Apple WatchのモバイルSuicaを使うメリットとデメリット

はじめに

iPhoneの利用を最小化し、Apple Watchに作業を移すようにしています。

効率化と脱線防止。iPhoneからApple Watchに移行すべきアプリ5選
はじめにiPhoneを操作していると、ついつい別のアプリが気になって、Facebook、Twitter、YouTube、あるいはゲームに脱線してしまうということないでしょうか。一方、Apple Watchは画面も小...

電車、バスでの交通もApple Watchが便利。

Apple Watchなしの生活では、3ヶ月ほどiPhoneでモバイルSuicaを使っていましたが、やっぱり不便。

Apple Watchは本当に必要?Apple Watchなし生活で気づく7つの不便
はじめにApple Watchは時計単体としては不便な存在です。頻繁に充電が必要で、毎日、お風呂に入る前に手首から外して充電。お風呂を出てから再びつけ、夜も睡眠計測のため、つけたまま寝ます。...

ただApple Watchで不便な点もあります。

Apple WatchのモバイルSuicaを使う上でのメリットとデメリットを紹介します。

  • 手ぶらで改札が通れる
  • オートチャージで安心
  • 右手につけないと改札が通りづらい
  • Apple Watchのバッテリの不安

Apple WatchのモバイルSuicaを使う理由

手ぶらで改札が通れる

改札でスマホを取り出す手間がないというのは正義。

急いでいる時も、時間のロスなく改札を通れます。

乗り換えが多いとその度にスマホを取り出してタッチする必要がありますが、Apple Watchであればその煩わしがありません。

支払いや通過ということに意識を使わずに行動できるため、自由な感覚を味わえます。

オートチャージで安心

オートチャージはモバイルSuicaの機能で、Suica残額が設定金額以下になったときに、改札の入出場をすると、自動的に設定金額が入金(チャージ)されるもの。

残額不足で改札でブロックされる心配がなくなります。

都度、手動でチャージする手間もなく便利です。

右手につけないと改札が通りづらい

改札を通る際、タッチする場所は右側にあります。

そのため、Apple Watchを左手につけている場合、右に腕をクロスしてタッチする必要があり、無理な体制になります。

右手に腕時計をはめる習慣がない場合、邪魔に感じたり、違和感を感じることがあるかもしれません。

Apple Watchのバッテリの不安

Apple Watchの電池切れの際には、モバイルSuicaの機能が使えなくなるため、改札に入った後、電池が切れると困ったことになります。

Apple Watch用の充電アダプタを持ち歩くのは不便。

バッテリ残量が少ない場合はApple Watchではなく、iPhoneのSuicaで通る方が良いでしょう。

まとめ

Apple WatchのモバイルSuicaを使う上でのメリットとデメリットを紹介しました。

  • 手ぶらで改札が通れる
  • オートチャージで安心
  • 右手につけないと改札が通りづらい
  • Apple Watchのバッテリの不安

Apple WatchでのモバイルSuicaの使い方はこちらの動画がわかりやすいです。

デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アプリ・ガジェット
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました