ワイヤレスイヤホンでシンプル化。JBL TUNE205BT Bluetoothイヤホンレビュー。

はじめに

最近、AirPodsのバッテリーがだいぶヘタってきて1時間半くらいで切れてしまう状態でちょっとしたストレスでした。

そのため、有線のヘッドフォンを使っていましたが、やはりケーブルをさしたり、からまったケーブルをほどくのが面倒でストレスがたまります。

やはりワイヤレスで、シンプル化し、ストレスフリーの状態にしたい!ということで、ワイヤレスイヤホンを買いかえることにしました。

ワイヤレスイヤホンの選び方

AirPodsを買いなおすことも考えましたが、結構なお値段がしますし、得られる体験も大きくは変わりません。

最新モデルはケースが無線充電になる程度で大きな変化はない。

2016年12月に¥16,800で購入したため、2年半ちょっとの使用。

もう少しもってほしいというのが正直なところ。

そこで、もう少しリーズナブルなワイヤレスイヤホンはないかと探しました。

条件としてはカナル型ではなく、インナーイヤー型であること、またAirPodsのように片耳ごと独立していないこと。

最近はカナル型と言われる耳の中にすっぽり耳栓のようなイヤーピースをイヤホンが主流です。

カナル型とインナーイヤー型イヤホンの違い。おすすめのモデルもご紹介
デジタルオーディオプレーヤーやスマホなどで音楽を鑑賞する際に使用するイヤホン。イヤホンには「カナル型」と「インナーイヤー型」の2種類の装着形態があります。今回は2つの特徴や選び方を解説。おすすめのイヤホンもご紹介します。

外れにくく、音漏れも少なく、確かに音もよく感じますが、あの耳が詰まる感じがあまり好きではなく、いくつかの製品を試しましたが合いませんでした。

そのためインナーイヤータイプで探しました。音漏れは比較的しやすいので注意は必要ですが、周りの音が聞きやすいというメリットはあります。

また「AirPodsのように片耳ごと独立していないこと」については、これまで手が耳にあたって何度か落としたことがあるためです。

いろいろと探してこちらのものにしました。

JBL TUNE205BT Bluetoothイヤホン

Amazon.co.jp: JBL SoundGear BTA ウェアラブル ネックスピーカー ワイヤレスオーディオトランスミッター付き Bluetooth/apt-X対応/31mm径スピーカー4基搭載 ブラック JBLSOUNDGEARBABLK & TUNE205BT Bluetoothイヤホン マイクリモコン付き/オープンタイプ ブラック JBLT205BTBLK 【国内正規品/メーカー1年保証付き】: 家電・カメラ
Amazon.co.jp: JBL SoundGear BTA ウェアラブル ネックスピーカー ワイヤレスオーディオトランスミッター付き Bluetooth/apt-X対応/31mm径スピーカー4基搭載 ブラック JBLSOUNDGEARBABLK & TUNE205BT Bluetoothイヤホン マイクリモコン付き...

購入時点では2,110円と非常にお得な値段。

使ってみたところ、音質はもともとそうこだわりもないため十分。ペアリングもかんたん。

コストパフォーマンスを考えると非常にいいです。

まとめ

JBL TUNE205BT Bluetoothイヤホン、コストパフォーマンスを考えるといい製品です。

小さなデメリットは2点。

一つは、複数機器とのペアリングはできないようなので、スマホ2台持ちの環境としてはちょっと困ったことになりました。

音楽は片方のiPhoneで聞くという形にシンプル化するつもりです。

もう一つは、ワイヤレスとはいえ、2つのイヤホンをつなぐケーブルが若干ジャマという点。

首にかけるタイプですが、首にケーブルが当たるのが少し気になります。

AirPodsの前はケーブルがあるものを使っていたため、これは慣れかもしれません。

しばらく使い方をいろいろと見ていこうと思います。

iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アプリ・ガジェット
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました