電子書籍は専用端末で読むと集中できる。コンパクトで軽いKindle Paperwhiteレビュー

はじめに

通勤電車の行き帰りはスマホに没頭。

その時間にもっと本を読みたい、たくさんの積読本をどんどん読み進めたいという方も多いのではないでしょうか。

最近、電子書籍リーダーのKindle Paperwhiteを持ち歩くようにしています。

 

紙の本もいいのですが、結構重いし、かさばります。

Kindle Paperwhiteは約180g、大きさも167 mm x 116 mm x 8.18 mmとコンパクトですので薄く、カバンに入れても邪魔になりません。

軽いため、長時間手に持っていても疲れないという利点もあります。

Kindle Paperwhiteにたくさんの本をダウンロードできるため、いくつかの積読本を並行して読むこともできます。

画面サイズは6インチで、モノクロ表示。

もう少し大きいほうが見やすいのですが、文字の大きさを調整して好みの大きさで読むことができます。

Kindle Paperwhiteのレビューとして、メリットとデメリットを紹介します。

Kindle Paperwhiteレビュー

メリット

Kindle Paperwhiteの一番の価値は本を読むことだけに集中できること。

Kindleの書籍はスマートフォンやタブレットのアプリでも読むことができます。

https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/fd/kcp

アプリで読むほうがカラーだったり、気になる箇所に線を引いたり、メモをとることも簡単です。

タブレットであれば、より大きな画面で見ることができます。

それでもアプリよりも、専用端末を使う理由は読書からの脱線を防止できること。

アプリで本を読んでいると、通知を契機にメールを見てしまったり、本の中のキーワードを検索してネットサーフィンをしてしまったり、読書が続かないことがあります。

持ち物が増えても、電子書籍端末を使う価値はこの集中できる環境づくりにあります。

デメリット

一方、Kindle Paperwhiteの残念なところが2つあります。

一つは、ページ送りが遅いこと。

電子ペーパーの書き換えが見え、ちらつきます。

紙の本ではページ送りでもたつくことはありませんし、Kindleアプリもサクサク動くのに対して、明らかに遅いです。

ただし、使っていれば徐々に慣れます。

もう一つは、画面表示が白黒のため、カラーの雑誌や書籍には向かないこと。

Kindle Paperwhiteは、小説やビジネス書など白黒で問題ない本を読み、カラーで読みたい本はアプリで読むというように使い分けしましょう。

まとめ

Kindle端末があるとたくさんの蔵書を持ち歩くことができ、いつでも読みたい本が読めます。

Kindle Paperwhiteを使えば、スマートフォンの通知など邪魔が入らず、目の前の本に集中できます。

Kindleアプリで読書していてよく別のアプリに脱線してしまうという悩みがあるのであればぜひ、Kindle Paperwhiteを試してみてください。

 

なお、Kindle Unlimitedは対象の書籍がKindle端末やKindleアプリで読み放題になります。

30日間無料体験もあるため、読みたい本があればお試し体験してみてください。

「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」、面白くて一気に1日で読みました。

アイデンティティ、格差、ジェンダー、偏見などシリアスなテーマはシリアスですが、主人公の中学生の向き合い方、考え方がしなやかで、爽快です。

Kindleの無料お試し版あります。

 

デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アプリ・ガジェット集中・マインドフルネス習慣
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました