Apple Watchで「スマホを枕元に置かない」を習慣化する方法(デジタルデトックス)

はじめに

スマートフォンを寝室に持ち込んで、枕元に置いていないでしょうか。

目覚ましとしてスマートフォンを利用する方も多いのではないでしょうか。

ただ、スマートフォンを寝室に持っていくと、つい通知が気になったり、SNSをチェックしたくなったり誘惑が生じます。

スマホなどのスクリーンが発するブルーライトによる睡眠不足や睡眠の質の問題もあります。

 

眠りにつく前にスマホやタブレット端末を使うと、ブルーライトが脳を目覚めさせ、メラトニンの分泌を抑えるだけでなく、分泌を2〜3時間遅らせる。ブルーライトがあなたの体内時計を2〜3時間巻き戻すのだ。

 スマホ脳

メラトニンという眠りにつく時間を身体に知らせるホルモンは、脳内の松果体(しょうかたい、pineal body)という分泌器で合成されます。

メラトニンの分泌量は、日中は少なく、夕方になると増え、夜に最多になりますが、光を浴びすぎるとメラトニン分泌にブレーキがかかり、身体がまだ昼間だと勘違いします。

また、スマホやタブレット端末のディスプレイが発するブルーライト(LEDディスプレイなどに多く含まれる波長が380〜500nmの青色光)にはメラトニンの分泌を抑える特殊な効果があります。

そのため、夜寝る前にブルーライトを浴びると睡眠の障害になります。

対策としては、iPhoneの目覚ましでなく、普通の目覚まし時計を買うという方法もあります。

しかしながら、目覚ましだけでなく、明日の予定が気になったり、思いついたことをメモしたいとなるとiPhoneを使いたくなり、やはり枕元にiPhoneを置いておいた方が便利となりかねません。

そこで、Apple Watchを活用して「スマホを枕元に置かない」を習慣化する方法を紹介します。

  1. 目覚ましはApple Watchの振動で起きる
  2. 明日の予定はApple Watchで見る
  3. 思いついたメモはApple Watchで音声メモする

Apple Watchで「スマホを枕元に置かない」を習慣化する方法

目覚ましはApple Watchの振動で起きる

iPhoneでもApple Watch単体でもアラームを設定できます。

Apple Watchを付けたまま寝ると、手首の振動で起こしてくれて便利です。

アラームを止めるのも手元でできるので簡単です。

ただし簡単にアラームを止められるため、いくつか時間差でアラームを仕込んでおいた方が良いでしょう。

明日の予定はApple Watchで見る

夜、ベッドに入ってから明日の予定はどんなだっけ、と気になるときがあるでしょう。

そんな時にiPhoneを見て予定をチェックするとそれだけで終わらず、ついでにメールやソーシャルメディア、ニュースをチェックしてしまって夜更かししてしまう羽目になります。

予定はApple Watchで見ましょう。

Apple Watchのフェイスの一つ「モジュラー」の中心に予定を常時表示させておけば一目で明日の最初の予定がチェックできます。

また、タップすれば明日1日の予定をチェックすることもできます。

Apple Watchのカレンダーを活用する3つのポイント
はじめにこれまで、iPhoneのGoogleカレンダーアプリで予定の登録、確認を行っていました。iPhoneのウィジェットにもカレンダーを表示しており、簡単に予定を確認できるように設定。それが最近はAppl...

思いついたメモはApple Watchで音声メモする

寝る時に、やりたいことのアイデアや明日の予定について色々と思いつくこともあるでしょう。

そんな時にiPhoneやiPadにメモしようとすると、それだけで終わらず、夜更かししてしまうリスクがあります。

Apple WatchのアプリJust Press Recordを活用すれば、手元で音声メモをとることができます。

メモしないと忘れてしまうアイデアを逃さず、布団の中でボソッと喋るだけでメモできるのは本当に便利です。

Apple Watchの音声メモ問題が解決! Just Press Recordの3つの特長をレビュー
ジョギングのときや歩いているときなど、Apple Watchの音声メモをどうするかはなかなか定まっていませんでした。以前はたすくまの音声メモ、その次はTodoistにタスクとしてメモ。その後はEvernoteに音声...

まとめ

そこで、Apple Watchを活用して「スマホを枕元に置かない」を習慣化する3つの方法を紹介しました。

  1. 目覚ましはApple Watchの振動で起きる
  2. 明日の予定はApple Watchで見る
  3. 思いついたメモはApple Watchで音声メモする

iPhoneは寝室には持ち込まず、別の部屋の充電スタンドに置いておきましょう。

2021年2月現在のApple Watchの最新機種はApple Watch Series 6、SEです。

 

 

 

iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
片付け・デジタルデトックス
スポンサーリンク
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました