Apple Watchのメモをどう取るか、TodoistとEvernoteを比較

はじめに

Apple Watchを使うと、歩きながら、歩みを止めずにメモができ非常に便利です

後でメモをしようと思っていると忘れてしまう可能性があります。

Apple Watchであればその場ですぐにメモを取ることができます。

スマホでアプリを立ち上げてメモをフリックで入力するのに比べて、体感で3倍は早いです。

これまでTodoistを使っていましたが、Evernoteのメモと使い勝手を比較してみます。

TodoistとEvernoteの比較

Todoist

タスク管理アプリであるTodoistの場合、メモはタスクとして保存されます。

1つの音声メモが一つのタスクとしてTodoistのInboxに入ります。

そのため思いついたタスクを登録したいと言う場合には非常に便利です。

一方で、ブログの記事などアイデアをメモする場合にはタスクから別のノートに転記が必要ですが、インボックスを常にチェックすることが習慣化されていれば、音声メモの処理を忘れてしまうと言う事はなくなります。

使い勝手で残念なのは二つ。

1つはタスクを追加するために画面の長押しが必要なことです。

  • コンプリーケションをタップするとタスク表示画面が開く
  • タスクの表示画面を長押し
  • 「タスクを追加」ボタンが表示される。それをタップ
  • 音声入力画面に移り、メモを話して完了を押す
  • このような手順になり、操作がちょっと手間です。

もう一つは操作中に誤って別のタスクをタップして完了としてしまう誤操作が起きやすいことです。

Apple Watchは画面が小さいため、指で細かい操作がやりづらく、このような誤操作が起きやすいといえます。

Evernote

メモアプリであるEvernoteではメモは1つのノートとして扱われます。

Evernoteをコンプリケーションから起動すると、すぐにメモを追加するボタンが表示されます。

それをタップすると音声入力画面になり完了を押すとそのメモがノートのタイトルと本文になります。

その後タイトルが本文をタップすると再び音声入力画面になり、タイトルあるいは本文をメモすることができます。

完了を押すとそのメモがEvernoteに保存されます。

1つのメモが1つのノートになるため、たくさんのメモをするとノートがバラバラと増えますが、音声をメモする際の使い勝手が魅力です。

一度保存したメモに、さらに音声で追記する事はできませんが、機能的には充分と思います。

まとめ

Apple Watchのメモをどう取るか、TodoistとEvernoteで比較しましたが、Evernoteの方が使い勝手が良いと言う結果になりました。

Evernoteの方が手数が少なく、誤操作の心配もないため快適です。

Apple Watchのメモはオフィスや電車の中など周りに人がいる状況では使えないと言う制約はありますが、家にいる時や外で歩いている時など意外と使える状況は多くあります。

ぜひそのような機会を見つけてApple Watchのメモを活用してみてください。

iPhoneで集中・マインドフルネス習慣
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を最大限に発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 この状態をつくるには続ける仕組み、習慣化がポイントです。 本メルマガでは習慣化に役立つ実践プログラムと24時間365日、あなたに寄り添うiPhone習慣化アプリを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アプリ・ガジェット 書く・アウトプット習慣
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました