効率化と脱線防止のため、iPhoneでやる操作をApple Watchに移行する5つのアイデア

はじめに

iPhoneを操作していると、ついつい別のアプリが気になって、Facebook、Twitter、YouTube、あるいはゲームに脱線してしまうということないでしょうか。

一方、Apple Watchは画面も小さく、機能も限られているため、ソーシャルメディアや動画、ゲームに脱線しようがありません。

つまり脱線せず、時間を有効に使うデバイスとして適しています。

iPhoneで脱線して時間を無駄遣いしてしまわないために、いつもやっているいろいろな操作を出来るだけApple Watchに移行させます。

iPhoneでやる操作を Apple Watchに移行する5つのアイデア

降水確率

iPhoneで天気をチェックしていないでしょうか。

iPhoneのウィジェットもいいのですが、やはりApple Watchが速くて便利です。

Apple Watchのコンプリケーションに標準の天気アプリの降水確率を置いています。

一目で0%、70%などわかって地味に便利です。

乗り換え案内

乗り換え案内の経路情報も移動中、ちょこちょこみるため、これをiPhoneでやってしまうと脱線の可能性が上がります。

駅すぱあとをコンプリケーションに置いていますが、調べた乗り換え情報がApple Watchから見えるのは非常に便利です。

素晴らしいのはiPhoneで経路を調べたら即座に自動でApple Watchにその情報が同期されること。

わざわざApple Watchに情報を送るという操作もなく、便利です。

タイマーやアラーム

タイマーやアラームは確実にiPhoneでなく、Apple Watchでやるべきです。

Apple Watchのタイマーに関してはこちらの記事をご覧ください。

タイマーをコンプリケーションに置いています。

【習慣化ガジェット】気づきやすい、速い、脱線しない!Apple Watchのタイマーによるタイムマネジメント
Apple Watchタイマーのメリット習慣化において、タイマーは重要なツールです。例えば15分など、時間を区切って作業や行動をする際に有効です、Apple Watchのタイマーのメリットとして以下の3つが...

なおアラームはそれほど使用頻度がないためコンプリケーションには置いていませんが、ドック(Dock)に置いています。

Apple Watchの設定で、ドック順序は「最近使った項目」か「よく使う項目」を選べますが、後者がおすすめです。

よく使う項目の設定にして、アプリの並び替えでアラームや地図などよく使うものを先頭に置いています。

たすくま

たすくまも朝から晩まで頻繁に使うアプリです。

これもiPhoneを中心にしているとタスクを終わって完了させた時など、気が抜けて別のアプリへ脱線しがちです。

たすくまはApple Watchで使うとさらに行動記録・実行を続ける強力ツールになります。

Taskuma(たすくま)+Apple Watch で爆速で行動記録・実行を続ける方法
はじめに行動を記録し続けること、決めたルーチンなどを実行し続けるのはなかなか簡単ではないですよね。どうしても忘れてしまったり、面倒でほっておいてしまうことがあります。たすくま(Taskuma)は使い勝手が良...

iPhoneに触らずに手元のApple Watchからタスクを開始したり、完了させることができます。

習慣行動

習慣化のための記録・振り返りアプリの定番として以下の記事でHabitifyを紹介しましたが、Apple Watchアプリもあります。

習慣化アプリの定番:Habitifyの3つの特長
はじめに習慣化したい行動の記録やふりかえりのためのアプリ、いわゆる習慣化トラッカーは多くあります。そのなかで定番ともいえる人気のアプリ、Habitifyを紹介します。習慣の進捗状況や達成率を見える化...

このコンプリケーションから今日やるべき習慣を確認したり、習慣化行動の完了を記録することができます。

コンプリケーションには数字で今日やるべき習慣の残り数が表示されるため、わざわざiPhoneを開くことなく確認できます。

まとめ

脱線しないために、いつもiPhoneでやっている操作で、Apple Watchに移行すると良いアプリとして、

  • 降水確率
  • 乗り換え案内 駅すぱあと
  • タイマーとアラーム
  • たすくま
  • 習慣アプリHabitify

を紹介しました。

Apple WatchでできることはApple Watchに集約するのがおすすめですので、是非試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました