザにもおすすめです。

使いながらいろいろとOneNoteの記事を書きましたのでここでまとめておきます。

OneNoteを気軽に始める

まず、OneNoteを気軽に使うところから。

OneNoteの自由度の高いキャンバスはブレインダンプに適しています。

手書きで、頭の中の言語化しづらいもやもやをは解きほぐしてタスクやアクションアイテムとして見える化しましょう。

iPad ProあるいはiPad miniとOneNoteで、頭の中を吐き出すことができます。

やる気がいまいち出ないときの頭の整理の習慣。手書きでノート、iPad+OneNoteで頭の中を見える化、タスク化。
はじめに気になること、やらなければいけないこと、やりたいことはたくさんあるけど何かやる気がでない、行動が進まないということありますよね。そんなときは、頭の中がもやもや、あるいはごちゃごちゃになっていないでしょうか。...

このブレインダンプを朝にやる「モーニングページ」もおすすめです。

モーニングページとは、「ずっとやりたかったことを、やりなさい。」で紹介されているワークの一つで、朝一番に、とにかく心の赴くままに、ネガティブなことも含めて自分の頭の中の様々な考えや感情をノートに書き出すというものです。

OneNoteをがっつり使う

【モーニングページの習慣】すっきりした1日をはじめたい方に。手書きのデジタルノートで朝、ノートに書く習慣をOneNoteとNoteShelfで実践。
はじめにモーニングページとは、「ずっとやりたかったことを、やりなさい。」で紹介されているワークの一つで、朝一番に、とにかく心の赴くままに、ネガティブなことも含めて自分の頭の中の様々な考えや感情をノートに書き出すというもので...

また、がっつりとOneNoteを使ってプロジェクト管理をやったり、OneNoteを勉強ノートとして使う場合、OneNoteのアウトライン機能が役に立ちます。

箇条書きで階層的にテキストや画像を入力することで、深い階層を折りたたんで全体を俯瞰したり、折りたたみを展開して詳細情報を参照したりということが簡単にできます。

デジタルノート活用〜OneNoteアウトライン機能〜
はじめにアウトライナーがないと文章がかけません!というのは言い過ぎですが、ブログやレポートなどを書く上でアウトライナーは非常に重宝しています。アウトライナーとはアウトラインを作るツールです。アウトラ...

また、OneNoteを日記やタスク管理に使うこともできます。

こちらの記事ではOneNoteをデジタル手書きのバレットジャーナルとして活用する方法を紹介しています。

OneNote for iPadがデジタル手書きのバレットジャーナルに適している3つの理由
はじめにOneNote for iPadで手書きのバレットジャーナルをはじめてみましたが、非常にいいです。OneNoteの自由度の高さ、方眼などのノート種類の豊富さ、ノートを整理する管理方法、セクションやノートへの...

OneNoteを見返す、耕す

またOneNoteでノートを書いたら、ぜひその後も見返したり、追記したり、ノートを耕しましょう。

ノートはメンテナンスしないとアイデアが埋もれてしまいますし、そこまでの思考も無駄になってしまいます。

ノートを見返し、耕して、アイデアを拾い、思考を積み上げましょう。

【ノートを見返し、耕す習慣】Evernote, OneNote, Noteshelf, iThoughts、デジタルノートで思考を積み上げ
はじめにノート、活用できていますか? ノートにメモをとったり、アイデアを書いたりしていると思いますが、見返したり、そこにどんどん追記していくということやっているでしょうか?ノートに書きっぱなしはもったいない...
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
書く習慣
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました