睡眠負債を増やさない。AutoSleep, SOMNUS等の睡眠アプリで計測・評価し、自分の最適な睡眠時間を調べる方法。

はじめに

今週はいろいろと立て込んでいて、睡眠時間をだいぶ削っていたため、睡眠不足を感じていました。

電車で爆睡してしまう、ランチの後に頭がボーッとしてしまう、午後の集中力が失われるなど、パフォーマンスに影響します。

睡眠時間が6時間を切ると、睡眠不足になるのは経験的にわかっています。

ただ、何時間寝ると最も調子がよいのでしょうか?

7時間がベストなのか、8時間まで寝るともっと良いのか。

それぞれの人にとって最適な睡眠時間は異なります。

睡眠アプリで計測・評価し、自分の最適な睡眠時間を調べる方法について紹介します。

睡眠アプリを活用して自分の最適な睡眠時間を探索

睡眠アプリによる睡眠時間や睡眠の質、そして、自分の体調を記録し、振り返ることで、自分にとって最適な睡眠時間を調べることができます。

日によって自然体で睡眠時間は変わるでしょうが、あえていつもよりも長い時間睡眠時間を確保する、いつもよりも早起きしてみるなど、睡眠時間を変えてデータをとりましょう。

睡眠時間や質の計測

睡眠時間は長くとも夜に何度も起きて睡眠の質が悪かったり、逆に短い睡眠でも熟睡できた日など睡眠の質は異なります。

そのため、睡眠アプリや睡眠を計測するスマートウォッチを活用しましょう。

AutoSleepは非常に高機能で睡眠の質だけでなく、快適指数なども出してくれます。

自動計測された睡眠時間を微調整できるところは非常に便利です。

Apple Watchをお持ちの方にはおすすめのアプリです。

【睡眠習慣】Apple Watchで睡眠を計測するAutoSleepレビュー
はじめに睡眠は本当に仕事の効率を左右します。7時間で起きるつもりが8時間寝たら本当にスッキリ。今までの感覚では7時間の睡眠がちょうどよいと思っていたのですが、もしかして8時間がベストかもしれません。...

SOMNUSも高機能なアプリです。

深い眠りや浅い眠り、REMなどの計測に加えてが43%と意外と多く、睡眠の質は82%とのこと。

面白いのが睡眠予報。パフォーマンスタイム、仮眠タイム、眠気タイムを教えてくれます。

睡眠が分かる、改善をサポートする睡眠マネジメントアプリSOMNUSレビュー
はじめに睡眠を十分にとっていますか?私の場合、睡眠不足の日にはエネルギーが落ち、集中力も低下して、本当に生産性が落ちるため、睡眠不足は避けたい行動です。睡眠不足の日は早く寝て、できるだけ早く「睡眠負債」を解...

体調の記録と振り返り

自分の体調を記録し、睡眠時間・質とあわせて振り返ります。

以下の記事によると、「自分の適性睡眠時間を知る目安は、起きてから4時間後に眠気があるかどうかです」と言っています。

睡眠負債を返済「正しい寝だめ」のやり方 プロが教える「眠る技術」前編
毎日の睡眠不足が積み重なると「睡眠負債」となり、命のリスクにつながる。「睡眠負債」を返済するためには、日常的にどうすればいいのか? フジテレビ解説委員の鈴木款氏が、専門家に聞いた――。

6時に起きたのであれば10時、7時に起きたのであれば11時の眠気をチェックしてノートに記録します。

また、どれだけの時間に集中できたか、午後の眠気の強さについても記録するといいでしょう。

そしてある程度、記録がたまったところで振り返りを行います。

起きて4時間後の眠気もない、集中力もよく続いた、というときの睡眠時間をリストアップします。

その時間が最適な睡眠時間になるでしょう。

自分にとっては7時間〜7時間半が最適なようです。

まとめ

睡眠アプリで睡眠時間や質を計測・評価し、眠気や集中力といった体調と比較することで、自分の最適な睡眠時間を調べる方法を紹介しました。

あえていつもよりも長い時間睡眠時間を確保する、いつもよりも早起きしてみるなど、睡眠時間を変えてデータをとり、自分にとって最適な睡眠時間を調べましょう。

なお睡眠負債が増えがちな方にとっては、昼寝もおすすめです。

15分でも寝ることでスッキリします。

眠らなくても、目をしばらく瞑っているだけでも良いようです。

お昼寝枕を活用してもいいでしょう。

なお、以下の記事「「睡眠負債」は週末の寝だめで返済可能? 研究結果はリスクを指摘」のとおり、週末の寝だめは睡眠負債の解消にはならないようです。

週末も平日と同じような就寝時間、起床時間で、リズムを一定にしましょう。

「睡眠負債」は週末の寝だめで返済可能? 研究結果はリスクを指摘
「睡眠負債」は、私たちのほとんどが負っているものだ。私たちには、実際に取っている以上の睡眠が必要だということだ。問題は、週末に余計に睡眠を取ることで、その週の睡眠負債を返済できるのかどうかということだ。そしてその答えは、「その可能性もなくは

睡眠についてより学びたい方は以下の書籍をご覧ください。

スタンフォード式 最高の睡眠

良質な睡眠をとるための手法の決定版。
まずこちらを読みましょう。

睡眠こそ最強の解決策である

「眠りとは何か?」、「なぜ眠りが重要なのか?」、「なぜ夢を見るのか?」、「睡眠とどう向き合うべきか?」など
睡眠自体について深く学ぶことができる良本です。

マンガでぐっすり! スタンフォード式 最高の睡眠 Kindle版

最高の睡眠法について、ポイントだけわかればよい、読みやすいマンガのほうが
よいという方にはこちらもおすすめです。
ストーリー仕立てでさらっと読めます。

iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
運動・カラダ習慣
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました