先延ばしをストップして「今やる」5秒ルール(THE 5 SECOND RULE)の3つの活用法

はじめに

先送り、先伸ばしていること、どれくらいありますか。

先延ばししているものは、何度も何度も頭に出ては、エネルギーや自己肯定感を少しずつ奪っていきます。

今日は先延ばしにしていた、メールの返信、申請手続き、PC作業を一気にやることができました。

使ったメソッドはMel Robbinsの「THE 5 SECOND RULE」、いわゆる5秒ルール。

The Five Elements of the The 5 Second Rule
The Five Second Rule is a tool that dramatically changed my life. Here, I break down the 5 important elements of this Rule and show you how to use it.

5秒ルールの方法の解説と、3つの活用法を紹介します。

  1. 先延ばしのモヤモヤを5秒ルールでToDoリストに書き出す
  2. タスク発生時に2分で終わるものは5秒ルールでその場でやる
  3. ToDoは5秒ルールでいつやるかを決める

5秒ルールとは?

何かやろうと思った時に、5秒以内に物理的に動かないと、脳はやろうとする考えを殺します。

脳がやらない理由を探すのは、危険からあなたを守るためであり、新しくやることの恐怖や困難さ、不確実性からあなたを遠ざけるため。

その前に具体的な行動、アクションを起こしてしまうのが重要です。

そこで、5-4-3-2-1 と数えて、GO!と実行します。

数えることで、心に浮かぶ不安や考え、言い訳から離れ、ゴールに向けて集中することができるというもの。

ただし何かやろうと思うことは、なんでも良いわけではなく、自分のゴールに結びついたやるべきことだと直感的に感じているものに適用しましょう。

また、実行の際は頭の中で考えるだけでなく、動くなり、話すなり、持つなど物理的な動作をすることがポイントです。

TEDの動画もあります。

How to stop screwing yourself over | Mel Robbins | TEDxSF

「すぐやる」、「いまやる」に儀式を決めるものととらえることもできますし、1つのIf-Thenルール(If-Thenプランニング)とも考えられます。

つまり、以下のようなルールです。

IF もし何かやろうと思ったら、
THEN 5秒数えて実行

シンプルで覚えやすいのではないでしょうか。

If-Thenプランニングについてはこちらをご覧ください。

お墨付きの目標達成手法If-Thenプラニングをざっくり解説。いつどこで何をするかを決めると実行できる【習慣化の技術】
目標に向けて行動を続けるにはダイエット、運動、学習など続けたい習慣には、何キロまで痩せたい、マラソン大会に出たい、TOEICの点数を上げたい、など目標があるでしょう。その目標を達成するためには、短期間でがっと頑張れ...

5秒ルールの3つの活用法

先延ばしのモヤモヤを5秒ルールでToDoリストに書き出す

先延ばししているものは、何度も何度も頭に出ては、エネルギーや自己肯定感を少しずつ奪っていきます。

ToDoリストに入っていないものはまず、リストに書いて具体化、見える化しましょう。

資料の作成が手についていない、誰かへの依頼がまだで躊躇している、締め切りが近づかないとやる気が起きない、などなど。

まず、、5秒ルールでToDoリストに入れましょう。

タスク管理アプリの定番「Todoist」の使い方、レビューの仕方、他サービス連携、様々な応用などまとめ記事。
はじめにやるべきこと、やりたいこと、いわゆるタスクは生活している限り、途絶えることはありません。仕事、生活、遊び、あらゆる場面にタスクが現れます。レポートを提出する、期限までに支払いする。やるべきタ...

タスク発生時に2分で終わるものは5秒ルールでその場でやる

何か人からタスクを依頼されたとき、その場で面倒、イヤだという感情が発生すると先延ばししたくなります。

ただ、どうせ後でやること。

2分程度で終わるものであればその場ですぐにやってしまいましょう。

そこで片付けてしまえば手間は最小限ですみます。

後回しにすると、そのタスクを覚えておいて、いつやるのか決める必要があり、さらに面倒になります。

2分以上かかるのであればToDoリストやタスク管理アプリに入れましょう。

ToDoは5秒ルールでいつやるかを決める

ToDoリストからタスクをとりだすときに、面倒なタスクは先送りしたくなり、簡単なタスクから手をつけがちです。

「簡単なタスクだけ処理され、重いタスクは先送りされる」は、ToDoリストの大きな問題点です。

タスク管理の習慣。ToDoリストの3つの問題点。
はじめにやるべきこと、やりたいことの管理として、ToDoリストを使っている方は多いでしょう。紙の手帳にToDoリストを書いている人もいれば、タスク管理アプリを使っている人もいると思います。では、To...

ここで面倒なタスクを5秒ルールで実行すればよいですが、そこが難しい。

まずは、面倒なタスクをいつやるのか決めることだけ、5秒ルールでやりましょう。

いったん、やる日時を決めたらあとはそのタイミングでとにかく実行です。

やるべきことの時間を確保するタイムブロッキングについては以下の記事をご覧ください。

やるべきことの時間確保。Googleカレンダーでやるタイムブロッキングのメリット、ハードルと対策
1週間カレンダーやりたいこともたくさんありますが、やるべきこともたくさんありますよね。1週間のやりたいことの時間を確保した、理想のスケジュールを作りましたが、今度はやるべきことの時間を1週間のカレンダーに確保します...

まとめ

5秒ルールの方法の解説と、3つの活用法を紹介しました。

  1. 先延ばしのモヤモヤを5秒ルールでToDoリストに書き出す
  2. タスク発生時に2分で終わるものは5秒ルールでその場でやる
  3. ToDoは5秒ルールでいつやるかを決める

変化を起こしたければこの5秒ルールに従ってとにかくやることが大切です。

先延ばしの構造についてはこちらの記事もご覧ください。

ずっと先延ばししていることないでしょうか?〜先延ばしの構造を分析  
先延ばし撃退キャンペーン夏休みの宿題は先にやる方でしたか?それともギリギリにやる方でしたでしょうか。今週は自分の中で、先延ばし撃退キャンペーン中です。先延ばしにしているものが増えてきて、なんとかした...
iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
時間管理・タスク管理
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました