やる気がでず、時間を浪費しがちなときに。余命カウントダウンタイマー【タイムマネジメント習慣】

なんだか時間を無駄にしてしまっている。

しかし、やる気がでない。

このような状態になったりしないでしょうか。

そんなときに見るとよいかもしれないタイマーを紹介します。

その名も余命カウントダウンタイマー。

国の平均寿命表から、あなたの余命(死亡推定年/日時)を予測し、死亡推定年/日時と残された時間/日数(余命)をリアルタイムに表示するものです。

厚労省の年簡易生命表というデータを用いて計算しており、あくまで同年齢の同性別の人達の方を平均的に扱った場合の統計的な数字とのこと。

余命カウントダウンタイマー。死亡推定年/日時と残された時間/日数(余命)をリアルタイムに表示します。

あなたはどの程度の余命が残っているのかを意識していますか?普段の生活の中であまり意識することがないことですよね。

そんな死に関する暗いことを考えてもしょうがないじゃないか、と思う方がいるかもしれません。

しかし、残された時間や死亡推定年/日時を日々意識することで、より時間を大切にして、より良く生きることができると思うのです。

そこで命の貴重さを実感するツールの一つとして、誕生日/性別を入力することにより、余命カウントダウンタイマーを表示するツールを作りました。

国の平均寿命表から計算して作成していますので、平均余命としてはかなり正確な値を示しているはずです。

余命カウントダウンタイマー。死亡推定年/日時と残された時間/日数(余命)をリアルタイムに表示します。

例えば、1980年1月1日生まれ、男性の場合、このような数字とグラフが表示されます。

生きてきた時間と残された時間の比率は49%と51%であり、折返しが近づいてきたということが分かります。

このタイマー、秒刻みでどんどん数字が減っていきます。

タイマーを見ていると、貴重な時間が過ぎていることをはっきりと認識することができ、時間をだらだらと浪費している場合ではないことに気付かされます。

縁起でもない、きつい表現の文字が並んでいますが、「生きている時間の貴重さ」を強調するために、作者の方はあえてこのような表現の仕方を選んでいるとのこと。

こちらはWebサービスですので、ホーム画面にURLを貼っておけばすぐにこのカウントダウンをみることができます。

このブログを書いている間にも、時間は過ぎています。

やりたいことはたくさんあります。

それをやる時間はあります。

時間、大事にしたいですね。

タイムマネジメントに興味ありましたら、こちらの記事もご覧ください。

タイムマネジメントまとめ
はじめに時間の使い方は習慣です。時間をどう使うかはパターン化されていて、いつも同じような行動をして、そこで時間が使われていきます。良い時間の使い方の習慣があれば、やりたいことができ、成果を上げ、有意義な時間...

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タイムマネジメント・タスク管理
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました