【習慣化アプリラボ】節約した金額と回数が一目瞭然!あなたの夢をサポートする「節約ウォッチ」アプリをレビュー 1.59

この記事は約4分で読めます。

はじめに

貯金や節約、得意でしょうか?

「入力するだけで貯金体質に大変身!」という節約ウォッチのアプリを試したのでレビューします。

‎節約ウオッチ-入力するだけで貯金体質に大変身!
‎「今までどれだけ節約できているのかを一目で知りたい」 「節約した中からお金を使いたいけど、いくらまで使っていいのか目安が欲しい」 「家計簿をつけているのになかなかお金が貯まらない」 「自分なりに節約を頑張っているのに、周囲にそれが伝わらない」 「親しい人の中に節約が苦手な人がいる。何とかしてあげられないか」 「節約...

今までどれだけ節約できているかをひと目で知りたい、家計簿をつけているのにお金がたまらない、このような悩みにこたえるものとのこと。

利用法は簡単で、今、節約できた!と思ったときに、その場で「何をいくら節約したか」をアプリに入力するというもの。

例えば、以下のような例が挙げられています。

他にもAmazonのタイムセールで割引で買えた、とか衝動買いしそうだった雑貨を買うのをやめた、という買ったつもり貯金もできそうです。


・体重が気になりだしたので、ランチの大盛を並盛に変えた。 150円
・友人からティーパックのお土産をもらったので、今日はマイボトルを持参して出社した。400円
・ハッピーアワーの時間に間に合ってお得にビールが飲めた! 300円
・自分へのご褒美でアクセサリーを買ったら誕生月の特典で10%割引にしてもらえた! 1,000円
・美容院のカットモデルをしたら、思いのほか良い仕上がりにしてもらえた! 4,000円
・今日は映画の割引デーで得した上に、気分もリフレッシュできた! 800円
・雨の日特典で、料理が一皿サービスしてもらえた! 500円

節約ウオッチ-入力するだけで貯金体質に大変身!

使い方

メールアドレス、パスワードでアカウントを作ったあと、最初に節約の目標を設定します。

節約目標を設定

節約目標を何にするか迷いましたが、ここは定番の海外旅行にしました!

節約によりかなえたい夢ややりたいこと、金額の目標、そして期間を設定します。

リゾートに行って、ビーチでくつろいでカクテルを飲みながら本を読みたい、青い海で熱帯魚と一緒に泳ぎたいです。

バリ島コンシェルジュ厳選! 今予約すべき、お得なキャンペーン中のホテル3選 | バリ旅行なら「旅工房」
10月~3月のバリ島は雨季、オフシーズンに入ります。 雨季といっても、1日に1~2回短時間で雨が降るだけなので、日本の梅雨のようにずっと雨が降るわけではありません。 バリ島コンシェルジュたちも、雨季のバリ旅行を楽しんでい... もっと読む »

目標は海外旅行へ行く、¥300,000というざっくりなものよりも、具体的なツアー名や正確な金額のほうがよりリアリティがあるかもしれません。

「バリ島に行き、フォーシーズンホテルに泊まる」とより具体化してみました。

【期間限定*旅工房特典あり】「フォーシーズンズリゾート」に泊まる! | バリ旅行なら「旅工房」
今回は、バリ島にある最高級ヴィラの2つのフォーシーズンズを紹介します! 期間限定のお得な特典もご紹介いたします。 1.【フォーシーズンズリゾート バリ  アット  ジンバランベイ】 2.【フォーシーズンズリゾートバリ  ... もっと読む »
具体的な目標に設定する

節約するものとして、ここ1週間のものを思い出して入力してみました。

  • 歩いて移動してタクシー料金600円を節約
  • 夕食でビールを頼むのを思いとどまって、450円を節約
  • おみやげが2つ買ったら25%オフで4000円を節約

入力すると「おめでとうございます!」、お得!とでるのがなかなか気持ちいいですね。 

節約入力画面

料金

気になる料金ですが、10回分の節約の入力までは無料トライアルとしておためしできます。

そして、それまでの節約金額の合計がでてきて、その10回分の節約を1ヶ月で達成したとするとという計算で、3ヶ月、6ヶ月とこれだけの節約ができます、と教えてくれます。

確かにこれだけ節約できたら嬉しいですね。

トライアル終了画面

その後は、課金の画面が出てきます。料金は、12カ月 1,200円、6カ月 780円、3カ月 480円、1カ月 200円とのこと。

課金画面

さらに詳しくはこちらを御覧ください。

プロの経理が考案した節約アプリ『節約ウオッチ』がリリース
流創株式会社のプレスリリース(2019年11月7日 16時00分)プロの経理が考案した節約アプリ『節約ウオッチ』がリリース

まとめ

やりたいこと、目標金額、期間をステップを踏んではじめられ、「節約したと思ったときにその内容と金額を入力する」というシンプルなものであり、かなり使い勝手はよいと思います。

アプリのデザインもスッキリしていて好印象です。

とりあえず使ってみて、10回分の節約合計金額が課金よりも大きければ継続してみることを考えてはいかがでしょうか。

浪費しがちな生活から、貯金体質に変われば、十分に元がとれますね。

編集後記

新しいガジェットが出ると、ついつい手が出てしまいます。

衝動買いをしてしまうと中には買わなければよかったというものも。

浪費を抑えるという意味では、節約とは逆に、失敗したお金の使い方を記録していくのもいいかもしれません。

これ以上後悔したくないという気持ちが衝動買いのハードルになれば節約できますね。

▼記事が役にたったら応援クリックよろしくお願いします

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
習慣化アプリ
スポンサーリンク
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました