iPhoneの操作の手間を省く、Siriの基本3つの活用法

はじめに

毎日使うiPhone。操作が結構、面倒ではないでしょうか。
指で操作するのに比べ、音声で操作するとちょっと楽になります。

iPhoneでは音声パーソナルアシスタントとしてSiriが使えます。

音声認識の精度も上がり、できることも増えてきて使い勝手がよくなりました。

iPhoneの操作の手間を省く、音声パーソナルアシスタントSiriの基本の3つの活用法を紹介します。

  1. タイマー&アラーム
  2. 天気&ニュース
  3. 予定の確認・登録

Siriの基本の3つの活用法

タイマー&アラーム

一番よく使うのはタイマーやアラーム。

料理のとき、作業の際に設定します。

音声で「Hey Siri, タイマーを3分にセット」といえばタイマーがスタートします。

わざわざ3分や5分と操作で指定する必要がありません。
アラームも「Hey Siri,19時半にアラームをセット」と話しかけるだけ。

iPhoneを操作するよりも断然簡単です。

天気&ニュース

「Hey Siri, 天気を教えて」と言えば、今日の天気を音声で教えてくれます。

「Hey Siri, ニュースを教えて」と言えば、NHKラジオニュースのポッドキャストを流してくれます。

朝の忙しい時間に、いちいちiPhoneを操作して情報を見る必要がなく、朝の支度をしながら聞けるため、本当に便利です。

予定の確認・登録

「Hey Siri, 今日の予定は?」と聞くと、カレンダーを表示しつつ、1日の予定を読み上げてくれます。

次の予定は何だったかな、と確認したいときも、iPhoneを開かずとも話しかければ良いので簡単です。

さらに「Hey Siri, 今日の3時に打ち合わせの予定を追加して」といえば、カレンダーに予定を登録できます。

登録したら、その予定を確認のために読み上げてくれます。

カレンダーアプリを開いて、予定を入力するよりもはるかに速く、楽になります。

まとめ

iPhoneの操作の手間を省く、音声パーソナルアシスタントSiriの基本の3つの活用法を紹介しました。

  1. タイマー&アラーム
  2. 天気&ニュース
  3. 予定の確認・登録

Siriは朝の慌ただしい時間に特に便利です。

電車の中やオフィスなど人がそばにいる環境では、iPhoneに話しかけるのは若干やりづらいですが、自宅であればその問題はありません。

在宅勤務が多い方はぜひSiriを活用ください。

英語学習をしている方は、Siriを英語音声で活用する方法もぜひご覧ください。

少しずつ英語を話す習慣。iPhoneのSiriを英語で使う方法。
はじめにスマホの音声アシスタント、活用してますか?iPhoneであればSiri、Android端末であればGoogle Assistantが標準で搭載されています。iPhoneの音声アシスタントSiriを英...
iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アプリ・ガジェット
スポンサーリンク
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました