【バレットジャーナル】日記は手書きというあなたに。iPad miniと NoteShelfでバレットジャーナル習慣を始める

はじめに

ロイヒトトゥルムA6でバレットジャーナルを書いていますが、iPad miniの手書きをもっと活用したくなり、トライアルとしてiPad miniで書いていきます。

バレットジャーナル用手帳、ロイヒトトゥルムのA5/A6サイズ選び。
A5かA6か、悩ましいサイズ選び手帳はアナログ派ですか、デジタル派ですか?アナログの紙の手帳をお使いの場合、サイズはどれくらいでしょうか?用途によってアナログ、デジタルの使い分け、紙のノートの最適なサイズは異なり、それぞれメリット、デメリッ

iPad miniでのパレットジャーナルを始めるにあたり、iPad miniがデジタルでのバレットジャーナルに適している理由、そして、どのアプリを使うのか選び方について紹介します。

iPad miniがバレットジャーナルに適している理由

iPad miniのサイズ感は手帳感覚でメモやアイデアをノートに書くのに最適です。

これがiPad Pro 11インチの場合、若干、大きすぎます。

これまでA6あるいはA5の手帳を使っていたため、このiPadのサイズがちょうどいいです。

小さいのでどこにでも持ち運べて、すぐに取り出せて、軽いので疲れない。

iPad miniの使い勝手については詳しくは以下の記事を御覧ください。

iPad mini 第5世代 半年使用レビュー 〜メモ取り、マルチデバイス、手書きに大活躍〜 【習慣化ガジェット】
はじめにiPad mini 第5世代、6月に購入しましたが、今年買ってよかったもののトップ3に入る商品です。ほぼ毎日持ち歩き、使っていますが、改めていいプロダクトだと思っています。2ヶ月使用レビュー...

ノートアプリの選択

iPad miniでバレットジャーナルをやるとして、どのノートアプリを使うのかは悩みどころです。

日記アプリとして使っているDayOne, Evernote、そして手書きノートアプリとしてNoteShelfから選択します。

DayOne

【習慣化アプリラボ】振り返りを習慣化しやすい日記アプリDayOneのレビュー
日記は習慣化したい行動として人気ですが、なぜでしょうか?記録を残したり、振り返りをしないと1日が流れ過ぎてしまいます。書くことで1日がはっきりと感じられるというのが1つの理由ではないかと思います。出来事を書く、1日...

既存の日記アプリの中で、DayOneはプレミアム会員になると手書きノート機能が使えるようになります。

DayOneの日記とバレットジャーナルを一緒に扱うことができるため便利で、一通りのペンや蛍光ペン、マーカーなどあります。

ただ、方眼や罫線などノートの用紙を選ぶことはできません。

DayOneの手書き機能はちょっとしたイラストやメモを書くためのものであり、バレットジャーナルにはちょっと向かないでしょう。

Evernote

ライフログとしての日記〜Evernoteで14年日記〜
はじめに日記を書いていますか?日記を書くと1日をきちんと総括してまとめた感や、1日を大事にしている感覚があります。生活のリズムが良くないパターンになると、日記も書けなくなりがちです。出来事を書く、1日の感謝を書く、学びを書く、今の問題、課題

Evernoteにも手書き機能がありますが、DayOneと同様、複数ページが書けない、用紙が選べないなどの制約があります。

やはりバレットジャーナルには向きません。

NoteShelf

複数ページにかける、用紙が選べるなどの機能やデザインからNoteShelfを使うことにします。

また、様々なクリップアートを入れられたり、ノートのカバーを変えられたりとデジタルならではの楽しさが詰まっています。

なお、他のGoodNotes 5, Notabilityなどのノートアプリもバレットジャーナルをやるには十分だと思います。

まとめ

デジタル手書きのパレットジャーナルを始めるにあたり、どのiPadを選ぶかについては、手帳的なサイズ、軽さから、iPad miniであることを述べました。

iPadの9.7インチ以上のものでももちろんバレットジャーナルはできますが、その目的に対して大きく、重いのではないかと思います。

また、アプリについてはやはり手書きノートアプリが候補となり、お気入りのNoteShelfを選びました。

バレットジャーナルのやり方については、良い書籍があります。

バレットジャーナル 人生を変えるノート術「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル、いずれもわかりやすくおすすめです。

編集後記

日記やバレットジャーナルのツールを変えると、新しい手帳や日記帳を買ったのと同じようなこれまでをリセットして新たに始める感覚が得られます。

NoteShelfの新しいノートで2019年末、そして2020年のバレットジャーナルを始めたいと思います。

バレットジャーナル関連の記事の一覧はこちらですので御覧ください。

バレットジャーナルラボ
デジタル・バレットジャーナルとは?バレットジャーナルは過去、現在、未来に関する柔軟な情報整理システムです。track the past: 過去のやったことの記録を振り返ることができるorganize the pre...
マインドマップ超入門

『トニー・ブザン教育協会公認』のマインドマップ入門書です。
サンプルもいろいろあり、マインドマップがどんなものかまず学びたい場合はここからはじめましょう。

描くだけで毎日がハッピーになる ふだん使いのマインドマップ

「買い物リストに、休日のランチ決めに、旅行プランに、さらに、話し合いやコミュニケーションにも大活躍!日常のさまざまなシーンでマインドマップを活用しよう!」というテーマのもと、一般の方含めた様々な具体的マインドマップの例があります。マインドマップ活用のアイデアの刺激に。

マインドマップ 最強の教科書 脳の可能性を引き出す実践的思考術

教科書とうたっているとおり、歴史や人間の脳の働き方の関係からはじめ、マインドマップの書き方、学習などの活用法、デジタル時代のマインドマップやAIとの関係など体系的に学びたい方に。
マインドマップは、論理的な左脳と創造的な右脳の両方を使い、全脳思考を活性化するとうたっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
習慣化の技術
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました