もっと歩く・走る行動習慣を 〜Pokemon Go 基本編〜

はじめに

最近、歩いていますか? 走ったり運動していますか?

もっと歩いたり、ジョギングしたいけどなかなか続かない、腰がおもいということもありますよね。

ゲームで歩く・走る行動を増やすツールとして、Pokemon Goの活用法を紹介します。

ポケモンGoと歩くこと

ポケモンGoは2016年の夏のリリース後、様々なニュースにもなりましたが、プレイしたことありますでしょうか。ちょっとやってみたけど、今はやっていないという方もいるかもしれないですね。

実は、ポケモンGoにはいくつか歩くことを促進する仕組みがあります。ナイアンティックは『Adventures on Foot 』というビジョンを掲げていて、多くの人を日常生活の中で冒険に連れ出すということを目的としているとのこと。

開発元のNianticのSocial impactレポートによると、「70%以上の Pokémon GO プレイヤーがもっと歩きたいと思うようになった」とのことです。また、プレイヤーの歩いた距離は数十億キロメートルに達し、2018年だけで、18,000kmがポケモンGoのイベントで歩かれたとのこと。

ソーシャルインパクト - Niantic

また、「ポケモンGOで歩数26%増、寿命延ばす効果も? 米研究」という記事もあります。

ポケモンGOで歩数26%増、寿命延ばす効果も? 米研究
スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」の積極的な参加者の歩行距離は同ゲームに興じる前と比べ26%増えたとする調査報告書が13日までに公表された。 - (1/2)

歩くことの動機づけ

ポケモンGoのデザインによって、以下のように歩くことが促進されます。

1.ポケモンをとりにいくため歩く

まだとっていないポケモンが周辺にいることがわかると、取りに行きたくなり、移動します。

2.ポケストップ、ジムに行くため歩く

アイテムをとるため近くにポケストップがあると移動したくなります。また、周辺でジムがあるとジムバトルをするためにそこまでの移動が発生します。

3.アメをもらうため相棒ポケモンと一緒に歩く

ポケモンによって異なりますが、ある距離を歩くとそのポケモンのアメがもらえます。アメはポケモンを進化するために指定の個数を集める必要があり、そのアメをためるために歩くことが促されます。

4.タマゴをかえすために歩く

ポケモンのタマゴには2kmタマゴ、5kmタマゴ、7kmタマゴ、10kmタマゴがあります。タマゴを孵化装置に入れてその距離を歩くとタマゴがかえります。もう少しでタマゴがかえるとなると、ちょっと距離を伸ばそうと歩きます。

今日はここまで。次回に続きます!

iPhoneで集中・マインドフルネス習慣
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を最大限に発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 この状態をつくるには続ける仕組み、習慣化がポイントです。 本メルマガでは習慣化に役立つ実践プログラムと24時間365日、あなたに寄り添うiPhone習慣化アプリを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
運動・カラダ習慣
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました