健康診断のように幸福度を定期検診。あなたの幸せの見える化サービス、Well-Being Circleのお試しレビュー

はじめに

株式会社はぴテックが12/27に提供開始を発表した幸せの見える化サービス、幸福度診断Well-Being Circleを紹介します。

こちらは、一般社団法人Well-Being Design、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科ヒューマンラボ(前野隆司研究室)との共同開発のサービスとのことです。

企業導入は有償ですが、個人の診断は無償ですので、ぜひお試しください。

幸せの見える化サービス、幸福度診断Well-Being Circleを正式リリース
株式会社はぴテックのプレスリリース(2019年12月27日 13時00分)幸せの見える化サービス、幸福度診断Well-Being Circleを正式リリース

幸せな人(Well-Beingの高い人)は、創造性・生産性が高く、自己肯定感も高く、やる気に溢れ、仲間に恵まれ、健康・長寿であることが知られています。また、幸福度は、健康と同じように、人生の歩みの中で刻々と変化していくことも知られています。人生100年時代。健康に気をつけるように幸せに気をつけて「幸せ寿命」を延ばす時代がやってきたのです。

(略)

健康管理と同じように、幸福管理を行って、健康で幸せな生活を送りませんか?

幸せの見える化サービス、幸福度診断Well-Being Circleを正式リリース

幸福管理として、健康診断のように幸福度を定期検診する事により、その変化を見て行動を変えるという新たな提案をされています。

幸福度診断Well-Being Circle

72問のアンケート

この幸福度診断は72問のアンケートに答えることによって34項目にわたってあなたのウェルビーイングを調べることができます。

34の項目は、いずれも幸福度と相関することが研究によって検証された項目とのこと。

アンケートの入力内容は、個人を特定できない形で集計されます。

アンケート項目は、最近の感情や状態、自分の強み、挑戦や成長への意欲などの自己認識、家庭や職場での人間関係など。

職場や自社のサービスなどの設問もあるので、学生や主婦というよりも仕事を持っている方向けの設計のようです。

最後に性別や生年月が聞かれます。

学歴、職歴、業種、地域、年収などが聞かれますが、これらは個人を特定できない形に加工し、研究用途にのみ利用されるとのことです。

幸せを構成する34項目

結果としては、以下のような大項目で自分のデータと、一般平均との比較が表示されます。

例えばやってみよう力については、ビジョンを描く力、強み力、没入力、満喫力、成長意欲、創造力、自己肯定力という幸せを構成する項目がぶらさがっています。

「なんとかなる力」は名称も面白いですが、挑戦力や楽観力から構成されるものです。

分析結果として、今のあなたの幸せを支える5つの特性の項目を示してくれます。

これは自分の点数が高い項目を上から5つ教えてくれるようで、自分の場合は「創造力」、「満喫力」、「強み力」、「信頼関係構築力」が挙がりました。

また、アドバイスとして、あなたがもっと幸せになる余地のある5つの特性として、点数の低い項目のトップ5を示してくれます。

私の場合は「マイペース力」や「主観的健康感」などがありました。

それぞれの「力」の解説とそれをどう向上させるかのアクションのヒントも教えてくれます。

マイペース力とは、自分を知る力、それを発揮し、自分らしくある力。

幸せな人は人と自分を比較しないとのことです。

マイペース力を向上するためのヒントとして、

  • ついつい自分と他者がすることを比較してしまう点を3つ思い浮かべ、
  • 自分らしく、比べない、人の目は気にしないと言い換えて書き出す
  • それらについて話し合ってみる

というアクションを紹介してくれました。

人と比べない、人の目を気にしないということの実践は簡単ではないですが、そのためのワークショップや研修なども提供しているとのことです。

ワークショップや研修後に幸福度診断をすることで、改善の効果測定もできます。

まとめ

72問のアンケートに答える幸福度診断Well-Being Circleについて紹介しました。

ストレス診断と自分の強み等に関する自己認識のワークを合わせたような診断ですが、自分の幸福度を多面的に1つのサークルで見ることができる興味深いサービスです。

72問に答えるのは少々時間がかかりますが、楽しんでやりましょう。

健康診断のように年に1回、幸せ度を定点観測して、幸福状態の変化を見たり、幸福度を上げる目標を立てるのもよいでしょう。

幸福度の診断結果を見る際、どうしても点数の低い方をどう解決するかという視点に向きがちです。

点数が高いものをさらに伸ばす観点もあれば、点数が低いからダメということでもありません。

自分の価値観に合わせて目標を立てましょう。

新年の目標、去年と同じものを引きずっていませんか? 目標設定に関する10のチェックポイント
はじめに新年の目標を立てていますか?今年の目標に、作年できなかった目標がそのまま入っていないでしょうか。今年こそはダイエットを達成する今年こそは英語を頑張る今年こそはマラソンを走る今年こそは...
エニアグラム【実践編】 人生を変える9つのタイプ活用法

性格タイプは、自分自身や周りの世界を理解し、自己表現し、自らを守り、過去に対応し、これからを予期し、学び、喜び、恋をするうえで用いる主なフィルター。本書には自分の性格タイプを知り、活用するヒントがたくさんあります。
・衝動パターン
・課題解決等のエクササイズ
・幸せの方向性
自分を動かすエネルギーや囚われを自己認識し、人生の様々な場面で効果的に活用しましょう。

insight(インサイト)――いまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己認識の力

内的、外的な自己認識の迷信と真実は興味深く、内省をめぐる4つの間違った考えでは、「なぜを考える」、「日記をつける」などは間違った考えとしています(効果的な考え方や日記の付け方が紹介されています)。
さらにチームなどの組織の自己認識、自己認識を活用した成長など自己認識を体系的に網羅した骨太の本です。
自己認識を極めたい方に。

望む人生を手に入れる 「自分」との向き合い方。

「自分と真剣に向き合い、対話することで自分が実現したいことを強く思い描き、その未来に近づく選択をする心を手にすること」。
かなり熱い本です。ちょっと元気が欲しいときにもおすすめです。

サーチ・インサイド・ユアセルフ ― 仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法

本書はマインドフルネスの様々なワークが紹介されていますが、その一つがジャーナリング。これは思考と情動を対象とするマインドフルネスのエクササイズであり、自分に向けて書くワーク。自分の考えをフィルターをかけずに、紙の上にダンプするようなものです。ジャーナリングをやることで、自分の感情、情動は自分が感じるものに過ぎず、自分そのものではないという客観視ができます。

デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
セルフコーチング・思考習慣
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました