iPad ProをiPhoneのモバイルバッテリ代わりに使う、持ち物を減らす習慣

はじめに

普段のカバンが重いとフットワークも重くなる。

持ち物を減らせないか、定期的に持ち物の見直しをかけています。

カバン重くないですか? 持ち歩くものを絞り込み身軽にする3つのステップ
はじめにいつも持ち歩くカバン、重くないでしょうか?不必要なモノ、持ち歩いていないですか。以前、薄いカバンを使っていて非常に身軽でした。Under-The-Jack Pack 2.0 (Black)...

その中でモバイルバッテリ、電源アダプタとケーブルは意外と重くかさばります。

持ち物を減らす習慣として、iPad Proをモバイルバッテリ代わりに使うアイデアを紹介します。

iPad Proをモバイルバッテリ化

ケーブルを用意

iPad Proは、USBタイプCに対応しています。

一方で、iPhoneはライトニング端子。

iPad ProからiPhoneに充電するには、まず、USBタイプCとライトニングに対応したケーブルを用意しましょう。

こちらのAmazonベーシックの製品はMFi認証済みでシルバー、グレー、ブラック、ホワイト、レッド、ローズゴールドと様々な色が選べるのが楽しいです。

iPhoneとiPadをつなぐという目的のため、0.9mで十分です。

このケーブルをカバンに入れておきます。

 

iPhoneを充電

次に、iPad ProとiPhoneで、USBタイプC/ライトニングケーブルをつなぎます。

ケーブルをつなぐと自動的にiPhoneの充電が始まります。

iPhoneをロックしている場合には、ロックを解除すれば充電が始まります。

iPad Proのバッテリー容量が大きいので1日使っていても余裕があります

iPad ProをモバイルバッテリーにすることでiPhone用のバッテリーを持ち歩く必要がなくなります。

若干無駄に感じるのはこちらのUSBタイプC /ライトニングケーブルと、iPad Proの充電のためのUSBタイプC/USBタイプCケーブルの2を持ち歩く必要があること。

iPhoneがUSBタイプC端子に対応すれば1本のケーブルで対応できるため便利になりますが、今後のiPhoneに期待です。

おわりに

持ち物を減らす習慣として、iPad Proをモバイルバッテリ代わりに使うアイデアを紹介しました。

ケーブルは消耗品。

今お使いのUSB端子のライトニングケーブルもついでに新しくしておくと良いでしょう。

古いものは、急速充電に対応していないこともあります。

 

micro usb、タイプC、ライトニングの3つに対応した3in1タイプのケーブルも一つあると便利です。

 

カバンを軽くすると、気持ちも軽くなります。

カバンの中の持ち歩くものを絞り込む手順についてはこちらの記事をご覧ください。

【持ち物習慣】カバン・リュック重くないですか?〜 Tumiデイパックで持ち歩くものを3つのステップで絞り込む〜
はじめにデイパックが最近、また重くなってきたため、整理します。Tumi ALPHA BRAVOを使っていますが、ポケットが多くあり、36L入るため、非常に便利です。デイパック自体の重さは、 1.2...
iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アプリ・ガジェット
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました