家の中に、iPhoneを持ち込まない「デジタルなしエリア」を作る3つのステップ

はじめに

ダイニングやキッチンにスマートフォンを持ち込んでいないでしょうか。

食事中にスマートフォンをテーブルの上に置いてはいないでしょうか。

朝、起きる時のアラームはiPhoneのアラームでしょうか。

家の中に、iPhoneを持ち込まない「デジタルなしエリア」を作る3つのステップを紹介します。

  1. デジタルなしエリアを決める
  2. iPhoneを使いたくなったらメモする
  3. マインドフルな時間を楽しむ

家の中に「デジタルなしエリア」を作る3つのステップ

デジタルなしエリアを決める

人との絆を作りたい場所にはiPhoneを持ち込まないという考え方の元、家の中のどの場所を「デジタルなしエリア」にするかを決めます。

同居する家族がいる場合は話しあって決めると良いでしょう。

例えば、食卓にはiPhoneを持ち込まず、料理や食事などの人との交流、絆を作る活動に集中しようというルールを決めます。

他にも寝室やキッチンも「デジタルなしエリア」の候補になるでしょう。

iPhoneを使いたくなったらメモする

例えば食事中にiPhoneで何か調べたいことや、アイデアを思いついたら、メモ帳に書きましょう。

書いておけば安心して忘れられます。

食事が終わって「デジタルなしエリア」を離れたら、メモ帳のタスクを実行しましょう。

例えばロイヒトトゥルムのA6サイズの手帳はコンパクトで書きやすくおすすめです。

バレットジャーナル用手帳ロイヒトトゥルムのA5/A6サイズの選び方5つのポイント
はじめに手帳はアナログ派ですか、デジタル派ですか?アナログの紙の手帳をお使いの場合、サイズはどれくらいでしょうか?用途によってアナログ、デジタルの使い分け、紙のノートの最適なサイズは異なり、それぞれメリット...

マインドフルな時間を楽しむ

料理を待っている際も会話を楽しんだり、何もしない時間を大事にしましょう。

生活の中で一息ついてリラックスする時間はそう多くはありません。

食事中は食べる瞑想と考えて料理や会話に集中し、マインドフルな時間を楽しみましょう。

「危機を乗り越えるマインドフルネス」を読んだら実践したい3つの行動ワーク
はじめに「危機を乗り越えるマインドフルネス」では、マインドフルネスとはいま、ここの現実に気づき、客観視することと定義しています。マインドフルネスとは「いま、ここ」の現実に気づき、客観視すること。ネガティブ思...

まとめ

家の中に、iPhoneを持ち込まない「デジタルなしエリア」を作る3つのステップを紹介しました。

  1. デジタルなしエリアを決める
  2. iPhoneを使いたくなったらメモする
  3. マインドフルな時間を楽しむ

食事中はiPhoneを見て忙しくするのではなく、貴重な交流の時間、リラックスするマインドフルな時間として楽しみましょう。

こちらの動画「DIGITAL DETOX: This Is Something You Really Need!」はデジタルデトックスの方法を紹介しています。

最初には自分がどのようにスマートフォンやソーシャルメディアを使っているのかを書き出すことで実態に気づくことが大事であるとしています。

その後にスマートフォンを使わない場所、使わない時間を決めようと提案しています。

他にも、車の中にスマートフォンを置く、寝室ではスマートフォンのアラームを使わずリアルの目覚まし時計を使うなど参考になるアイデアが紹介されています。

DIGITAL DETOX: This Is Something You Really Need!
iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
片付け・デジタルデトックス
スポンサーリンク
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました