【休日習慣】だらだら休日にしない!たすくまで朝のルーティンからはじめて充実した1日にする方法

休日を無駄にしてしまったという経験ないでしょうか?

朝から、スマホを見てYoutubeやSNSにいってしまうと、だらだらモードに一直線。

また、テレビを見たり、ゲームをしてしまうのも同じようにだらだらモードに直行してしまうでしょう。

では、どうするとよいか?

朝から決めていることを実行する

朝からやると決めていることを着実に実行していくことがポイントです。

朝からやることが明確に決まっていないため、別の望ましくない行動に流れてしまう余地が発生します。

スマホは見るのは簡単ですし、刺激もあるため誘惑は大きいです。

前日までに朝イチでやることを決めてもいいですが、おすすめは、朝やることのルーティンを決めることです。

特にたすくまの利用をおすすめします。

たすくまは、様々な行動を記録、実行するためのタスク管理アプリですが、ルーティンを決めて管理するのに適しています。

たすくまを活用した朝のルーティンのプランニングについてはこちらをご覧ください。

朝ルーティンをもっていますか?たすくま(Taskuma)がルーティンを扱うのに便利な3つの理由。
朝のルーティン、決めてますか?あなたは朝、毎日やる習慣、儀式をもっていますか?ストレッチや瞑想など体、心を整える、読書や勉強などのインプット、執筆やブログなどのアウトプット。朝起きてから仕事や活動を始めるま...

朝のルーティンをたんたんと実行

たすくまに、朝のルーティンとして行動を登録しておけば、朝に何をするか、行動が明確になります。

あとはその通りにやればいいだけ。

何をしようか考える隙や迷いが入り込む余地を減らすことができます。

行動の実行のハードルを下げ、促進する働きがあります。

たすくま(Taskuma)による行動実行の3つのメリット(促進・コントロール・意識)
はじめにたすくまによる行動記録法、ライフログ活用を何回かに分けて紹介してきました。次のステップは行動です。たすくまによる行動実行については、大きく以下の3つのメリットがあると考えています。行動の実行のハード...

例えば、朝のストレッチ・ラジオ体操をルーティンに入れておけば体を目覚めさせることができます。

休日でも朝いつも通りに歯磨き、身支度をしてしゃきっと活動モードになる。

パジャマのままでは活動モードになりようがありません。

朝のルーティンを実行して、朝から自己コントロール感を保ちましょう。

まとめ

朝から行動をコントロールできると、だらだらすることなく、いろいろとやるべきこと、やりたいことができます。

スタートがよければ一日、いいペースでできますし、午前中を有効に使えるのは大きいです。

充実した1日、味わいましょう!

iPhoneで集中・マインドフルネス習慣
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を最大限に発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 この状態をつくるには続ける仕組み、習慣化がポイントです。 本メルマガでは習慣化に役立つ実践プログラムと24時間365日、あなたに寄り添うiPhone習慣化アプリを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
集中・マインドフルネス習慣
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました