カバンを軽くし、フットワークを軽くする習慣:ひらくPCバッグ miniレビュー

はじめに

ちょっと最近、フットワークが重くなっている気がして、まず自分の環境を変える、整えることが必要だと感じています。

そこで、第一弾としてカバンを変えました。

Tumiのデイパック、Tumi ALPHA BRAVOを使っていますがこちらのデイパック自体の重さは1.22 Kg。

重すぎるということはないのですが、より軽量化したい。

持ち歩くものを減らしたり、変えることでも軽量化できるのですが、以下の記事のようにだいぶ絞り込んでいます。

【持ち物習慣】カバン・リュック重くないですか?〜 Tumiデイパックで持ち歩くものを3つのステップで絞り込む〜
はじめにデイパックが最近、また重くなってきたため、整理します。Tumi ALPHA BRAVOを使っていますが、ポケットが多くあり、36L入るため、非常に便利です。デイパック自体の重さは、 1.2...

ひらくPCバッグ miniでシンプル化

カバン自体の軽量化に踏み込むため、ひらくPCバッグ miniに移行することにしました。

こちらは重さ780g。カバンを変えるだけで、500g近く、ペットボトル1本ほどの軽量化がはかれます。

一番の特徴は、名前のとおり、蓋がたおれ、バッグの中を俯瞰して見ることができるところ。

モノが迷子になることがなく、すぐに取り出したり、しまうことができます。

いつでもどこでも「いつもの環境」を構築 の画像
画像:ひらくPCバッグmini (ミニ)公式サイトより引用

ファスナーを開くと、フタが倒れ、開いた状態をキープ。

デスクの一番上の引き出しを開いたまま作業する感覚。

公園のベンチでも、オフィスでも、お気に入りのツールにすぐにアクセスできます。

ひらくPCバッグmini (ミニ)「ペン立て」みたいなPCバッグ abrAsus(アブラサス)

この全てが見えるというのが、気持ちいです。

容量も限られているし、無駄なものが入り込む余地がありません。

ひらくPCバッグのアウトサイド の画像
画像:ひらくPCバッグmini (ミニ)「ペン立て」みたいなPCバッグ abrAsus(アブラサス)より引用

ひらくPCバッグminiのデメリット

デメリットは容量が限られていてあまり余裕がないこと。

モノを買ったり、受け取ったりしたとき、中に入りません。

ここは普段の軽さをとるのか、一時の不便さを許容するかの割り切りです。

手提げ袋など持つものが増える、手提げ袋などない場合には持ちづらいというということになりますが、これを受け入れることとします。

まとめ

TumiデイパックからひらくPCバッグminiに移行することで約500g軽量化。

実感でもかなりの違いです。

また、ひらくPCバッグminiはデイパックと比べるとコンパクトで体の側面にフィットするので、満員電車でも邪魔になりません。

自立しますので机の上におけるところも気に入ってます。

持ち歩くものを軽くしたい、使い勝手をシンプルにしたいという方に、おすすめのバッグです。

iPhoneで集中・マインドフルネス習慣
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を最大限に発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 この状態をつくるには続ける仕組み、習慣化がポイントです。 本メルマガでは習慣化に役立つ実践プログラムと24時間365日、あなたに寄り添うiPhone習慣化アプリを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アプリ・ガジェット
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました