いつの間にか時間が経ってしまうと感じるあなたに。時報アプリCuckooのレビュー。

はじめに

時間を大事に使えていますか?

テレビやYouTubeを見ていたらいつの間にか時間が過ぎてしまったと言う事はないでしょうか。

限りある時間を大事に使うための第一歩は、時間の区切りに気づくことです。

学校ではチャイムが鳴って時間の区切りに気づくことができます。

夕方、近くのお寺の鐘の音で時間の経過に気づくこともあります。

家の置き時計や掛け時計に時報機能があれば、それで気づくことができるかもしれませんね。

自分のいる部屋、職場、さらには移動中や出先で、いつでもどこでも時間の区切りに気づくためにはスマートフォンが便利です。

時報アプリ Cuckoo

スマートフォンのアプリでいくつか時報アプリがあります。

その中でもオススメはこちらのCuckooです。

‎Cuckoo クックー(鳩時計)
‎鳩時計(時報)です。 起動していないときでも鳴くことが出来るのが特徴です。 機能: ・各時間と、30分おきに鳴き声がなります。 ・アプリケーションを落としても鳴かせることが出来ます。 ・設定することでアラームとして使用することもできます。 使い方: 鳴かせるには、白い丸をタッチすると黄色くなり時報が動作します。左...

デザインは木板をバックにしたアナログ時計で非常にシンプルです。

夜は時報をオフにしたいと思いますが、その時刻になったら鳴らしてどの時刻をオフにするかの設定も直感的で簡単です。

30分の時報も設定できます。

ホッホーと言う鳴き声がほのぼのしていてなんだか癒されます:-)

さりげない音ですので邪魔にならず気にいっています。

他にもお寺の鐘の音や時報、猫の鳴き声も選べます。

時報パターンは時間数、1回、2回、3回から選べます。

時間数にした場合、例えば10時であれば10回鳴き声があります。

使い方と活用法

まず就寝中は鳴らないように夜12時から5時半までは時報をオフにします。

また、会議中などに鳴き声が10回もあるとうるさいため、時報パタンを3回にしています。

もちろん、マナーモードにしておけば鳴らないのですが、バイブで知らせてくれるのも便利です。

音を鳴らすことなくさりげなく時間の流れに気づくことができます。

時報を聞いたら、一旦区切りとして、今やっている事を続けるか辞めるかを考えるようにしています。

立ち止まって今の自分や状況に目を向けることで、時間を意識せずダラダラ作業や休憩を続けることを防止できます。

また、時間の区切りのタイミングで休憩を入れたり簡単なストレッチをしてもいいかもしれませんね。

まとめ

時報機能がある置き時計や掛け時計を買わなくても、無料アプリがあると言うのは本当に便利ですね。

執筆時点では120円で広告削除ができます。

作者の方に感謝も含めて購入させていただきました。

画面がよりすっきりとなって音も選べるようになり楽しくなりました。

このブログを書くときにも時報が鳴り、時間の経過を感じ途中で区切りをつけることができました!

iPhoneで集中・マインドフルネス習慣
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を最大限に発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 この状態をつくるには続ける仕組み、習慣化がポイントです。 本メルマガでは習慣化に役立つ実践プログラムと24時間365日、あなたに寄り添うiPhone習慣化アプリを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
時間管理・タスク管理
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました