いつの間にか時間が経ってしまうと感じるあなたに。時報アプリCuckooのレビュー。

はじめに

時間を大事に使えていますか?

テレビやYouTubeを見ていたらいつの間にか時間が過ぎてしまったと言う事はないでしょうか。

限りある時間を大事に使うための第一歩は、時間の区切りに気づくことです。

学校ではチャイムが鳴って時間の区切りに気づくことができます。

夕方、近くのお寺の鐘の音で時間の経過に気づくこともあります。

家の置き時計や掛け時計の時報もあるかもしれません。

自分のいる部屋、職場、さらには移動中や出先。

いつでもどこでも時間の区切りに気づくためにはスマートフォンが便利です。

iPhoneにいくつか時報アプリがありますが、Cuckooのデザインや機能と活用法を紹介します。

‎Cuckoo クックー(鳩時計)
‎鳩時計(時報)です。 起動していないときでも鳴くことが出来るのが特徴です。 機能: ・各時間と、30分おきに鳴き声がなります。 ・アプリケーションを落としても鳴かせることが出来ます。 ・設定することでアラームとして使用することもできます。 使い方: 鳴かせるには、白い丸をタッチすると黄色くなり時報が動作します。左...

時報アプリ Cuckooレビュー

デザインと機能

木板をバックにしたアナログ時計で非常にシンプルなデザイン。

以下のような直感的なUIで、30分ごとに時報の有無を設定できます。

例えば夜21時以降は時報をオフにしたいということも簡単です。

ホッホーと言う鳴き声がほのぼのしていてなんだか癒されます。

さりげない音のため、Web会議中に時報が鳴ることもありますが、邪魔にはなりません。

他にもお寺の鐘の音や時報、猫の鳴き声も選べます。

時報パターンは時間数、1回、2回、3回から選べます。

時間数にした場合、例えば10時であれば10回、鳴き声が再生されます。

使い方と活用法

最初に、就寝中は鳴らないように夜12時から5時半までは時報をオフにしましょう。

また、鳴き声が10回もあると長くてうるさくなるため、時報パタンは3回程度がいいでしょう。

音声はマナーモードの状態の場合、ならない代わりにバイブで知らせてくれます。

音を鳴らすことなく、さりげなく時間の経過に気づくことができます。

時報を聞いたら、一旦区切りとして、今やっている事を続けるか辞めるかを考えるようにしましょう。

立ち止まって今の自分や状況に目を向けることで、時間を意識せずダラダラ作業や休憩を続けることを防止できます。

時間の区切りのタイミングで休憩を入れたり簡単なストレッチをしてもいいでしょう。

運動やマインドフルネス瞑想のルーティンを毎日小さく実行するコツ[ポモドーロタイマー活用]
はじめにストレッチやラジオ体操、マインドフルネス瞑想など、いい習慣だと分かっていても面倒になってしまって続かないという悩みがあるのではないでしょうか。運動やマインドフルネス瞑想など身体や心を整える習慣を毎日、小さく...

まとめ

時報アプリCuckooのデザイン・機能と活用法を紹介しました。

時報機能がある置き時計や掛け時計を買わなくても、無料アプリがあると言うのは本当に便利。

執筆時点では120円で広告削除ができます。

作者の方に感謝も含めて購入させていただきました。

画面がよりすっきりとなって音も選べるようになり楽しくなります。

このブログを書くときにも時報が鳴り、時間の経過を感じ途中で区切りをつけることができました。

時間管理についてはこちらの記事もご覧ください。

時間管理の習慣に役立つ時間管理アプリ
はじめにやりたいことをやる時間がない。仕事が終わらない。もっと自分の時間が欲しい。時間は誰もが毎日、24時間与えられるリソースですが、時間管理の第一の問題は、時間がない、ということでしょう。...
デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
時間管理・タスク管理
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました