iPadでテキスト・手書きを使いたい方へ: OneNoteとEvernoteの比較レビュー

はじめに

Evernoteは2010年4月からずっと使っていて活用していますが、一つの不満な点が手書きに弱いところ。

最高のメモアプリ - Evernote で大切なノートを整理
Evernote ではアイデア、プロジェクト、ToDo などを記録したり、忘れないように優先順位を付けたりすることが可能です。無料トライアルを是非お試しください!

手書き機能もありますが、決して使い勝手はよくないです。

「手書きしたスケッチをノートに追加する」という使い方であり、通常のテキストのノートとスケッチは別個に扱われています。

手書きモードに切り替えてキャンバスを開き、スケッチを書いて、書き終わったら閉じて通常のテキストのモードに切り替えるという手順になります。

スケッチのモードでは、キーボードからテキストを入力することはできず、ペンやマーカの種類も限られています。

また、PDFへのマーキングなどの手書きもいちいちPDFへ注釈をつけるモードに切り替えるという形になっており、使い勝手がいまいちでした。また、有料のプレミアム機能限定です。

写真や画像の手書きも同様にに画像に矢印やスタンプ、図形を描くモードに切り替える形であり、操作の店舗がよくないです。

そのため、手書きはNoteshelfのノートのほうにしていましたが、テキスト中心のノートを作るには向いていません。

OneNote

そこで、テキストも手書きも両方の使い勝手のよい、OneNoteを使い始めました。

Windows, Mac, iPad, iPhone, Android, Webで使えます。

Apple Watchアプリもあります。

OneNote のダウンロード
OneNote 無料で入手しましょう! Windows 7 以降、または OS X Yosemi...

手書きを使いたいため、主にiPad版を利用しています。

‎Microsoft OneNote
‎Capture your thoughts, discoveries, and ideas and simplify overwhelming planning moments in your life with your very own digital notepad. With OneNote, you ...

自由度の高いOneNoteの手書き

OneNoteはペンやマーカの種類が豊富です。

また、矢印線や資格、丸、ひし形など様々な図形を書く機能も備えています。

OneNoteの大きな特長は自由度。

キャンバスのように縦横、どんどん書けますし、テキストや画像、手書きなどを自由に配置できます。

Evernoteもたくさんかけますが、縦に長いのみ。

OneNoteは無料でPDFへの編集機能が使えます。

また、写真や画像にも手書きで書き込みできます。

OneNoteとEvernoteの機能比較

手書き以外の機能について比較していきます。

管理の方法

OneNoteはノートブック、セクション、ページという考え方でノートを管理。

Evernoteはスタック、ノートブック、ノートで管理し、付加的にタグを付けることもできます。

OneNoteはノートブック、セクションに色がつけられたり、順番の並び替えができたりとノートブックやセクションが増えても、目的のページを探しやすくなっています。

Evernoteはノートブックへのリンクする機能はなく、ノートへのリンクまでですが、OneNoteはページのリンクだけでなく、セクションのリンクの機能もあります。

これは結構使えます。

情報の管理としてはかっちりしているOneNoteのほうが好みです。

Evernoteはノートブックが増えるとノートを探しにくくなり、ショートカットやタグを駆使して整理することになります。

とにかく情報を放り込み、蓄積しておき、必要なときに検索するという使い方にEvernoteは適していると思います。

容量の制限

OneNoteはデータをOneDriveに配置します。

無料の場合は5GBのため、多くのデータを置いていくと容量の制限にかかります。

OneDriveの容量は100GBにアップグレードでき、その場合のコストは¥224/月。

Office365 Soloに入れば、プレミアム機能として容量は1TB使えるようになり、PCおよびMac用の最新のオフィスアプリが利用可能となります。

Evernoteは保存データ量に制限はありませんが、転送量に制限があります。

無料プランの場合、月間のアップロード容量は60MBと厳しい制限があり、Evernoteを活用しているとすぐに使い切ってしまう。

そのため、有料プランにすることが必須になります。

Evernoteプレミアムであれば月間アップロード容量は10GB, ノートの上限サイズも200MBとなります。また、ノートのオフライン機能も使えるようになります。

ノートの種類を選べる

OneNoteは無地や方眼、ラインなどのノート(ページ)をえらぶことができます。

ノートの色も選ぶことができます。

Evernoteにはこのような機能はありません。

マルチデバイス

いずれもWindows PC, Mac, スマートフォン、タブレットでも動作します。

アプリもあればブラウザでも動作も同様。

OneNoteは無料でも利用デバイスの制限はありませんが、Evernoteは2台に限られるため、非常に使い勝手が悪く有料プランは必須です。

この点はOneNoteのほうが優れています。

テンプレート

OneNoteのWindowsにはテンプレート機能がありますが、OneNote for Macはテンプレートに対応していません。

これは残念なところ。

Evernoteはテンプレートに対応しています。

Webクリップ

これはEvernoteはWebページをテキストや画像として保存してくれます。

Webのハイパーリングの情報もきちんと保存されます。

一方、OneNoteはWebページ自体を1つの画像+タイトルのテキスト+そのページのURLとして保存します。

そのため、テキストをあとでコピペすることもできなければ、Webページ内のハイパーリングの情報も失われます。

EvernoteのほうがWebクリップの機能は優れていると思います。

まとめ

OneNoteとEvernoteについて、手書き機能に加えて、ノートの管理の方法、容量の制限、ノートの種類、マルチデバイス、テンプレート、Webクリップと様々な観点で比較しました。

まず手書き機能はEvernoteよりもOneNoteのほうが優れていると思います。

テキストと手書きの両方を扱いたいという目的であればOneNoteがおすすめです。

無料で使えますので、手書きノートに興味ある方はぜひOneNoteを試してみてください。

iPhoneで集中・マインドフルネス習慣
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を最大限に発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 この状態をつくるには続ける仕組み、習慣化がポイントです。 本メルマガでは習慣化に役立つ実践プログラムと24時間365日、あなたに寄り添うiPhone習慣化アプリを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
書く・アウトプット習慣
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました