普段用と睡眠用、2つのスマートウォッチの切り替え運用でバッテリ問題が解決(Apple Watch+ Huawei Watch GT)

はじめに

Huawei Watch GTはバッテリの持ちが非常によい、手が届きやすいお値段、睡眠トラッキングが使いやすい、運動中に心拍数をしっかりモニターしてくれると非常にコスパのよいウォッチです。

アプリの入れ替えはできませんが、着信やメールの通知、ジョギングやウォーキングなどの計測、タイマーやアラームなど、スマートウォッチとしての主要な機能は備えています。

【Huawei Watch GT】毎日の充電に疲れたあなたに。睡眠、運動機能に優れた高コスパスマートウォッチをApple Watchと比較レビュー
はじめにApple Watch Series 4からHUAWEI WATCH GT に乗り換えて、1ヶ月ちょっと使いましたので、よいところと、残念なところをレビューします。以下の記事のとおり、Apple Watchの充電に...

ただ、やはりiPhoneとの連携はApple Watchのほうが数段上です。

通知のきめ細かさ、音楽アプリの再生制御、Apple Watch用アプリ、手元で使える電子マネーの機能が恋しくなりました。

Apple Watchは本当に必要?Apple Watchのない生活を試す(Apple Watch Series4レビュー)
頻繁に充電が必要となるApple WatchApple Watchは頻繁に充電が必要です。毎日、お風呂に入る前に手首から外して充電。お風呂を出てから再びつける。寝るときも睡眠の計測のため、つけています。睡眠トラッキングは結構バッテリを消費す

2台持ちによる解決

そこで単純な方法ですが、昼間はApple Watchを使い、寝るときはHuawei Watch GTをつけて寝るという運用に切り替えました。

夜、風呂に入るタイミングでApple Watchをはずして充電器に起きます。

風呂から上がったら、Huawei Watch GTをつけて寝る。

そして朝起きたら、睡眠のスコアをチェック。

その後、Huawei Watch GTをはずし、Apple Watchをつけます。

Apple Watchを睡眠計測用に使うと、寝ている間にバッテリ消費がかなり多く、日中の活動でもたなくなりがちです。

睡眠計測は別のスマートウォッチに任せることでその問題はなくなります。

まとめ

iPhoneとの連携に優れた高機能なApple Watch と睡眠トラッキングに優れたWatch GTのいいとこどりの運用。

若干、朝、はずしたりつけたりの手間はありますが、これは便利です。

問題は、2つのスマートウォッチ、それぞれの充電器が必要となる点。

モノが増えてシンプルでない点が残念ですが、いまのところこれが自分にとってはベストの運用です。

ただ今後、旅行に行く際はApple WatchとHuawei Watch GTの2台持ちでいくのかは考えどころ。

Huawei Watch GT単体であれば充電器いらずで数日の旅行も問題ないのですが、Apple Watchの場合、充電器が必須です。

両方試してみてしっくりくる方を選びます。

iPhoneで集中・マインドフルネス習慣
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を最大限に発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 この状態をつくるには続ける仕組み、習慣化がポイントです。 本メルマガでは習慣化に役立つ実践プログラムと24時間365日、あなたに寄り添うiPhone習慣化アプリを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アプリ・ガジェット
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました