【睡眠習慣】Apple Watchで睡眠を計測するAutoSleepレビュー

はじめに

睡眠は本当に仕事の効率を左右します。

7時間で起きるつもりが8時間寝たら本当にスッキリ。

今までの感覚では7時間の睡眠がちょうどよいと思っていたのですが、もしかして8時間がベストかもしれません。

これまで7時間以上の睡眠は時間がもったいないと思っていましたが、8時間寝たほうが集中力が大幅に上がりました。

しばらく、7時間と8時間の睡眠を試してみて、最適を探りたいと思います。

せっかくなので普段つかっているHuawei Watch GTとは別のアプリを使ってみます。

Apple Watchにも対応しているAutoSleepを使います。

こちら有料アプリで執筆日現在370円ですが、使い勝手もよく高機能なアプリです。

‎AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します
‎Apple Watchを使って自動であなたの睡眠を追跡します。ボタンを押すこともApple Watchにアプリを入れる必要もありません。 AutoSleepについて ----------------- 進化したヒューリスティックを使うことでAutoSleepはあなたがどのくらいの睡眠を取ったかを測定します。あなたは...

デザインが独特のため、好みに合う合わないはあるかもしれませんが、Apple Watchをお使いの方であればぜひ活用してほしいアプリです。

 

 

AutoSleep

AutoSleepはApple Watchをセンサーとして利用し、心拍数や腕の振りの加速度の情報を使って、睡眠時間や睡眠の質を計測してくれます。

そのため、Apple Watchをつけたまま寝る必要があります。

Apple Watchがない場合は睡眠時間のみが記録されます。

アプリの中でよく使う機能として、「今日」タブと「時計タブを紹介します。

「今日」タブで概要を見る

今日のビュー

睡眠時間の項目では睡眠時間と睡眠バンクが表示されます。

睡眠バンクは睡眠負債のようなもので、睡眠時間の目標に対して、どれだけ少ないかを計算しています。

デフォルトの睡眠時間目標は8時間に設定されていますが、個人で最適な睡眠時間は違うため自分自身の値に設定しましょう。

成人は7〜9時間の睡眠が必要と言われています。

睡眠の評価の項目では、トータルの睡眠時間、良質な睡眠時間、深い睡眠の時間、心拍数が表示されています。

また「今日の快適さ」も教えてくれます。

快適指数は、起床時の心拍変動と心拍数から精神面と肉体面の状況を分析してくれるとのこと。

「時計」タブで調整し詳細を見る

時計ビュー

AutoSleepの特長の一つは、睡眠時間を微調整できるところです。

アプリは睡眠開始時刻、起床時刻を自動で検出してくれますが、検出は誤っていることがあります。

上の画面のように、いくつかのヒントを出してくれるため、簡単に修正ができます。

また睡眠セクションでは睡眠の質や心拍数をグラフで見ることができます。

心拍数もしっかり落ちています。

また、1週間、4週間という単位で睡眠時間の平均も見ることができます。

まとめ

AutoSleepは非常に高機能で睡眠の質だけでなく、快適指数なども出してくれます。

また、睡眠時間を微調整できるところは非常に便利です。

気になるバッテリ消費ですが、睡眠時間にもよると思いますが、10%から20%程度のようです。

極端に減るというところまではいきません。

Apple Watchをお持ちの方にはおすすめのアプリです。

 

 

その他おすすめ睡眠アプリ

なお、以下の睡眠アプリもおすすめです。

Apple Watchのバッテリが気になる方はHuawei Watch GTをおすすめします。

バッテリが2週間近く持つため、充電の手間から解放されます。

スマートウォッチで睡眠をカイゼン 〜HUAWEI Watch GT〜
いつもよく眠れていますか?質の良い睡眠を充分取れているでしょうか?このところ夜更かしをしてしまったり、お酒を飲みすぎたり、寝る前にスマートフォンを長時間使ったりと睡眠習慣が乱れていました。何度かiPhoneやApple Watchの睡眠計測

また、アプリのデザインにこだわる方や様々な睡眠音楽を使いたい方はSOMNUSもおすすめです。

Apple Watchに対応しており、無料で使えます。

睡眠が分かる、改善をサポートする睡眠マネジメントアプリSOMNUSレビュー
はじめに睡眠を十分にとっていますか?私の場合、睡眠不足の日にはエネルギーが落ち、集中力も低下して、本当に生産性が落ちるため、睡眠不足は避けたい行動です。睡眠不足の日は早く寝て、できるだけ早く「睡眠負債」を解消したいですね。睡眠時間や睡眠の深

睡眠関連についてはこちらの本が参考になります。

スタンフォード式 最高の睡眠

良質な睡眠をとるための手法の決定版。
まずこちらを読みましょう。

睡眠こそ最強の解決策である

「眠りとは何か?」、「なぜ眠りが重要なのか?」、「なぜ夢を見るのか?」、「睡眠とどう向き合うべきか?」など
睡眠自体について深く学ぶことができる良本です。

マンガでぐっすり! スタンフォード式 最高の睡眠 Kindle版

最高の睡眠法について、ポイントだけわかればよい、読みやすいマンガのほうが
よいという方にはこちらもおすすめです。
ストーリー仕立てでさらっと読めます。

iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
運動・カラダ習慣
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました