たすくま(Taskuma)による行動実行の3つのメリット(促進・コントロール・意識)

はじめに

たすくまによる行動記録法、ライフログ活用を何回かに分けて紹介してきました。

次のステップは行動です。たすくまによる行動実行については、大きく以下の3つのメリットがあると考えています。

  1. 行動の実行のハードルを下げ、促進する
  2. 行動の実行のハードルを上げ、コントロールする
  3. 今何を実行しているかを意識させる

1.行動の実行のハードルを下げ、促進する

第1に、実行したい、促進したい行動をタスクとしてたすくまに登録することで、実行しやすくなります。

たすくまは、時系列でタスクが並んでいますので、上から順番にタスクを実行していくのが基本です。

そうすれば、やりたいこと、やるべきことが達成されるというわけです。

たすくまにはやりたいこと、やるべきことを、実行する順番に並べ替えておくというのが前提です。

このたすくまのプランニング法については、別の記事で紹介します。

適切に実行する順番にタスクが並んでいれば今、これをやっていていいんだっけ?という心配なしに安心して目の前のタスクに集中できます。

2.行動の実行のハードルを上げ、コントロールする

メールチェックや、SNSチェックはついつい、頻繁にやってしまいます。

メール、SNSチェックなど利用頻度、利用時間をコントロールしたいものについては、たすくまにあらかじめ登録したタスクとして実行する以外はやらないという運用ができれば、一日の回数や実行タイミングをコントロールできます。

こちらも非常に有効な使い方ですので、別記事で詳しく紹介したいと思います。

3. 今何を実行しているかを意識させる

タスクを実行していると、話しかけられたり、電話がかかってきたり色々と外からの割り込みが入ります。

割り込み処理が終わった際に何やっていたんだっけという時に、たすくまを見ればタスクの履歴と割り込み前に何のタスクをやっていたかが分かりますので、そのタスクに戻ることができます。

おわりに

たすくまによる行動実行の3つのメリットとして、促進、コントロール、意識について紹介しました。

  1. 行動の実行のハードルを下げ、促進する
  2. 行動の実行のハードルを上げ、コントロールする
  3. 今何を実行しているかを意識させる

こちらがタスクを実行する際の参考になれば幸いです。

iPhoneで集中・マインドフルネス習慣
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を最大限に発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 この状態をつくるには続ける仕組み、習慣化がポイントです。 本メルマガでは習慣化に役立つ実践プログラムと24時間365日、あなたに寄り添うiPhone習慣化アプリを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
時間管理・タスク管理
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました