2020年版:EvernoteとOneNoteの比較レビューと使い分け

OneNote、以前は動作が重かったり、同期がいまいち不安定で敬遠つかっていなかったのですが、最近は安定していて、EvernoteよりもOneNoteを使う機会が増えています。

特に手書き機能については、OneNoteが圧倒的によかったため、手書きノートについてはOneNoteかNoteShelfを使っています。

こちらの記事で、OneNoteとEvernoteについて、手書き機能に加えて、ノートの管理の方法、容量の制限、ノートの種類、マルチデバイス、テンプレート、Webクリップと様々な観点で比較しました。

iPadでテキスト・手書きを使いたい方へ: OneNoteとEvernoteの比較レビュー
はじめにEvernoteは2010年4月からずっと使っていて活用していますが、一つの不満な点が手書きに弱いところ。手書き機能もありますが、決して使い勝手はよくないです。「手書きしたスケッチをノートに...

OneNoteを使うにつれてタイピングのノートもOneNoteで扱う機会が増えてきたため、改めて総合的に比較レビューします。

このタイミングでのEvernoteとOneNoteの記事増えてきたのでここで整理します。

EvernoteとOneNoteの比較

アウトライン機能

Evernoteになくて、OneNoteにある機能の一つがアウトライン機能です。

階層的に情報を管理でき、折りたたんで全体を俯瞰したり、詳細情報も扱うことが出来、非常に柔軟性が高いです。

デジタルノート活用: OneNoteアウトライン機能レビュー
はじめにアウトライナーがないと文章がかけません!というのは言い過ぎですが、ブログやレポートなどを書く上でアウトライナーは非常に重宝しています。アウトライナーとはアウトラインを作るツールです。アウトラ...

管理の方法

OneNoteはノートブック、セクション、ページという考え方でノートを管理。

Evernoteはスタック、ノートブック、ノートで管理し、付加的にタグを付けることもできます。

OneNoteはノートブック、セクションに色がつけられたり、順番の並び替えができたりとノートブックやセクションが増えても、目的のページを探しやすくなっています。

Evernoteはノートブックへのリンクする機能はなく、ノートへのリンクまでですが、OneNoteはページのリンクだけでなく、セクションのリンクの機能もあります。

これは結構使えます。

情報の管理としてはかっちりしているOneNoteのほうが好みです。

Evernoteはノートブックが増えるとノートを探しにくくなり、ショートカットやタグを駆使して整理することになります。

とにかく情報を放り込み、蓄積しておき、必要なときに検索するという使い方にEvernoteは適していると思います。

容量の制限

OneNoteはデータをOneDriveに配置します。

無料の場合は5GBのため、多くのデータを置いていくと容量の制限にかかります。

OneDriveの容量は100GBにアップグレードでき、その場合のコストは¥224/月。

Office365 Soloに入れば、プレミアム機能として容量は1TB使えるようになり、PCおよびMac用の最新のオフィスアプリが利用可能となります。

Evernoteは保存データ量に制限はありませんが、転送量に制限があります。

無料プランの場合、月間のアップロード容量は60MBと厳しい制限があり、Evernoteを活用しているとすぐに使い切ってしまう。

そのため、有料プランにすることが必須になります。

Evernoteプレミアムであれば月間アップロード容量は10GB, ノートの上限サイズも200MBとなります。また、ノートのオフライン機能も使えるようになります。

ノートの種類を選べる

OneNoteは無地や方眼、ラインなどのノート(ページ)をえらぶことができます。

ノートの色も選ぶことができます。

Evernoteにはこのような機能はありません。

マルチデバイス

いずれもWindows PC, Mac, スマートフォン、タブレットでも動作します。

アプリもあればブラウザでも動作も同様。

OneNoteは無料でも利用デバイスの制限はありませんが、Evernoteは2台に限られるため、非常に使い勝手が悪く有料プランは必須です。

この点はOneNoteのほうが優れています。

テンプレート

OneNoteのWindowsにはテンプレート機能がありますが、OneNote for Macはテンプレートに対応していません。

これは残念なところ。

Evernoteはテンプレートに対応しています。

Webクリップ

これはEvernoteはWebページをテキストや画像として保存してくれます。

Webのハイパーリングの情報もきちんと保存されます。

一方、OneNoteはWebページ自体を1つの画像+タイトルのテキスト+そのページのURLとして保存します。

そのため、テキストをあとでコピペすることもできなければ、Webページ内のハイパーリングの情報も失われます。

EvernoteのほうがWebクリップの機能は優れていると思います。

ただし、OneNoteでもWebページをPDFとして保存して挿入するときれいに貼り付けられます。

ひと手間かかりますが、これはこれでOKです。

使い分け

ここまで比較すると、OneNoteのほうが機能性はよさそうなのですが、移行するにあたって大変なのは、Evernoteの既存のデータ。

現在、Evernoteのノートは25000以上あるため、これをOneNoteに移行するのは面倒ですし、容量も相当必要となります。

そこで情報の一元化はある意味妥協し、OneNoteとEvernoteを併用することにしています。

保存するのみでこれ以上は編集や書き換えはしないなというデータや資料はEvernoteに保存。

つまり、アーカイバのためのストレージとしてEvernoteを使用します。

検索機能はすぐれており、いくら保存してもストレージ容量を食わないため、Evernoteはストレージとして非常に優秀です。

一方でOneNoteは現在進行中のプロジェクトのノートを扱うようにします。

このように使い分けすればどの情報がどっちにあるのかと迷うことはなくなります。

まとめ

OneNoteとEvernoteについて、手書き機能以外として、アウトライン機能、ノートの管理の方法、容量の制限、ノートの種類、マルチデバイス、テンプレート、Webクリップと様々な観点で比較しました。

手書き機能を除いても、OneNoteのほうが使い勝手や機能性がよいです。

一方でEvernoteは検索機能に優れ、アップロード量の制限はあるものの保存データ量の制限はないという利点もあるため、Evernoteはアーカイブのためのストレージとして利用するという使い分けをしています。

OneNoteとEvernoteの移行や使い分けに悩んでいる方に参考になれば幸いです。

iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アプリ・ガジェット 書く・アウトプット習慣
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました