習慣的行動の1%の改善を積み重ね、着実に成果を出す方法 〜Atomic Habits: 複利で伸びる一つの習慣〜

はじめに

習慣化において、一気に成果を出そうと、大きな行動に挑戦して続かないということないでしょうか?

すぐに結果を出したくなる気持ちはよく分かります。

ちょっとだけやっても効果はなかなか見えるようにならないですし、成果が出るまで時間がかかります。

ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣""“>ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣 (Atomic Habits)では、以下のように説いています。

ブレイルスフォードが起用されたのは、英国自転車連盟を一新させるためだった。

これまでの監督との違いは、彼が提唱する「小さな改善の集まり」という戦略に執拗なまでに打ち込んだことだ。

これは、どんなことにも少しでも改善の余地を見出そう、という考え方である。

ブレイルスフォードはこう語る。「要するにこういうことです。自転車に乗ることに関係するものをできるだけ細かく分けて、それぞれ1%ずつ改善したら、全部合わせたときにすばらしい改善になるんです」

ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣

この考え方は非常に参考になります。

本書でも毎日1%よくなったら1年後には37倍よくなると示していますが、少しの改善が積み重なれば非常に大きくなります。

1%の改善の習慣の例

朝の習慣、夜の習慣を小さく改善する例を示します。

これくらいの小さな変化であれば続けやすいのではないでしょうか。

朝の習慣の改善例

  • 朝食でサラダやフルーツなどヘルシーな食材をちょっと増やす
  • 歯を磨く際に、歯間ブラシも使う
  • 朝のスクワットの回数を少しだけ増やす
  • エスカレータではなく階段を選ぶ
  • 歩くときの姿勢を良くする

夜の習慣の改善例

  • 帰宅した際、靴をそろえる
  • ジャケットやパンツをハンガーにかけ、ブラシをかける
  • 夕食にサラダや魚などヘルシーな食材を増やし、ヘルシーでないものを減らす
  • 入浴剤などでお風呂のリラックス効果、疲労回復効果を高める
  • 枕を自分にあったものに変える

おわりに

習慣的行動の小さな改善を通じて着実に成果を出す方法について、朝の習慣、夜の習慣の改善例を挙げながら紹介しました。

非常に地味で本当に効果があるのか、不安に感じるときがありますが、習慣の複利の効果を思い出してとにかく続けましょう。

この1%の改善の弱点は、小さな改善のためついつい忘れてしまうことです。

そのため、一気にいろいろと追加せず、一つか2つずつから始めると良いと思います。

また、カレンダーにはこれほど細かい改善の行動はなかなか記入しづらいですが、たすくま(Taskuma)であれば細かな行動がタスクとして管理されているため、そのタスク名やメモ欄に改善の内容を書くことができて便利です。

いろいろと工夫したり、改善や変化が好きな方には適する方法と思いますので、ぜひお試しください。

iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
習慣化の技術
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました