「いまここ」に集中。iPhoneの通知を最小限にする方法。

はじめに

あなたは1日にどれだけの数、スマホの通知を受けているでしょうか?

また、1日にどれだけの数、スマホを持ち上げているか把握してますか。

スマホの通知に気付くたびに、スマホにさわっているとせっかくの集中がそがれたり、スマホを使いすぎてしまう可能性があります。

通知は必要最小限にするのをおすすめします。

iPhoneアプリの通知を最小限にする方法を紹介します。

Androidの場合も機能は若干異なりますが、考え方は共通ですので参考にしたください。

通知の設定

まず設定アプリから通知メニューを開きます。

そして、電話やメッセージなど通知をタイムリーに受けたいアプリについては、「通知を許可」をオンにし、「ロック画面」、「通知センター」、「バナー」、「サウンド」、「バッジ」についてそれぞれ全てオンにして確実に通知に気付くように設定します。

一方、通知が不要なものについては「通知を許可」をオフにして、通知が全く来ないように設定します。

以下の通知画面に示すように基本は「通知の許可」はオフにしています。

一方、右の図のGmailのようにタイムリーに通知を受けたい訳ではなくが、受信メールがあることだけは知りたいというものについては、通知センターとバッジのみをオンにしています。

この程度の控え目な通知であれば、あまり邪魔にはならないと思われます。

まとめ

iPhoneアプリの通知を最小限にする方法を解説しました。

バナー通知や通知センター、ロック画面など設定についてもっと詳しく知りたい場合は以下のページをご覧ください。よくまとまっています。

覚えておきたい、iPhoneの通知設定を使いこなす7つのポイント
新着のメッセージやアプリの情報などを知らせてくれる通知。iPhoneにはバッジやバナー表示、サウンド、LEDフラッシュなど様々な方法があり、アプリごとに設定して自分好みにカスタマイズできます。今回は押さえておくと便利なiPhoneの通知設定を7つピックアップし、使いこなすためのポイントを紹介します。

iPhoneのスクリーンタイムの機能によると、今週の私が受け取った通知は合計519回、1日平均74回でした。

iPhoneスクリーンタイムで自分のスマホの利用パターンを把握、分析しよう【デジタルデトックス入門】
はじめについついYoutubeを見すぎてしまったり、SNSを頻繁にチェックしてしまっていないでしょうか?自分がどれだけデジタルツール、ソーシャルメディアを使っているのか利用時間や頻度、把握しましょう。iPhoneの...

また、スマホを持ち上げた数は合計791回、1日平均113回。

通知を最適化して、通知の数、持ち上げる数は適切に絞りましょう。

iPhoneで集中・マインドフルネス習慣
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を最大限に発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 この状態をつくるには続ける仕組み、習慣化がポイントです。 本メルマガでは習慣化に役立つ実践プログラムと24時間365日、あなたに寄り添うiPhone習慣化アプリを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
片付け・デジタルデトックス
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました