【ライフログ】ワークライフバランスがひと目で分かる。iPhone/Apple Watchで行動習慣を自動計測、Life Cycleレビュー。

はじめに

やりたいことはいっぱいあるが時間がないという方、多いと思います。

では、1日24時間、自分がどのように時間を使っているか把握しているでしょうか?

自分がいつどこで何をしたかをほぼ自動で記録してくれるライフログアプリ、Life Cycleをレビューします。

睡眠時間、仕事、通勤・通学、家にいる時間など、1日を円グラフで見える化してくれます。

‎Life Cycle - Track Your Time
‎Life Cycle automatically keeps track of your time and presents your life sorted into slices. It shows you your daily activities, places you go, and who you spe...

自動で記録、分類

このアプリがいいのはなんといっても「自動」のところです。

バッググラウウンドで動作し、どこにいったのかという場所や何をしていたのかという行動カテゴリを記録し、自動で分類してくれます。

アプリが分類できるように、自宅や職場、学校など自分がよく行く場所を、アプリを使いながら徐々に登録していきます。

新しい場所に行った際にはアプリの表示が「?」となり、どこに滞在していて何をしていたのかを入力していくため、使えば使うほど、アプリがその場所で何をしているかを覚えてくれ、自動化が進みます。

例えば、食事やカフェ、買い物などの活動を登録していきます。

ただし、WiFiや基地局情報で位置情報を取得しているため誤差やずれがあるため、駅で電車を待っているのか周辺のどこかのお店にいるのか判定できず、アプリが聞いてくることもあります。

これは、使い続ければ落ち着いていくのではないかと思います。

なお、アプリが新しい場所と認識するのは150m以上移動した場合とのこと。

徒歩、電車などの時間も自動的に「通勤時間」としてまとめてくれるところが賢いです。

またAppleヘルスとも連携しており、歩数をはじめとしたアクティビティや睡眠時間なども統合してくれます。

そのため、AppApple Watchを使うとワークアウトなどがより正確に記録できるでしょう。

 

ワークライフバランスが見える化

過ぎていく1日、1週間に対する自分の時間の使い方に関するインサイトを与えてくれます。

例えば、オフィスに何時間いたのかが分かるため、ワークライフバランスがひと目で分かります。

1日単位もわかりますが、より長期的にみることもできます。

アプリのサンプルでは、月単位での仕事時間の傾向がわかるとしています。

ちょっとワークに偏っているなということがわかり、ワークの時間ややり方を見直すきっかけにできるかもしれません。

プレミアム機能

1年間で1000円でプレミアム機能があり、30日間の無料トライアルがあります。

まず無料機能に含まれるのはこちら。

  • 週のレポート 週の活動を写真付きで分析
  • 日、週、月、年のビュー
  • Appleヘルスの統合。すべてのアクティビティ、マインドフルネス、睡眠データをインポート
  • 友人 Faceboo上の友人とつなげ、誰とどこで何を一緒にやっていたかを見える化
  • Sleep Cycleとの接続

プレミアムには以下の機能が追加されます。

  • オンラインバックアップ: Life Cycleのログをバックアップ。デバイスをなくした場合や機種変更した場合も新しい端末にログを転送できる
  • グラフ: ドーナツ型グラフだけでなく、より深い解析のためのグラフを提供
  • トレンドの比較: 例えば睡眠時間の減少、仕事時間の増加、歩数の増加などトレンドを週や月、年にわたって見ることができる

まとめ

統合的なライフログアプリ、Life Cycleを紹介しました。

Apple Watchの情報も含めて統合され、自動で自分の行動が分かる面白いアプリです。

 

自分の撮影した写真が表示されたり、自分が行った場所の一覧も分かり、楽しく振り返りができます。

このデータを使うことで、自分のワークライフバランスをどう改善していくか活用すると良いでしょう。

本アプリのデータはスマートフォンの中に保存され、プライバシが保護されるのも安心です。

なお、気になるバッテリ消費ですが、アプリの説明によるとスマートフォンのバッテリの1%しか使わないとのこと。

実際に1週間使いましたが、バッテリの消費が増えたと気になることはありませんでした。

iPhone 11 Proはバッテリ持ちが良いということもありますが、想定以上に消費電力は抑えられているようです。

以下のようにGPSをバックグラウンドでは利用していないとのこと。

Continued use of GPS running in the background can dramatically decrease battery life. Life Cycle does not use the GPS in the background, but instead relies on cell tower and Wi-Fi locations. As a result, it consumes less than 1% of your battery per day, when the app runs in the background.

代わりにWiFiと携帯電話基地局情報を利用しているため、常にWiFiをオンにしておく必要があります。

アプリは日本語化されていませんが、難しい単語は出てきません。

タイムマネジメントやライフログに興味ある方はぜひ試してみてください。

時間管理の習慣についての記事もご覧ください。

時間管理の習慣に役立つ時間管理アプリ
はじめにやりたいことをやる時間がない。仕事が終わらない。もっと自分の時間が欲しい。時間は誰もが毎日、24時間与えられるリソースですが、時間管理の第一の問題は、時間がない、ということでしょう。...
デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
時間管理・タスク管理習慣化の技術
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました