デジタルデトックス。寝室では目覚まし時計やスマートウォッチを使う

はじめに

スマートフォンを寝室に持ち込んでいないでしょうか。

目覚ましとしてスマートフォンを利用する方も多いのではないでしょうか。

ただ、スマートフォンを寝室に持っていくと、つい通知が気になったり、SNSをチェックしたくなったり誘惑が生じます。

寝る前にスマートフォンの画面を見てしまうと、寝付きが悪くなったり、睡眠の質が落ちます。

以下のYoutube動画「DIGITAL DETOX: This Is Something You Really Need!」のスマートフォンを寝室に持ち込まず、目覚ましアラームは目覚まし時計を使うというアイデアが紹介されています。

スマートフォンを持ち込まずに寝室の環境を整える方法を紹介します。

DIGITAL DETOX: This Is Something You Really Need!

寝室の環境を整える

寝室にはスマートウォンを持ち込まないことにし、別の部屋の充電スタンドに置いておきます。

ただ、いわゆる目覚まし時計を持っていないため、目覚ましアラームをどうにかする必要があります。

目覚まし時計なしで起きるのが理想ですが、そうもいきません。

デジタルツールではありますがスマートウォッチのアラームを使うことにしました。

スマートウォッチは睡眠を計測するため自身にとっては必須です。

機能は限定されているので、使いすぎることはありません。

スマートウォッチで睡眠をカイゼン 〜HUAWEI Watch GT〜
いつもよく眠れていますか?質の良い睡眠を充分取れているでしょうか?このところ夜更かしをしてしまったり、お酒を飲みすぎたり、寝る前にスマートフォンを長時間使ったりと睡眠習慣が乱れていました。何度かiPhoneやApple Watchの睡眠計測

寝室でスマートフォンがないと困るシチュエーションとしては、何か思いついてメモをとったり、明日の予定を確認したりということがあるでしょう。

思いついたアイデアを書き留めるため、アナログの紙の手帳を枕元に置くことにしました。

一方、予定の確認については、Googleカレンダーにあるため、手帳では確認できません。

これは別の部屋にいってスマートフォンで確認するようにします。

まとめ

スマートフォンを持ち込まずに寝室の環境を整える方法を紹介しました。

目覚ましやスマートウォッチ、メモ帳などを活用して、寝る前のスマートフォン利用を避けるようにしましょう。

iPhoneで集中・マインドフルネス習慣
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を最大限に発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 この状態をつくるには続ける仕組み、習慣化がポイントです。 本メルマガでは習慣化に役立つ実践プログラムと24時間365日、あなたに寄り添うiPhone習慣化アプリを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
片付け・デジタルデトックス
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました