学びをすぐにTwitterでアウトプットする習慣。What, Why, Howの構造で書いてみましょう。

はじめに

人から話を聞いて、いいこと聞いたな、とメモ。

ただ、メモして終わっていないでしょうか。

メモからさらにその先にTwitterに投稿しましょう。

What, Why, Howで学びを140字にまとめる

学びを140字にまとめることで、1.何に気づいたのか、2.なぜそれが自分に刺さったのか、3.自分の行動にどう反映していくかを整理できます。

・気づきは何か?(What)

・なぜそれが自分に刺さったのか?(Why)

・今後どう行動するか?(How)

例ですが、こんなツイートを投稿しました。

このツイートの構造は上記のWhat, Why, Howの構造で書いてます。

気づきは何か?(What)

出会いが多ければ人生のチャンスの総数が増える。

特に閉塞感を感じているとき、状態がよくないときこそ、変わるチャンス、成長チャンスを必要としています。

その一つの解決となる行動が人と会うこと。

なぜそれが自分に刺さったのか?(Why)

自分の半径3mだけの世界だと考え方も情報も同じ枠にとどまります。

それがセミナーや勉強会、そして異分野の方のインタビューなど、違うバックグラウンド、専門性、職業、趣味、世界観を持った人と話すと、ぱっと考え方、見方が広がることがありました。

自分だけでは打破できない固まった考え方を突破するための1つの方法が人に会うことというのは実感です。

今後どう行動するか?(How)

まず新しい出会いのたねに、様々なイベントには積極的にいくことが一つ。

そしてもう一つは自分に影響を与えてくれた、しばらく会ってない人にもコンタクトすること。

交流を深めていくことでもっと学べるということあると思います。

まとめ

Twitter に書くことで、学びを整理して行動に結びつけることができます。

また、さらにアウトプットすることで、その学びが記憶に残るという効果もあります。

Twitter で学びを即、アウトプットしていきましょう!

Twitterによるアウトプット、インプットの習慣おすすめです。

こちらの記事も御覧ください。

【アウトプット習慣】ブログを毎日続けたい方に。Twitterでインプット/アウトプットする3つの理由。
はじめにブログでなかなか書くことがなくて続かないという悩みのある方、多いのではないでしょうか。ブログを2019年6月から毎日継続して書いていますが、以前はなかなか書くことが思いつかなくてその日中にかけないこともよく...
iPhoneで集中・マインドフルネス習慣
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を最大限に発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 この状態をつくるには続ける仕組み、習慣化がポイントです。 本メルマガでは習慣化に役立つ実践プログラムと24時間365日、あなたに寄り添うiPhone習慣化アプリを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
書く・アウトプット習慣
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました