家の中でiPhoneの定位置を決める3つの理由

はじめに

家の中でiPhoneを置く場所を決めていますか。

もしいつも置く場所を決めていないのであれば、定位置を決めましょう。

家の中でiPhoneの定位置を決める3つの理由を紹介します。

  1. どこに行ったのか探す手間を省く
  2. デジタルから離れたマインドフル環境を作る
  3. 常に充電状態をキープする

iPhoneの定位置を決める3つの理由

どこに行ったのか探す手間を省く

iPhoneをどこに置いたのか分からなくなって、探し回ることはあるでしょうか。

電話をかけて鳴らしたり、iPhoneなどのデバイスを「探す」アプリで探すことももちろんできますが手間です。

常に同じ場所に置き、使ったらその場所に置くということを習慣化しましょう。

デジタルから離れたマインドフル環境を作る

iPhoneを家の中でも身につけていたり、目に見えるところに置いておくと、どうしても使いすぎてしまいます。

そうなると寝不足になったり、目の疲れや肩こりに悩まされたり、ストレスがたまったり、集中できていないなど様々な問題に波及します。

スマホに縛られない自由な時間。今日から始める!デジタルデトックス入門。
SNSや動画は更新されているものを一通り見ないと気が済まず、長時間見てしまって夜更かし。調べ物をして検索をしたら、ついつい関係のない他のニュース記事を見てしまいあっというまに1時間立っていた。見なければよかったと反省。...

iPhoneの定位置を決めて、家の中であちこちの部屋に持ち歩くのはやめましょう。

特にダイニングや寝室はiPhoneを持ち込まない「デジタルなしエリア」とし、デジタルから離れてマインドフルに過ごす環境を作りましょう。

家の中に、iPhoneを持ち込まない「デジタルなしエリア」を作る3つのステップ
はじめにダイニングやキッチンにスマートフォンを持ち込んでいないでしょうか。食事中にスマートフォンをテーブルの上に置いてはいないでしょうか。朝、起きる時のアラームはiPhoneのアラームでしょうか。家...

常に充電状態をキープする

定位置を決めて、充電台においておけば常に充電状態をキープできます。

外出する時にiPhoneのバッテリーが少ないという事態を防ぐことができます。

 ワイヤレス充電器の充電台を用意しておけばそこに置くだけで済むため便利です。

目に入りずらい場所に充電器を置いておくと、iPhoneに気が取られて気が散ることを防止できます。

まとめ

家の中でiPhoneの定位置を決める3つの理由を紹介しました。

  1. どこに行ったのか探す手間を省く
  2. デジタルから離れたマインドフル環境を作る
  3. 常に充電状態をキープする

定位置を決めて、iPhoneに振り回されずに上手な距離感で活用しましょう。

外出時もiPhoneをカバンに入れるのであればどのポケットに入れるのか定位置を決めておくと迷子にならなくていいでしょう。

iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
片付け・デジタルデトックス
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました