イベントやアクシデントで習慣が崩れたときにスムーズにリカバリする3つの方法【HabiTech】1.93

突然体調を崩したり、会合や旅行があったり、大きなイベントやアクシデントがあったときは、習慣は乱れがちです。

習慣アプリのTodoリストやカレンダーのリマインダーにはできていない習慣行動が山積み。

全く習慣ができなかった、という残念感と再開して今までのように継続できるかの不安感に苛まれます。

そんな時にリカバリするのに役立つ3つの方法を紹介します。

ふりかえりを行う

一つ目は、日記での振り返りです。

昨日、一昨日、2日前という順番で、簡単で良いので振り返りをします。

例えば以下の3つで振り返ります。

  1. 出来事・やったこと
  2. 学び・課題
  3. 良かったこと・感謝など

この振り返ることの効果は、その日々は自分としてはその時でのできる限りをやったという自己認識を持つことで、残念感をぬぐい去ってくれること。

まず感情をリセットできます。

ルーティンを一つ実行する

二つ目はルーティンです。

今までの朝のルーティン、夜のルーティンどれでもよいのでまず一つ、スモールステップで良いので実行しましょう。

中でも難易度が低いものが良いでしょう。

例えば以下の記事のように、すでに習慣化されているものにくっついていてルーティン化されてるものは難易度は低いです。

【HabiTech】時間のないあなたに。今の習慣に新しい習慣化行動をアドオンする、無理なく続ける方法 1.73
はじめに今日から運動をはじめよう、語学学習をはじめよう、続けようと思っても、なかなか始められない、続かないということないでしょうか。理由はいくつかあります。それをやることをついつい忘れてしまう。やら...

このような難易度が低いものを着実に達成して実績を積み上げることで、今までのように継続できるかの不安感を取り去り、払拭できます。

5秒ルールを使う

3つ目は5秒ルール。

先延ばしをストップ、今やるルール。〜THE 5 SECOND RULE〜 0.80
先延ばし先送り、先伸ばしていること、どれくらいありますか?先延ばししているものは、何度も何度も頭に出ては、エネルギーや自己肯定感を少しずつ奪っていきます。今日はずっと先延ばしにしていた、メールの返信、申請手...

色々悩む前に、まずやってしまいましょう。

悩んでいる時間は何も生みません。

やろうかなと思ったのならその時に5秒カウントダウンして、やらない理由を脳が探す前に実行です。

まとめ

イベントやアクシデントで習慣が崩れたときにリカバリする3つの方法として、ふりかえり、ルーティン、5秒ルールの3つを紹介しました。

これらは全く習慣ができなかった、という残念感と今までのように継続できるかの不安感に対して有効です。

少し習慣の間が空いてしまったという時に、ぜひ3つのうちのいずれかを試してください。

3つは併用もできます。

編集後記

風邪の人を多く見かけたり、インフルエンザが流行っていますが、体調には気をつけていい状態を維持したいですね。

体調もふりかえりの際に一緒にセルフチェックすると予兆に気づくことができます。

▼記事が役にたったら応援クリックよろしくお願いします

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
習慣化の技術
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました