【Bluetoothスピーカレビュー】スマホの内蔵スピーカではもったいない!手軽にいい音が楽しめるAnker Soundcore 2 、JBL CHARGE3比較レビュー 1.55

この記事は約4分で読めます。

Anker Soundcore2とJBL CHARGE3

手軽にいい音を楽しむ

スマートフォンの内蔵スピーカで音楽を聞いたり、オーディオ学習してますか。

内蔵スピーカも音量が大きくなり、音質も向上していますが、物足りなく感じていないでしょうか。

Bluetoothスピーカは内蔵スピーカに比べるとはるかに良い音を手軽に楽しめます。

一度スマートフォンとペアリングすれば、あとは電源をいれれば自動でつながります。

比較的安い価格帯で、コンパクトなBluetoothスピーカとして、Anker Soundcore 2 JBL CHARGE3の2つを比較レビューします。

Anker Soundcore 2JBL CHARGE3
サイズ約168 x 47 x 56mm88.5×213×87(mm)
重量約414g800g
出力W数12W20W
価格(執筆時)¥4,999¥14,012

Anker Soundcore 2


Anker Soundcore 2 (12W Bluetooth5.0
スピーカーは、5000円を切る値段で、コンパクトで重さもそれほどでもないので、持ち歩きに便利です。

プレゼンなどの際に持ち込んで利用する事を考えていたため、音質よりも大きさや重さ、バッテリ駆動を重視しました。

スペック上は、バッテリは最大24時間可能といっており、安心です。

デザインも黒一色でシンプル。

防水機能として、IPX7という一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しないという性能があるため、キッチンで洗い物の際に鳴らしたり、お風呂場で鳴らしたりしています。

小さいのでちょっと置いても邪魔になりません。

AUXポートを搭載しているので、AUXケーブルをつなげば有線の音楽プレーヤからも再生可能です。

有線接続はBluetoothと違い圧縮しないので高音質、低遅延になります。

プレゼンの際や、キッチンやお風呂場など限定した場所であればSoundCore2で十分ですが、部屋で音楽を聞くには、やはり音質や低音が薄い点が気になります。

もう少し音を楽しめるものが欲しくなり、JBL CHARGE3を購入しました。

JBL CHARGE3

音質、低音はこの価格帯であれば文句なしです。

重低音を効果的に増幅できる「パッシブラジエーター」機構を備えており、AUX入力にも対応しています。

デザインもよく、iMacの色合いにもあいます。

iMacとオーディオケーブルでつないで流してみましたが、JBL CHARGE3のほうが低音はよくでるものの、iMacの内蔵スピーカは画面から音が出て広がっているように感じられ、結構気に言っています。

iMacの場合はこのクラスのBluetooth スピーカーであれば、内蔵スピーカでよいと思います。

JBL CHARGE3

スマートフォンで音楽を聞くという用途であれば、JBL CHARGE3は満足できるのではないかと思います。

ただし、カバンに入れて持ち歩くには重くかさばります。

基本部屋に置いて使っています。

IPX7に対応しているため、風呂場やキッチンに持っていくのも可能ですが、持ち運びの機動性はSoundCore2が断然勝ります。

あとは若干、起動音、終了音が大きい点は気になる方はいるかもしれません。

まとめ

2つの製品、どちらも目的が異なっており、外への持ち歩き、家の中で気軽に移動させて使うにはSoundCore2、部屋に据え置きで使うならJBL Charge3でしょうか。

ただ、どちらか一つを選べと言われたら、音楽を楽しめるJBL CHARGE3です。

とにかくBluetoothスピーカはたくさんの種類があるため、選ぶのは大変です。

ショップで聴き比べるのが確実ですが、本レビューが参考になれば幸いです。

今日のバージョンアップ

タイムマネジメントのため、スケジュールの実績を投資、消費、浪費に分けて書いています。

今日は投資に時間をたくさん使えています。

投資に時間を多く配分できると、充実感などよい感情を得られます。

編集後記

外部スピーカーについてもう少し上の価格帯ですが、WiFiでつながり、Airplayで飛ばせるSonos Oneも気になっています。

ただヘッドフォンのほうがトータルで使う時間は多いため、AirPods Proが優先かなとも考えています。

▼記事が役にたったら応援クリックよろしくお願いします

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
習慣化ガジェット
スポンサーリンク
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ

コメント

タイトルとURLをコピーしました