マインドマップで積読解消。KindleとiThoughtsによる高速マインドマップ読書術

はじめに

本のタイトルや紹介文がピンときたら買う、迷ったら買う。

そう決めてから、積読本の増加が加速しました。

本を買うペースに読む習慣が追いついておらず、積読状態の本が増えています。

これまでマインドマップを使って読書メモをまとめていました。

本を読みながらポイントや気づきを、単語や短いフレーズでマインドマップに描く。

後で見返しやすい、ビジュアルな読書メモができます。

ただし、本を最初から順番に読んでいくと、どうしても時間がかかります。

「全てを読む必要はない」と割り切って、本の読みたい箇所を拾う読み方に変えるようにしました。

KindleとマインドマップアプリiThoughtsによる高速マインドマップ読書術を紹介します。

  1. 読みたい節の抽出
  2. 特に読みたい箇所にマーキング
  3. マークした節から読む

マインドマップを書く際、紙のノートもいいのですが、デジタルを使うメリットも大きく、アプリとしてはiThoughtsがおすすめです。

【マインドマップ】アイデアをもっと出したい、複雑な情報を整理したい方に。紙とアプリのメリット比較
はじめにノートにマインドマップで書いている方、まわりで少しずつみかけるようになってきました。マインドマップは通常のノートの書き方とはかなり違い、以下の方法でビジュアルに情報を整理します。センターにメインテー...

iThoughtsはiPhone, iPad, Macで使えます。

アイデア出し・情報整理に役立つマインドマップアプリ3選: iThoughts, XMind, SimpleMind
はじめにマインドマップをデジタルで書くことにはメリットについて以下の記事で考えてみました。今度は実際にどのアプリを使うとよいか比較しましたので、参考になれば幸いです。iPhone、iPadのマインド...

高速マインドマップ読書術

読みたい節の抽出

まずは目次の各章と節をさっと読み、読みたい節のみを抽出して、マインドマップにメモします。

上図は書籍『1兆ドルコーチ』の目次全てではなく、読みたい節を抽出したものです。

【コーチング書籍】1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの教え
はじめに「1兆ドルコーチ」というインパクトあるタイトルに惹かれ、この本を手に取りました。 ビル・キャンベルは1兆ドルにも値するコーチだった。いや、1兆ドルは彼が生み出した価値に遠く及ばない。彼はスティー...

 

ステップ1で、だいたいどんな内容であるか本の概観をつかめます。

その本を選んだ際には、何か気になるところ、知りたいことがあったはず。

その部分を抽出し、興味のない節、内容が想像できる節はバッサリと捨てましょう。

小説は別として、ビジネス書、専門書については「本を最初から最後まで全て読まなくてはならない」という思い込みを捨てます。

特に読みたい箇所にマーキング

ステップ2ではその節の中で特に読みたい箇所にマーキングします。

上図では赤い旗の記号でマーキングをしています。

読みたい箇所の優先度付けをしましょう。

限られた時間を最大限に活用するには絞り込みが必要です。

マークした節を拾い読みしてメモを残す

ステップ3では、マークした節を拾い読みしていきます。

Kindleの場合、目次の節のリンクからダイレクトにジャンプできるため、拾い読みがしやすい利点があります。

そしてマインドマップのブランチを伸ばして気づき、ポイントのメモを取ります。

その節に関して特に気づきがなかったら、そのノードは削除するか畳んでおきましょう。

マインドマップの情報も絞り込んだ方が見やすく、把握しやすくなります。

マインドマップアプリiThoughts ですが、スマホで使う場合は片手で入力できるため、メモを取るのも簡単です。

iPhone,iPadでマインドマップ。iThoughtsの3つの特長レビュー
はじめにアイデア出しをする、会議やセミナーでメモをとる、本や資料の大量の情報をまとめる。そんな時にマインドマップアプリは役立ちます。iThoughtsの3つの特長を紹介します。マップがきれい...

まとめ

KindleとiThoughtsですばやくインプットする高速マインドマップ読書術を紹介しました。

  1. 読みたい節の抽出
  2. 特に読みたいものにマーキング
  3. マークした節から読み、マインドマップにメモ

サクサクと本をインプットし、積読を解消したいという方、ぜひお試しください。

本はKindle版がある場合にはKindleで買うようにしています。

本棚のスペースを取らない、文章をコピーして引用やメモができる、スマホやタブレットさえあればどこでも読めるという利点があります。

欠点は本が物理的に見えないため、どんどん本を買ってしまって積読が増えること。

見やすい、軽い電子書籍端末Kindle Paper Whiteを使うと長時間の読書も快適です。

集中してサクサク読める、コンパクトで軽い電子書籍リーダーKindle Paperwhiteの3つの特長
はじめに通勤電車の行き帰り、スマホに没頭してませんか。通勤時間にもっと本が読みたい。でも本を持ち歩くとカバンが重くなる。読みたいと思った時に限って本を持っていない。そんな悩みがあるなら電子書...

さらに、Kindle Unlimitedは対象の書籍がKindle端末やKindleアプリで読み放題になります。

30日間無料体験もあるため、読みたい本があればお試し体験してみてください。

なお、マインドマップの参考書もチェックしてみてください。

マインドマップ超入門

『トニー・ブザン教育協会公認』のマインドマップ入門書です。
サンプルもいろいろあり、マインドマップがどんなものかまず学びたい場合はここからはじめましょう。

描くだけで毎日がハッピーになる ふだん使いのマインドマップ

「買い物リストに、休日のランチ決めに、旅行プランに、さらに、話し合いやコミュニケーションにも大活躍!日常のさまざまなシーンでマインドマップを活用しよう!」というテーマのもと、一般の方含めた様々な具体的マインドマップの例があります。マインドマップ活用のアイデアの刺激に。

マインドマップ 最強の教科書 脳の可能性を引き出す実践的思考術

教科書とうたっているとおり、歴史や人間の脳の働き方の関係からはじめ、マインドマップの書き方、学習などの活用法、デジタル時代のマインドマップやAIとの関係など体系的に学びたい方に。
マインドマップは、論理的な左脳と創造的な右脳の両方を使い、全脳思考を活性化するとうたっています。

デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
読書・学ぶ習慣
スポンサーリンク
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました