片付け習慣。マインドフルな環境を得るために「1日に1つ捨てる」、3つのステップ。

はじめに

多すぎるモノに囲まれていないでしょうか?

服や趣味の道具でクローゼットはいっぱい。どこに何があるのかわからない。

書類や雑誌で本棚はぎゅうぎゅうで、本が取り出しずらい。

カバンも重くて肩こりはするし、形が崩れる。

時間をかけて1日に1つずつ捨てることで、快適でスッキリ、ごきげんな空間をつくることができます。

片付け習慣。「1日に1つ捨てる」を毎日やる3つの理由。
はじめに机、棚、クローゼット、床。あなたの周りの環境は十分に片付いていて機能的、快適でしょうか。あるいはモノが多かったり、散らかっていたり、混乱した状態でしょうか。人は視覚や触覚で環境の影響を受ける...

片付け習慣として「1日に1つ捨てる」、3つのステップを紹介します。

  1. 「1日1捨て」をやる理由を書く
  2. 「1日1捨て」を生活に組み込む
  3. 30日間、捨てたものを記録する

「1日1捨て」の3つのステップ

「1日1捨て」をやる理由を書く

「1日に1つ捨てる」と決めてもやる気は長くは続きません。

自分の中でなぜ片付けをするのか、メリット、理由が必要です。

紙でもデジタルでも良いので、メモ帳を用意して「なぜ片付けをやるのか?何につながるのか」を書きましょう。

例えば以下のような理由、目標、メリットがあるでしょう。

  • モノを絞り込んで生活をシンプルにしたい
  • 毎日、一つ捨ててスッキリ感を味わいたい
  • おしゃれな部屋、人を呼べる部屋にしたい
  • 集中できる環境を作りたい
  • ….

片付け本の定番、「人生がときめく片づけの魔法」を読むと、どんな空間を作りたいのかというアイデア、どうモノと付き合いたいのか考え方のヒントを得られるでしょう。

 

「1日1捨て」を生活に組み込む

「1日に1つ捨てる」をいつ、どこでやるのかを具体的にしないと行動に結びつきません。

自分の生活の中に、片付けやモノを手放すための行動を組み込みましょう。

  • 朝起きたら自分の部屋の床をチェックする
  • デスクを使う前に机の上のモノ、引き出しをチェックする
  • オフィスを出る前に書類トレイ、机の上をチェックする
  • 帰ってきたてカバンを置く際にカバンの中、財布の中をチェックする
  • 着替えるときにクローゼットをチェックする
  • 本を読むとき、本棚をチェックする

このように既存の行動に付け加えると実行しやすくなります。

時間のないあなたに。今の習慣に新しい行動を付け加え無理なく続ける方法
はじめに今日から運動をはじめよう、語学学習をはじめよう、続けようと思っても、なかなか始められない、続かないということないでしょうか。理由はいくつかあります。それをやることをついつい忘れてしまう。やら...

最初にやるのは床に落ちている不要なモノ、そして棚など水平面からモノをなくすと空間の印象はだいぶ変わります。

片付けの技術にはいい参考書があります。「人生を変える断捨離」、「1週間で8割捨てる技術」をご覧ください。

30日間、捨てたものを記録する

毎日、日記あるいは習慣トラッカーに捨てたものを記録していきましょう。

例えば習慣トラッカーには日付け、手放したモノ、捨てる際の思考や感情などメモを書くとよいでしょう。

書いて言語化することで、自分のモノを捨てる基準、方法論が明確になっていきます。

30日間チャレンジ:1日に1つ捨てる習慣トラッカー 〜減らす技術 DO LESS. GET MORE DONE.〜
はじめに多すぎるモノ、情報に押しつぶされそうになっていないでしょうか。減らす技術「DO LESS. GET MORE DONE.」ではやることを減らし、シンプルにするライフスタイルを紹介しています。...

毎日1つ捨てていき、30日間続ければ30個のモノを捨てることができます。

徐々に捨てるモノを探す難易度は上がっていきますが、1つずつ捨てることでモノを手放す力、経験値は確実に向上していきます。

まずは30日を目標にチャレンジしてみましょう。

まとめ

片付け習慣として「1日に1つ捨てる」する3つのステップを紹介しました。

  1. 「1日1捨て」をやる理由を書く
  2. 「1日1捨て」を生活に組み込む
  3. 30日間、捨てたものを記録する

30日間続ければ、必ず自分の空間は変わり、マインドフルな環境を得られます。

片付けやモノとの付き合い方についてはこちらの参考書をご覧ください。

減らす技術 新装版

大切なことに集中するため、無駄なモノ・コト、不要なモノ・コトを減らすための考え方のヒントが満載。
捨てる、手放すためのルールなど。
シンプルライフを目指したくなる良本です。

人生を変える断捨離

断捨離は、モノの捨て方からはじまりますが、この選び抜く、絞り込むが浸透すると、考え方ややることなど「コト」の手放し方、シンプルなライフスタイルにつながっていきます。
空間や時間がごちゃごちゃしているのなら、この本からはじめましょう。

人生を思い通りに操る 片づけの心理法則

片付け=自分のリソースを目標に向かって集中できる環境を作ることと定義し、片付けの34のメソッドを紹介しています。例えば、片付けの基本3原則として、3択の原則、初速最大化の原則、ローコスト管理の原則を示しています。部屋がきれいになることをゴールにしているのではなく、人生を最大化し、幸福を手に入れるための本です。

人生がときめく片づけの魔法 改訂版

片付け本の定番。累計1100万部超えの世界的ベストセラー。
どんな空間を作りたいのかというアイデア、
どうモノと付き合いたいのか考え方のヒントを得られるでしょう。
片付けのやる気に日をつけてくれる本です。

1週間で8割捨てる技術

捨てる技術を丁寧に解説してくれる良書。
ブログ「筆子ジャーナル」(https://minimalist-fudeko.com/)もおすすめです。

iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
片付け・デジタルデトックス
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました