集中してサクサク読める、コンパクトで軽い電子書籍リーダーKindle Paperwhiteの3つの特長

はじめに

通勤電車の行き帰り、スマホに没頭してませんか。

通勤時間にもっと本が読みたい。

でも本を持ち歩くとカバンが重くなる。

読みたいと思った時に限って本を持っていない。

そんな悩みがあるなら電子書籍リーダーKindle Paperwhite。

 

ハードカバーの本や専門的な本は結構重く、かさばります。

Kindle Paperwhiteは約180g、大きさも167 mm x 116 mm x 8.18 mm、画面サイズは6インチとコンパクト。

薄くてカバンに入れても邪魔になりません。

Kindle Paperwhiteにたくさんの本をダウンロードできるため、いくつかの積読本を並行して読むこともできます。

Kindle Paperwhiteの3つの特長とデメリットを紹介します。

  1. 読書に集中できる
  2. コンパクトで軽く読みやすい
  3. 蔵書を持ち歩くことができる

Kindle Paperwhiteの3つの特長

読書に集中できる

Kindle Paperwhiteの一番の価値は本を読むことだけに集中できること。

Kindleの電子書籍は、iPhoneやiPadのKindleアプリでも閲覧できます。

アプリで読むほうがカラーで読めたり、気になる箇所に線を引いたり、メモをとることも簡単。

また、iPadであればKindle Paperwhiteよりも大きな画面で見ることができます。

それでもアプリより、専用端末のKindleを使う理由は、読書からの脱線を防止できること。

アプリで本を読んでいると、通知を契機にメールを見てしまったり、本の中のキーワードを検索した流れでネットサーフィンをしてしまったり、読書が続かないことが多々あります。

Kindle Paperwhiteで読んでいる際には通知もなければ他のアプリもないため、開いている本に集中することができます。

なかなか時間が取れない方も、集中して読めば結構、本を読み進めることができるでしょう。

本が苦手、読書の時間がないあなたに。読書を習慣化する3つの方法
はじめに多くの人が身に付けたい一方で続かない習慣の一つに読書があります。本を読む時間が取れない、活字が苦手ですぐ眠くなってしまう、本よりも動画やゲーム、ソーシャルメディアに流れてしまうなど様々な悩みがあるでしょう。...

コンパクトで軽く読みやすい

Kindle Paperwhiteの重さは約180gとスマホよりも軽量。

そして大きさも167 mm x 116 mm x 8.18 mm、画面サイズは6インチとコンパクトです。

分厚い本を持つことを考えるとはるかに軽く、カバンは重くなりません。

軽いため、通勤中に電車で立っていながら本を読む際でも、長時間、手に持っていても疲れません。

また、電子ペーパのe-inkスクリーンは300ppiと高解像度で目に優しいフロントライトを搭載しています。

iPhoneやiPadのバックライトが目に向けて光を当てるのに対して、Kindle Paperwhiteはディスプレイの表面を照らすため、目が疲れにくい利点があります。

スマホなどのスクリーンが発するブルーライトによる睡眠不足や睡眠の質の問題を防ぐこともできます。

夜はスマホではなく、Kindle Paperwhiteで読書する理由
夜の時間は、スマートフォンやタブレットで動画やソーシャルメディアをダラダラと見てしまいがち。これらは集中力などなくても、疲れていても楽しめる娯楽です。一方で、本は自分で読むという能動的な行為で一定の集中力とエネルギ...

明るい場所でも見やすいという利点もあります。

画面サイズは、もう少し大きいほうが見やすいのですが、文字の大きさを調整して好みの大きさで読むことができます。

より大きい画面がいい場合、7インチ画面のKindle Oasisを選ぶこともできます。

ページ送りボタン搭載で、片手での読書も快適ですし、色調を調節できるライトもついています。

188gと軽さは維持されています。

 

蔵書を持ち歩くことができる

Kindle Paperwhiteにたくさんの本をダウンロードできるため、いくつかの積読本を並行して読むこともできます。

容量は8GBと32GBがありますが、2021年9月現在、その差は2000円です。

たくさんの本をダウンロードしておき、それぞれをいつでも読めるという状態の方が使い勝手は上がります。

32GBモデルを選ぶと良いでしょう。

 

wifiモデルでもiPhone等スマホとテザリングをすれば、随時、電子書籍をダウンロードすることもできます。

wifi+無料4Gモデルも選べますが、wifiのみで十分です。

ブクログを使うと話題の本、新しい本に出会い、蔵書の幅を広げることができます。

読書習慣。話題の本に出会える蔵書管理アプリ「ブクログ」の3つの特長レビュー
はじめに本とどのように出会っていますか。本屋さんに行って、ランキングの棚を見て話題の本を手にとって読みたいということもあれば、いろいろな棚を見て偶然、興味のある本を発見することもあるのではないでしょうか。あ...

デメリット

Kindle Paperwhiteの残念なところが2つあります。

一つは、ページ送りが遅いこと。

電子ペーパーの書き換えが見え、ちらつきます。

紙の本はもちろんページ送りでもたつくことはありません。

Kindleアプリもサクサク動き、ちらつきはないのに対して、Paperwhiteは明らかに遅いと感じます。

ただし、使っていれば徐々に慣れます。

もう一つは、画面表示が白黒のため、カラーの雑誌や書籍には向かないこと。

Kindle Paperwhiteは、小説やビジネス書で利用し、カラーで読みたい本、雑誌はiPadアプリなどで読むというよう使い分けがいいでしょう。

まとめ

Kindle Paperwhiteの3つの特長とデメリットを紹介しました。

  1. 読書に集中できる
  2. コンパクトで軽く読みやすい
  3. 蔵書を持ち歩くことができる

Kindle Paperwhiteを使えば、スマートフォンの通知など邪魔が入らず、目の前の本に集中できます。

Kindleアプリで読書していて、よく別のアプリに脱線してしまうという悩みがあるなら、Kindle Paperwhiteを使わない手はありません。

 

Kindle Unlimitedは対象の書籍がKindle端末やKindleアプリで読み放題になります。

30日間無料体験もあるため、読みたい本があればお試し体験してみてください。

「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」、面白くて一気に1日で読みました。

アイデンティティ、格差、ジェンダー、偏見などシリアスなテーマはシリアスですが、主人公の中学生の向き合い方、考え方がしなやかで、爽快です。

Kindleの無料お試し版あります。

 

デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アプリ・ガジェット読書・学ぶ習慣
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました