ポケモンGoで遊びながら歩く、走る習慣が身につく3つの理由。

はじめに

最近、歩いたり走っていますか。

もっと歩きたい、ジョギングしたい。でも続かない、という悩みがあるかもしれません。

ゲームを活用して楽しく歩く・走る習慣を身につけることができます。

ポケモンGoは2016年の夏のリリース後、様々なニュースになった人気ゲームです。

以前はやってみたけど、今はやっていないという方もいるかもしれません。

実は、ポケモンGoには歩く習慣化を助ける優れた仕組みがあります。

開発元のナイアンティックは『Adventures on Foot 』というビジョンを掲げています。

これは多くの人を日常生活の中で冒険に連れ出すということ。

ナイアンティックのSocial impactレポートでは以下のデータが示されています。

  1. 70%以上の Pokémon GO プレイヤーがもっと歩きたいと思うようになった
  2. プレイヤーの歩いた距離は数十億キロメートルに達し、2018年だけで18,000kmがポケモンGoのイベントで歩かれた

また、「ポケモンGOで歩数26%増、寿命延ばす効果も?」という米研究の紹介記事もあります。

ポケモンGoで遊びながら歩く、走る習慣が身につく3つの理由を紹介します。

  1. ポケモンを捕りに歩く
  2. ポケストップ、ジムに行くため歩く
  3. 相棒ポケモン、タマゴと一緒に歩く

iPhone, iPadアプリ、Androidアプリが提供されています。

‎Pokémon GO
‎『Pokémon GO』にオンラインバトルが登場!「GOバトルリーグ」に参加しよう。 世界中のトレーナーたちと一緒に探検してポケモンを探しましょう。世界のゲーム業界に革命をもたらした『Pokémon GO』は、合計で10億回以上ダウンロードされ、「The Game Developers Choice Awards」...

ポケモンGoで歩く、走るが習慣化する3つの理由

ポケモンを捕りに歩く

ポケモンGoではたくさんの種類のポケモンを捕まえることができます。

まだ図鑑に入っていないポケモンが周辺にいると黒いシルエットが表示されます。

そのポケモンを捕まえるために出かけたり、周辺を歩き回るため、歩数が増えます。

また、ポケモンを成長させるためには同種のポケモンをたくさん捕まえる必要があるため、やはり歩き回ることになります。

ポケストップ、ジムに行くため歩く

モンスターボールやギフトなどのアイテムを取るとるため、ポケストップに移動します。

モンスターボールやギフトは遊んでいるうちにどんどん減っていくため、ポケストップを回って補充が必要です。

ポケストップが少ない地域では、アイテム集めをしていると結果的に結構歩けてしまいます。

神社、旧跡、モニュメントなどの名所がポケストップになっていることも多く、いろいろ発見ができます。

また、ポケコインを貯めるためにジムにポケモンを配置するためにも移動が発生します。

最近はプレーヤが減ったせいか、以前よりもジムの場所の取り合いの激しさがやわらないでいます。

より遊びやすくなっているという印象です。

また、周辺でジムバトルが発生すれば参戦するためにそこまで歩いていくことになるため、歩数が稼げます。

普段と違う街、エリアには、まだ訪れていないポケストップがたくさんあります。

出張先、旅行先で散歩をすると、お店や名所など様々な発見もありますし、街の自然な表情も楽しめるのでおすすめです。

相棒ポケモン、タマゴと一緒に歩く

相棒ポケモンと歩くとそのポケモンのアメがもらえます。

アメはポケモンを進化するために必要で、特になかなか捕まえることができないポケモンの場合、歩いてアメを貯めます。

また、 ポケモンのタマゴには2kmタマゴ、5kmタマゴ、7kmタマゴ、10kmタマゴがあります。

タマゴを孵化装置に入れてその距離を歩くとタマゴがかえります。

もう少し歩けばタマゴがかえるとなると、距離を伸ばそうと頑張ることができます。

また、月に1度のコミュニティデイでは特定のポケモンが大量発生し、捕獲のため、たっぷり歩き回ることができます。

Pokémon GO Community Day
Get out and play together in your local community parks on Pokémon GO Community Day. For just a few hours each month, you can encounter a special Pokémon in the...
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_2175.jpg

月に一度のお楽しみ「ポケモンGOコミュニティ・デイ」が開催される。待望の『ナマケロ』が大量発生するから、トレーナー諸君は全力でナマケロをゲットしまくろう!

ボーナスは「タマゴがかえるのに必要な距離が1 /4」だから、ばりばりタマゴを割りまくるチャンス到来だ。

タマゴ孵化の距離が短くなることもあるため、タマゴをかえす距離を目標に走ったり、歩くのもいいでしょう。

まとめ

ポケモンGoで遊びながら歩く、走る習慣が身につく3つの理由を紹介しました。

  1. ポケモンを捕りに歩く
  2. ポケストップ、ジムに行くため歩く
  3. 相棒ポケモン、タマゴと一緒に歩く

歩く目的が欲しい方は、このゲームの優れた仕組みを活用して、楽しく習慣化していきましょう。

さらに、歩いてポイントを得ることができるdヘルスケアアプリの記事もご覧ください。

初回入会月月額無料です

歩く、体重記録を習慣化できるdヘルスケアの3つの特長レビュー
はじめに体重、毎日測っていますか。毎日歩いていますか。体重を毎日記録して増減に気をつけたり、毎日、ウォーキングしたりジョギングするのは、いい健康習慣です。体重が増えていることに気づけば食生活を見直そ...

iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
運動・カラダ習慣
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました