紙とデジタルメモの連携。ロイヒトトゥルとメモアプリの連携法3つのステップ

はじめに

メモをとる習慣あるでしょうか。

打合せのメモもあれば、用事ややることのメモ。

その場ですぐにメモをしないと簡単に忘れてしまいます。

また、覚えておこうとすると脳の負荷があがります。

iPhoneは常にそばにあり、音声でメモをとったり、メモを整理したり、メモをリマインドできるなど便利なツールです。

色分けやピン留めでメモが一覧しやすいメモアプリGoogle Keepの3つの特長レビュー
はじめにメモアプリ、どんなアプリをお使いでしょうか?ノートアプリはEvernote、OneNoteを使っていますが、気軽なメモには不向きで、Todoistにタスクとしてメモしていました。...

付箋にメモをすると付箋をなくしてメモを失うこともありますが、iPhoneにメモをすればなくすことはありません。

ただし、人前ではスマホにメモをとりづらい場面もあれば、iPhoneの中にメモが入ってしまうと見えなくなるという課題もあります。

また、メモした後にSNSやニュースなど別のアプリに寄り道、脱線しがちという問題もあります。

紙のメモ帳とデジタルのメモアプリを連携する3つのステップを紹介します。

  1. 紙のメモ帳にメモする
  2. やりたいこと、アイデア、タスクを処理
  3. デジタルにまとめて必要なメモをコピー

紙のメモ帳の利用シーン

机の上にいつもメモ帳を広げておいて、思いついたことを気になった事はメモ帳にサクッと書きます。

電車バスなどの移動中でもいつもであればスマートフォンを持っているところもメモ帳とペンにしています。

電車やバスは揺れたり、立っていることもあるためメモをとるのはスマートフォンの方が便利ではあります。

ただそのデメリットを超えて、集中して考えたり、発想を広げる時間を確保できるメリットがあります。

食事中もテーブルにスマートフォンを置くのではなく、メモ帳を置いておきます。

待ってる間などスマートフォンに意識が行ってしまうことなく、食事や料理に集中できます。

他にも、スピーチなどの際に、話す内容をスマホにメモしておくといざ話すというときにその情報を探すにも時間がかかりますし、スマホをさわっているとメールを見ているのか、時間を気にしているのか、などと思われてしまうかもしれません。

メモ帳にしておいたほうがすぐに見ることができて安心ですし、スマートです。

メモ帳のおすすめ: ロイヒトトゥルム ノート A6 ドット方眼

今はロイヒトトゥルム ノート A6 ドット方眼を使っています。

A6はジャケットの内側にも入る大きさでいつでも持ち歩けて便利です。

デザインもシンプルかつ色合いが綺麗で気にいっていて、毎回色を変えながら使い続けています。

今は「アジュール」という色のものを使ってます。

また、方眼は線を引いたり、文字をそろえるときに便利。

もう一つ気に入っているのは、バンドにペンを挟むことができるため、ペンホルダなしにペンが持てます。

手帳・ノートに「ロイヒトトゥルム1917(Leuchtturm)」のドットを選ぶ5つの理由
Bullet Journal (5 3/4 x 8 1/4 in) – LEUCHTTURM1917はじめにお気に入りの手帳、ノートは決まっていますか。いろいろな手帳やノートを試して、自分に合ったものを探す旅を楽し...

デジタルメモとの連携

情報がいろんなメデイアに分散していると情報を探すのが大変になります。

情報は居場所を決めて一元管理するのが基本です。

ある種類の情報はここさえ見れば良いと言う環境を作りたい。

メモは紙だけでなく、PCやスマートフォンで作業中にも発生し、デジタルで記録することもあるため、デジタルのほうに一元管理します。

そのため紙のメモ帳の内容はその日のうちにデジタルのメモアプリに移します。

こちらの記事でデジタルノートと紙のノートのメリットを比較しました。

デジタルにすると編集もできますし見やすく、検索もできます。

またメモ帳はなくしてしまう可能性もありますが、デジタルにコピーしておけばバックアップにもなります。

Noteshelf, GoodNotesと紙ノート。デジタル・アナログノートを比較する10のポイント
はじめにノートはやはり紙がよいというアナログ派でしょうか。あるいはノートアプリ、Apple Pencil等を活用したデジタル派でしょうか。長い間、デジタルノートと紙のノートを行ったり来たりしています。メインはOneNote, Evernot

メモは内容に応じて、Google Keep、Evernote、Todoistに入れています

メモといってもアイデアや資料的情報、タスクなど様々あるため、その内容に適したアプリを使い分けています。

おわりに

紙のメモ帳を使うと、スマートフォンによる時間の浪費を避けることができます。

以前はバレットジャーナルも手帳2冊分続けていましたが、デジタルデトックスには有効です。

また紙に書いているとアイディアも広がりますし、書き心地が良いとテンションも上がります。

メモを取る度にそれらの誘惑と戦うのは大変。

なお手帳は、「ほぼ日手帳」もおすすめです。

1日1ページのため、たくさん書け、また雑誌の切り抜きやパンフレット等様々なものをはりつける楽しさがあります。

カバーをいろいろと選べるのも良い点です。

若干重いのが難点ですが、avecという分冊版を使うと前期+後期セットに分かれるため、軽く持ち運ぶこともできます。

iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アプリ・ガジェット 片付け・デジタルデトックス
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました