iPadでテキスト・手書きを使いたい方へ。OneNoteとEvernoteの比較レビュー

はじめに

Evernoteは2010年4月から活用していますが、不満の一つは手書きに弱いところ。

そこで、テキストも手書きも両方の使い勝手のよい、OneNoteを使い始めました。

OneNote のダウンロード
OneNote を無料で入手しましょう! Windows、macOS、iOS、Android、お...

OneNoteはWindows, Mac, iPad, iPhone, Android, Webで使えますが、特にiPadアプリの手書き機能は優れています。

‎Microsoft OneNote
‎Capture your thoughts, discoveries, and ideas and simplify overwhelming planning moments in your life with your very own digital notepad. With OneNote, you ...

OneNoteとEvernoteの比較レビューを紹介します。

  • 手書きの機能性
  • ノートの管理方法
  • 容量の制限
  • ノートの種類
  • マルチデバイス
  • テンプレート
  • Webクリップ

OneNoteとEvernoteの機能比較

手書きの機能性

Evernoteには手書きのスケッチ機能もありますが、「手書きしたスケッチをノートに追加する」もの。

手書きモードに切り替えてスケッチを描き、終わったら通常のテキストモードに戻すという操作が煩雑です。

また、手書きモードでは、キーボードからテキストを入力できず、ペンやマーカの種類も限られています。

PDFへのマーキング等の手書きもPDFへ注釈をつけるモードに切り替える必要があり、使い勝手は今ひとつ。

また、有料のプレミアム機能限定です。

写真や画像への手書きも矢印やスタンプ、図形を描くモードに切り替える必要があります。

一方のOneNoteはペンやマーカの種類が豊富です。

矢印線や四角、丸、ひし形など様々な図形を書く機能も備えています。

OneNoteの大きな特長は自由度であり、広いキャンバスのようにテキストや画像、手書きなどを自由に配置できます。

OneNoteは無料でPDFへの編集機能が使えます。

さらに写真や画像にも手書きで自由に書き込みでき、テキストへのモード切り替えもスムーズです。

ノートの管理方法

OneNoteはノートブック、セクション、ページという考え方でノートを管理。

Evernoteはスタック、ノートブック、ノートで管理し、付加的にタグを付けることもできます。

OneNoteはノートブック、セクションに色がつけられたり、順番の並び替えができたりとノートブックやセクションが増えても、目的のページを探しやすくなっています。

Evernoteはノートブックへのリンクする機能はなく、ノートへのリンクまで。

OneNoteはページのリンクだけでなく、セクションのリンクの機能もあり、便利です。

ノートの管理方法はOneNoteのほうが好みです。

Evernoteはノートブックが増えるとノートを探しにくくなり、ショートカットやタグを駆使して整理することになります。

とにかく情報を放り込み、蓄積しておき、必要なときに検索するという使い方にEvernoteは適しています。

情報は多い方がよいというパラダイムから脱却。OneNoteのセクション、ノートを整理、削除する3つの理由。
はじめにOneNoteを活用していると、どんどんセクションやノートが増えていきます。不要なセクション、ノートは削除してしまいましょう。いつかのために情報をとっておくという考え方もあります。記...

容量の制限

OneNoteはデータをOneDriveに配置します。

OneDriveの無料プランの容量は5GBのため、ノートが増えると容量の制限にひっかかります。

¥224/月でOneDriveの容量を100GBにアップグレードできます。

Office365 Soloに入れば、プレミアム機能として容量は1TB使えるようになり、PCおよびMac用の最新のオフィスアプリが利用可能となります。

Evernoteは保存データ量に制限はありませんが、転送量に制限があります。

無料プランの場合、月間のアップロード容量は60MBに制限されるため、Evernoteを活用するならば有料プランが必須。

Evernoteプレミアムは月間アップロード容量10GB, ノートの上限サイズ200MBとなります。

ノートの種類

OneNoteは無地や方眼、ラインなどのノートの種類を選ぶことができます。

手書きで表や図を描いたりする際に、方眼ノートが便利です。

ノートの色も選ぶことができます。

プロジェクトによってノートの色を変えてもいいでしょう。

Evernoteにはこのような機能はありません。

マルチデバイス

OneNote, EvernoteのいずれもWindows PC, Mac, スマートフォン、タブレットでも動作します。

アプリもあればブラウザでも動作も同様。

ただし、デバイス数の制限が異なります。

OneNoteには一切、利用デバイス数の制限はありません。

一方、Evernoteは無料プランの場合、アプリをインストールするデバイスは2台に限られます。

OneNoteのほうが複数デバイスを使い分ける場合、便利でしょう。

テンプレート

OneNoteのWindowsにはテンプレート機能がありますが、OneNote for Macはテンプレートに対応していません。

これは残念なところ。

Evernoteはテンプレートに対応しています。

Webクリップ

EvernoteはWebページをテキストや画像として保存してくれます。

Webのハイパーリングの情報もきちんと保存されます。

一方、OneNoteはWebページ自体を1つの画像+タイトルのテキスト+ページのURLとして保存します。

そのため、テキストをあとでコピペすることもできなければ、Webページ内のハイパーリングの情報も失われます。

EvernoteのほうがWebクリップの機能は優れています。

まとめ

OneNoteとEvernoteについて、手書き機能に加えて、ノートの管理の方法、容量の制限、ノートの種類、マルチデバイス、テンプレート、Webクリップと様々な観点で比較しました。

テキストと手書きの両方を扱いたいという目的であればOneNoteがおすすめ。

無料で使えますので、手書きノートに興味ある方はぜひOneNoteを試してみてください。

こちらの記事もご覧ください。

Evernoteの新料金プランとOneNoteとの使い分け[2021年版]
はじめにEvernoteは、カレンダーやタスクなど新機能と一緒に、新しいプランを発表しました。これまでEvernoteとOneNoteを比較しつつ、使い分けを考えてきましたが、あらためて使い方を見直...
デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
書く・アウトプット習慣
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました