Googleカレンダーの予定に合わせた質問で行動を助ける「コーチボット」を作る方法

はじめに

IFTTTのDate & Timeという部品を使って毎日/毎週/毎月、何時という日時を指定してメッセージを送信してくれるコーチボット。

毎日、「今日のハイライトはなんですか?」などの質問、メッセージをもらっています。

IFTTTとLINEで作る。行動・思考のコーチングを助けるコーチボットを作る方法
はじめに毎日、意識したいこと、心に留めたいこと。Googleカレンダーに特定の曜日や時刻を指定して、件名やメモに内容を入れて、繰り返しの予定を登録するのは一つの手です。iPhoneに通知をさせることで、思い...

本記事では、Googleカレンダーの予定に合わせて、問いかけやアドバイスをしてくれるコーチボットをIFTTTで作る方法を紹介します。

予定に合わせて質問してくれるコーチボット

IFTTTにはGoogleカレンダの件名やメモ欄に、指定のキーワードがあったらトリガをかけるという機能があります。

予定の0分前、15分前、30分前、45分前の選択肢があります。

これを利用して、Googleカレンダーに、”MTG”を含む予定があったらその30分前に、ミーティングに関するチェックリストをLINEで送る、というアプレットを作りました。

ここでは、「ゴール、アジェンダは明確か?」、「アクションを明確にする」、「意見の対立を恐れない」などをメッセージに入れるようにしています。

すると、会議の30分前にLINEでコーチボットがメッセージを送ってくれます。

忘れがちなポイントを思い出させてくれます。

まとめ

Googleカレンダーの予定に合わせて、問いかけやアドバイスをしてくれるコーチボットをIFTTTで作る方法を紹介しました。

ここでは、MTGというキーワードで会議の予定を検知するユースケースを例として挙げましたが、他の予定種別にも応用可能です。

例えば、ジョギングの予定の前に、「ウォーキングだけでよいので、まずウェアに着替えましょう」とベイビーステップのアドバイスをすることができます。

他にも飲み会の予定の前に、「二日酔い防止のため水をたくさん飲む」、「締めのラーメンは避ける」と釘をさすこともできるでしょう。

アイデア次第で面白いコーチボットが作成できます。

デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アプリ・ガジェット
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました