理想の1日のスケジュールをGoogleカレンダーに書く3つの理由

はじめに

あなたの理想の一日は、どんなことができた日でしょうか。

1分、時間とって想像してください。

自分のやりたい活動や趣味が十分にできた。

家族との交流、団欒の時間が取れた。

朝、早起きして勉強ができた。

早くに出社してサクサクと仕事が進んだ。

スポーツで汗を流して爽快感を感じた。

この理想の1日を実現するためには計画して実行すること。

漠然と思っていても実現しません。

Googleカレンダーに予定として入れ、理想の1日をデザインしましょう。

理想の1日のスケジュールをGoogleカレンダーに書く3つの理由を紹介します。

  1. 試行錯誤しながら1日をスケジューリングできる
  2. 色分けしてビジュアルで1日を確認できる
  3. 予定の変更がしやすくリカバリできる

理想の1日をGoogleカレンダーに書く3つの理由

スケジュールの修正がしやすい

理想のスケジュールは、一回書いてすぐにできるというものでもありません。

いろいろやりたいことを予定として入れていくと、睡眠時間が大きく減ってしまったり、自由時間のような余白がなくなることもあります。

紙のノートや手帳の場合、消したり、書き直したりとぐちゃぐちゃになりがちです。

デジタルカレンダーであれば時間をずらしたり、順番を入れ替えたり、文言を変えたり、簡単に修正できます。

また、毎週、時間を決めてやりたいことなど、予定を繰り返しで設定できるのも便利です。

試行錯誤しながら、理想の1日をデザインしましょう。

色分けしてビジュアルで1日を確認できる

カレンダーの予定を、仕事やプライベート、友人や家族との交流、趣味の活動などカテゴリごとに色分けできます。

また、重要な予定を赤にして目立たせることもできます。

視覚的に1日のスケジュールの仕事やプライベートなどの時間の配分が分かるため、バランスを改善することもできます。

例えば、仕事の時間を少し減らして、趣味の時間を増やしてみる。

交流の時間が少ないようであれば、1週間の中で交流する予定を増やしてみる。

色分けされていれば、一目でバランスがわかります。

理想の1日を実践できる

Googleカレンダーに理想の1日のやることを組み込んだら、あとはその通りに行動すればOKです。

カレンダーを見て予定の時間が来たら、それを実行します。

Googleカレンダーから、10分前や5分前など指定した時間に通知が来るため、忘れずに実行することができます。

もし、予定通りに行動できていないのであれば、Googleカレンダーを書き換えましょう。

やろうとしていたことの時間をずらし、別の時間で実行するようにします。

突発事項が起きたり、都合が悪くなったり、当初の計画通りにはいかないものです。

Googleカレンダーであれば、時間をずらすのも簡単にできます。

まとめ

理想の1日のスケジュールをGoogleカレンダーに書く3つの理由を紹介しました。

  1. 試行錯誤しながら1日をスケジューリングできる
  2. 色分けしてビジュアルで1日を確認できる
  3. 予定の変更がしやすくリカバリできる

ぜひ、あなたの理想のスケジュールをGoogleカレンダーに書いて、実現させましょう。

デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
時間管理・タスク管理
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました