【デジタルデトックス入門】 1.準備編: 環境を整備する 〜意思の力に頼ることなくアプリの配置、通知の仕組みでスマホ利用をおさえる〜1.64

あなたのスマートフォン、整理整頓されていますか?

スマホも部屋と同じで片付けが必要ですし、適切な設定も重要です。

スマートフォンとどう付き合うのか、理想の状態目標を決めたら、環境整備として、スマートフォンの利用環境を整えます。

具体的にはスマートフォンのアプリを整理し、通知を抑えるように設定します。

できるだけ自分の意思の力や頑張りに頼ることなく、環境や仕組みでスマホ利用を抑えられるようにします。

準備として、自分のスマートフォン、ソーシャルメディアなどの利用状況の把握やデジタルデトックスに関する目標設定はできていますか? まだの場合はこちらも御覧ください。

【デジタルデトックス入門】 1.準備編:現状を把握する 〜自分がどれだけアプリ、ソーシャルメディアを使っているのか、わかりますか?〜 1.62
自分がどれだけアプリ、ソーシャルメディアを使っているのか、わかりますか?日々、特に意識せずに使っていて、なんとなく多いのが気になっているが実際にどれだけなのかわからないという方がほとんどだと思います。準備編の最初のステップ...
【デジタルデトックス入門】 1.準備編: 目標を決める 〜なぜデジタルデトックスをやりたいのか、理想の状態から考えましょう〜 1.63
あなたはデジタルデトックスをなぜやりたいのでしょうか? デジタルデトックスを通して、どのような状態を手に入れたいのでしょうか?デジタルデトックスの目的は、デジタルツールやソーシャルメディアの使いすぎによってもたらされるスト...

アプリを整理

まずアプリの整理として、利用を控えたいアプリはホーム画面の目につかない場所に配置し、利用するまでの操作や手間を増やします。

一方、積極的に利用したいアプリや自分の活動に必要なアプリは目につく、利用しやすいホーム画面の場所に配置するようにします。

ただ、このアプリの配置をやる前に、不要なアプリは削除しましょう。

スマホ画面が整理されず、アプリであふれていると、使いにくいということもありますが、ストレスになります。

便利で楽しいアプリが次々に提供されていますし、アプリの紹介記事などを見ていると、どんどんアプリが増えます。

まずはいったん、必要なアプリに絞り込むという作業が必要です。

不要なアプリを削除

以下のようなアプリはどんどん削除しましょう。

使っていないもの

ダウンロードしたけど一度も使っていないアプリ、以前は使っていだけどもう使はないアプリは削除しましょう。

たまにしか使わないアプリ

数ヶ月あるいは一年間に一回しか使わないアプリというのもあると思います。

ブラウザから利用可能なものはアプリは削除しても支障ないかもしれません。

またほんとうにそのアプリは必要かも考えるといいですね。便利だと思って残しているが、それほど必要性を感じないというケースもあると思います。

気に入っていないもの

使い勝手が悪い、デザインが好きではないというものも削除してしまいましょう。

アプリを削除してもまたダウンロードして使うことはできますので、試しに消してみるというのもよいと思います。

アプリの配置場所を変える

アプリを削除し終わったら、利用を控えたいアプリはホーム画面の目につかない場所に配置し、利用するまでの操作や手間を増やします。

FacebookやYoutubeは利用を控えたいため、ホーム画面から1タップでは起動できないようにしています。

ホーム画面の整理

コミュニケーション、メッセージ系は矢印の指しているフォルダにまとめていて、Facebookアプリもその中に入れています。

アイコンが小さく表示されるため、あまり目立ちません。

一方、Youtubeは写真とビデオというフォルダの中に入れており、フォルダを開いてスクロールしないとたどり着けないようにしています。

Youtubeアプリはフォルダの奥へ配置

ホーム画面からは見えないため、ついついYoutubeアプリを押してしまうということを防止しています。

また、Youtubeを見ようかなと思っても操作が若干面倒なので他の行動にスイッチできる可能性を上げています。

アプリの通知を絞る

スマホの通知に気付くたびに、スマホにさわっているとせっかくの集中がそがれたり、スマホを使いすぎてしまいます。

通知は必要最小限に絞りましょう。

まず設定アプリから通知メニューを開きます。

設定アプリから通知をタップ

そして、電話やメッセージなど通知をタイムリーに受けたいアプリについては、「通知を許可」をオンにし、「ロック画面」、「通知センター」、「バナー」、「サウンド」、「バッジ」についてそれぞれ全てオンにして確実に通知に気付くように設定します。

一方、通知が不要なものについては「通知を許可」をオフにします。基本は「通知」はオフがいいでしょう。

基本、通知はオフにしましょう。

一方、Gmailのようにタイムリーに通知を受けたい訳ではないが、受信メールがあることだけは知りたいというものについては、通知センターとバッジのみをオンにしています。

この程度の控え目な通知であれば、あまり邪魔にはならないです。

gmailは通知センターとバッジのみに。

通知の操作について詳細はこちらの記事が詳しいです。

覚えておきたい、iPhoneの通知設定を使いこなす7つのポイント
新着のメッセージやアプリの情報などを知らせてくれる通知。iPhoneにはバッジやバナー表示、サウンド、LEDフラッシュなど様々な方法があり、アプリごとに設定して自分好みにカスタマイズできます。今回は押さえておくと便利なiPhoneの通知設定を7つピックアップし、使いこなすためのポイントを紹介します。

まとめ

スマートフォンのアプリを整理し、通知を抑えるように設定しました。

スマートフォンの画面がごちゃごちゃしていると、使い勝手もよくないですし、不要なアプリはストレージ容量などのリソースも消費しています。

ぜひ自分が使うもの、気に入っているアプリに絞り込んで快適なスマートフォン環境を作りましょう。

また通知の設定を変えると、自分の集中のしやすさ、作業効率も大きく変わると思います。

その自分の変化にも気付けるといいですね。

編集後記

PCの画面のアイコンやフォルダも整理しました。

作業をしているとどうしても散らかってきますので、適宜、メンテナンスが必要です。

ただ、整理することで、ファイルを探す時間が減ったり、アプリを起動するための操作がが速くなるため、効果は大きいです。

スマートフォンの片付けが終わったら、PCの片付けもおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
片付け・デジタルデトックス
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました