良かったことを寝る前に3つ書く3行日記習慣化アプリ「はぴトレ」レビュー

はじめに

日記を始めようと目標を立てたけど、日記に書くことがない。

日記に何を書いていいか分からない。

面倒になってやめてしまった。

そんな日記難民のあなたに向けて、今日の良かったことを3つだけ書く日記アプリ「はぴトレ」の使い方3つのステップを紹介します。

  1. 1日の良かったレベルを選択
  2. 公開レベルを3段階で指定
  3. 良かったこと3つを書く

ポジティブ心理学に基づくハッピーアクション習慣化アプリとして、iPhone/Androidアプリが提供されています。

‎はぴトレ
‎ポジティブな思考を手に入れる良いこと3つ日記アプリ 人生をハッピーに過ごす為に最も効果的と言われているのが、3つの良いこと記録法です。本アプリで、毎日3つの良いことを記録してポジティブな思考を身につけることで、ハッピーな人生を送る為の基礎体力をトレーニングする事ができます。 人間は、普通にしているとネガティブな情...
はぴトレ -ポジティブ心理学に基づくハッピーアクション習慣化 - Apps on Google Play
Three good things to get positive thoughts.

はぴトレの使い方

「はぴトレ」は、自分の幸せを感じる力をトレーニングするというコンセプトのアプリ。

使い方はシンプルです。

アプリのホーム画面のプラスボタンから登録画面を開き、1日のよかったレベル、今日あった良かったことを3つ、書くというものです。

1日の良かったレベル

まず、今日はどんな日だったか、1日の良かったレベルを7段階で指定します。

寝る前など一日の終わりに書くと良いでしょう。

1日の良かったレベルは、以下のようなカレンダーで、アイコンで一覧できます。

自分の調子や感情の変化を俯瞰して見ることができます。

公開レベルを3段階で指定

次に、公開設定を、非公開、公開(友達のみ)、公開(全体)の3段階で指定します。

他のユーザのタイムラインに、自分の投稿を見せるかどうかを制御できます。

タイムラインの画面ではAll(全体)と友達のみを選ぶことができ、そこで他のユーザのワーク(投稿)を見ることができます。

友達や他者がどのようなことに幸せを感じているかを見て、参考にすることができます。

良かったことを3つ書く際に、どんなことを書けばよいのか分からない、という方にとって良いヒントになるでしょう。

良かったこと3つ

次のステップとして、良かったこと3つを書きます。

どんなに小さいことでも良いので、一日を振り返って良かったことを書いてみましょう。

いかに小さなこと、何気ないことに目を向けられるかがポイント。

小さな幸せに気付くためのトレーニングです。

  1. カフェのコーヒーが美味しかった!
  2. 図書館で借りた小説が面白かった!
  3. ドラマを家族でハラハラしながら見た!
  4. ほっこりする年賀状をもらった
  5. 早起きできた
  6. 夕日がきれいだった
  7. いい買い物ができた

まとめ

良かったことを寝る前に3つ書く日記アプリはぴトレの使い方を紹介しました。

  1. 1日の良かったレベルを選択
  2. 公開レベルを3段階で指定
  3. 良かったこと3つを書く

良かったことを3つ書くことは、他の日記アプリでも可能です。

本アプリの特長は、1日のよかったレベルをカレンダーで一覧して幸せレベルの時間的な変化を俯瞰できるところ。

少し落ち込むような事柄があると、いつまでもそれを引きずってしまうことないでしょうか。

そんな時も、それまでの良かった日々を俯瞰して見ることで感情をリカバリすることができます。

また、タイムラインで友人やユーザ全体の良かったことの投稿が見えるところも本アプリの強み。

見ているだけでポジティブな感情を感じられ、幸せに目を向ける参考にもなります。

人はどうしてもよかったことよりも、ネガティブなことに目が向いてしまいます。

アプリで意識的によかったことを感じる力、習慣を身につけましょう。

ポジティブ心理学についてより学びたい方はこちらの書籍もチェックしてみてください。

 

 

 

エニアグラム【実践編】 人生を変える9つのタイプ活用法

性格タイプは、自分自身や周りの世界を理解し、自己表現し、自らを守り、過去に対応し、これからを予期し、学び、喜び、恋をするうえで用いる主なフィルター。本書には自分の性格タイプを知り、活用するヒントがたくさんあります。
・衝動パターン
・課題解決等のエクササイズ
・幸せの方向性
自分を動かすエネルギーや囚われを自己認識し、人生の様々な場面で効果的に活用しましょう。

insight(インサイト)――いまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己認識の力

内的、外的な自己認識の迷信と真実は興味深く、内省をめぐる4つの間違った考えでは、「なぜを考える」、「日記をつける」などは間違った考えとしています(効果的な考え方や日記の付け方が紹介されています)。
さらにチームなどの組織の自己認識、自己認識を活用した成長など自己認識を体系的に網羅した骨太の本です。
自己認識を極めたい方に。

望む人生を手に入れる 「自分」との向き合い方。

「自分と真剣に向き合い、対話することで自分が実現したいことを強く思い描き、その未来に近づく選択をする心を手にすること」。
かなり熱い本です。ちょっと元気が欲しいときにもおすすめです。

サーチ・インサイド・ユアセルフ ― 仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法

本書はマインドフルネスの様々なワークが紹介されていますが、その一つがジャーナリング。これは思考と情動を対象とするマインドフルネスのエクササイズであり、自分に向けて書くワーク。自分の考えをフィルターをかけずに、紙の上にダンプするようなものです。ジャーナリングをやることで、自分の感情、情動は自分が感じるものに過ぎず、自分そのものではないという客観視ができます。

デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
書く・アウトプット習慣
スポンサーリンク
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました