【休日習慣】だらだら休日にしない!たすくまで朝のルーティンからはじめて充実した1日にする方法

はじめに

休日を無駄にしてしまったという経験ないでしょうか?

朝から、スマホを見てYoutubeやSNSにいってしまうと、だらだらモードに一直線。

また、テレビを見たり、ゲームをしてしまうのも同じようにだらだらモードに直行してしまうでしょう。

では、どうするとよいか?

朝のルーティンからはじめて充実した1日にする方法を紹介します。

  • 朝からやることを決めておく
  • 朝ルーティンを順番に実行する

朝のルーティンからはじめて充実した1日にする方法

朝からやることを決めておく

朝からやること、予定やタスクをまず決めましょう。

朝からやることが明確に決まっていないため、別の望ましくない行動に流れてしまう余地が発生します。

スマホを見るのは簡単で、刺激もあるため誘惑は大きいです。

前日までに朝イチでやることを決める。

朝のルーティンを決める。

たすくま(Taskuma)は、様々な行動を記録、実行するためのタスク管理アプリですが、ルーティンを決めて管理するのに適しています。

たすくまを活用した朝のルーティンのプランニングについてはこちらをご覧ください。

「たすくま」がルーティンを扱うのに便利な3つの理由
はじめに朝、毎日やるルーティンを決めていますか。ストレッチや散歩などの運動やマインドフルネス瞑想を習慣にしている方もいれば、本を読んだり、日記を書いたりインプット・アウトプットをする方もいるでしょう。...

朝ルーティンを順番に実行する

たすくまに、朝のルーティンの行動を登録しておけば、いつ何をすれば良いのか行動が明確になります。

あとはその通りにやればいいだけです。

何をしようか考える隙や迷いが入り込む余地を減らすことができます。

行動の実行のハードルを下げ、促進する働きがあります。

「たすくま」による行動実行の3つのメリット(促進・コントロール・意識)
はじめに「たすくま」は行動の記録や時間管理に優れたツールです。さらに、自分の行動を後押ししたり、「今ここ」の行動に集中することをサポートしてくれます。たすくまによる行動実行の3つのメリットを紹介しま...

例えば、朝のストレッチ・ラジオ体操をルーティンに入れておけば体を目覚めさせることができます。

休日でも朝いつも通りに歯磨き、身支度をしてしゃきっと活動モードになる。

パジャマのままでは活動モードになりようがありません。

朝のルーティンを実行して、朝から自己コントロールしていきましょう。

まとめ

休日も朝のルーティンからはじめて充実した1日にする方法を紹介しました。

  • 朝からやることを決めておく
  • 朝ルーティンを順番に実行する

朝から行動をコントロールできると、だらだらすることなく積極的にやりたいことを実践できます。

スタートがよければ一日、いいペースでできますし、午前中を有効に使えるのは大きいです。

充実した1日、味わいましょう!

iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
集中・マインドフルネス習慣
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました