【初心者向け】カメラ機能でスマホを選ぶあなたに、ミラーレス一眼とスマホの使い分け 〜ソニー α6000レビュー〜 1.35

この記事は約8分で読めます。

スマートフォンのカメラも進化して、日常的な写真も高画質で記録することができるようになりました。

デュアルカメラ、トリプルカメラ、クアッドカメラ、超広角レンズ、夜景モード、HDRと高機能化していて、スマートフォンでも表現力の高い、きれいな写真がとれるようになってきています。

iPhone Xs MAXで撮影(f/2.4 1/305 6mm ISO 16)

これだけの写真が撮れるようになると、もっと表情豊かな写真が撮りたいという欲が出てきます。

iMacの27インチの5Kディスプレイで写真を見ると非常に迫力もあるのですが、細かなアラも見えてきます。

新しいスマートフォンのカメラ機能のレビューを見ると、欲しくなってしまいます。

ただ、本当にほしいものがカメラ機能であれば、最新のスマートフォンに買い換える以外にも、ミラーレス一眼などカメラ専用機を買ったほうが楽しめるかもしれません。

そう考えて、ソニーのα6000を購入し、スマホカメラと使い分けて写真を楽しんでいます。

α6000

この記事は以下のようなカメラ初心者に向けて書いています。

  • 写真を撮るのはもっぱらスマートフォンだが、もっときれいに撮りたい。
  • カメラ専用機は持っていない、あるいはコンデジや古いミラーレス一眼を持っているが、今ではスマートフォンでしか写真をとっていない。

ミラーレス一眼とスマホの使い分け

ミラーレスとスマートフォンの使い分け、結論から言うと、休日や平日でもイベントがあるときはα6000を持ち歩き、平日はスマートフォンのカメラで撮影という形で使い分けをしています。

スマホカメラの特長、ミラーレス一眼の特長や課題を述べた後に、それぞれの特長を活かした使い分けについて紹介します。

スマホカメラの特長

スマートフォンのカメラはとにかく手軽で、スマホのアプリとの連携がしやすいというメリットがあります。

  • 軽くてかさばらず、携帯性がある
  • すぐに取り出して写真がとれるすばやさがある
  • 様々なフィルターアプリで写真を加工できる
  • SNSなどで写真を簡単に共有できる

ミラーレス一眼の特長

一方で、ミラーレス一眼のほうは解像度も高く、ノイズも出にくく、鮮やかな写真やきれいにボケた写真を撮ることができる、暗いところでも強い、動きに強い、というメリットがあります。

また、スマホではできないことととして、レンズを交換できます。

α6000の場合は以下のような特長をうたっています。

α6000 | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー
ソニー デジタル一眼カメラα(アルファ) 公式ウェブサイト。デジタル一眼カメラα(アルファ)α6000の商品ページです。

大きくぼけて、色鮮やかに撮れる

有効約2430万画素APS-Cセンサーの圧倒的な高画質

暗いところにも強い、最高ISO感度25600を実現

狙った瞬間を逃さない、高速0.06秒(*)のファストハイブリッドAF

大切な瞬間を撮り逃さない、最高約11コマ/秒(*)のAF追随高速連写

デジタル一眼カメラα(アルファ)

なお一眼レフカメラとミラーレスの違いについては、キャノン公式の解説記事がわかりやすいのですが、そこでは以下の4つが書かれています。

  • サイズの違い
  • ミラーの有無とファインダーの違い
  • 画質とイメージセンサーの違い
  • 交換レンズのラインアップの違い

ミラーレス=小型で快適!軽量ボディで一眼画質を楽しむならミラーレス

一眼レフ=大きいけど本格的!動く被写体を撮るなら一眼レフ

【キヤノン公式】初心者向け!一眼レフカメラとミラーレスカメラって何が違うの?|カメラ初心者教室

スマートフォンからアップグレードしたいというカメラ初心者は一眼レフカメラよりもまずミラーレス一眼がよい選択肢と思います。

ミラーレス一眼の課題

このように写真や動画自体であればミラーレス一眼のほうがよいのですが、スマートフォンに比べて携帯性やすばやさはなく、手間がかかるというのが難点です。

α6000はバッテリー、メモリーカードを含めて約344g。これにレンズが加わります。

また、大きさも、約120.0(幅) x 66.9(高さ) x 45.1 (奥行き)mmと、一眼レフに比べればかなりコンパクトではあるものの、スマートフォンと比べるとだいぶかさばります。

2010年にミラーレス一眼のNEX-5を購入した際は当時のスマートフォンのカメラとは次元の異なる写真が撮れるため、最初は嬉しくてたくさん撮っていました。

それが重くてかさばる、気軽に持ち歩けないという面倒さからいつの間にかスマホカメラに流れてしまい、いつでもスマホカメラですましてしまう、という使い方になっていました。

写真中心の楽しみ方

スマートフォンのカメラはとにかくさくっと撮って日記アプリや写真アプリに記録を残したり、家族や友人に共有したり、SNSでいいねをもらって満足という楽しみ方であり、アプリ中心の楽しみ方ととらえています。

もちろん、このアプリ中心の楽しみ方もよいのですが、最近は、丁寧に写真を撮り、その写真の撮影プロセスや撮った写真を楽しむという、写真中心の楽しみ方もよいなと思ってきました。

その瞬間に没頭し、写真を撮る事自体を積極的に楽しむ。

構図を考えてミラーレス一眼を取り出し、構えてファインダーを覗き被写体をとらえ、シャッターを押す。

後で、その写真を大きな画面で鑑賞する。

これはスマートフォンのカメラとは違った感覚で、その撮った一枚への思い入れはだいぶ異なります。

平日はスマートフォンカメラでアプリ中心で楽しみ、休日やイベント時はミラーレス一眼で写真中心で楽しむという使い分けが今はしっくりしています。

SONY α6000で撮影(ƒ/4 1/60 16 mm ISO 1600)

平日はスマホカメラ

平日はできるだけ持ち物を減らして身軽にしたいため、α6000は持ち歩きません。

しばらく平日もα6000を持ち歩いていましたが、それほど撮りたいという機会、シーンはありませんでした。 

日常の冒険が足りないということかもしれませんが、そうそうこれはしっかり撮りたいという被写体が現れることは自分の場合は少ないかもしれません。

また普段の食事やちょっとした風景をミラーレス一眼でとっていると若干目立つということもあります。

スマートフォンもそこそこ撮れるため、あまり不満はありません。

夜間はこれまでスマートフォンは苦手でしたが、レンズやセンサーの性能向上、夜景モードなどAIによる画質の向上もあり、カメラにおまかせのオート設定でもかなりの写真がとれます。

Google Pixel3で撮影( f/1.8 1/20 4.44mm ISO 111)

おでかけ、イベントは写真中心の楽しみ方で

一方、週末のおでかけや、出張などで普段行かない場所に行くとき、またイベントの際には必ずα6000を持っていきます

ただミラーレス一眼はバッグ中に入れていると取り出すのに時間がかかりますし、わざわざ取り出すのが面倒になり、スマホでいいか、となりがちです。

そのため基本、肩、首にカメラをさげるようにしています。

すぐにスナップ写真などをとることができます。

まだまだ撮るまでに時間がかかったり、取り出すのが面倒に感じることもありますが、写真を撮る事自体を楽しむようにしています。

スマートフォンを新しいものに買い換えるよりも、カメラを別で持つというのは、新鮮な体験があると思います。

またスマホのカメラを使うとついついその流れでSNSにアップしたり、別のことをしてしまい、いま、ここから離れてしまいます。

カメラ専用機を使うことは、スマホを使いすぎない、スマホと適当な距離を保つというデジタルデトックスにもつながるかもしれません。

欲をいえばミラーレスももっと軽く、小さくなるとより持ち歩けるシーンが増えるのですが、コンデジの領域かもしれないですね。

なおミラーレスを一緒に持ち運ぶ他のメリットとして、写真や動画をたくさんとってもスマートフォンのバッテリが減らないということがあります。

旅行中などでスマホのバッテリが減ってしまい困ったことはないでしょうか。

写真、動画はミラーレスで、と分けておくとそのようなことは起きないです。

まとめ

写真もスマートフォンの画面で楽しむだけであれば実はミラーレス一眼で撮っても、スマートフォンで撮っても違いは分からないかもしれません。

また、スマートフォンカメラは自動で色鮮やかに加工してくれるため、自分のような初心者にとっては正直スマートフォンで撮ったほうが失敗もせずきれいに撮れることもよくあります。

ただ、手間があってもきれいな写真を撮りたい、写真をもっと勉強したい、その瞬間に没頭し、写真を撮るプロセスを楽しみたいという方は、スマホカメラとミラーレス一眼の使い分けに足を踏み入れると楽しみが広がると思います。

今日のバージョンアップ

以下の「デジタル一眼カメラ α(アルファ)で写真撮影を楽しむ | 活用ガイド 」を見ながら、操作を勉強しています。

人物を引き立てて印象的に撮る、風景をダイナミックに撮す、夜景をドラマチックに撮す、空の表情をとるなどシーンやテーマ別にテキストや動画で説明があるため、非常にわかりやすいです。

デジタル一眼カメラ α(アルファ)で写真撮影を楽しむ | 活用ガイド | デジタル一眼カメラ α(アルファ) | サポート・お問い合わせ | ソニー
デジタル一眼カメラ α(アルファ)で写真撮影を楽しむ。ソニー デジタル一眼カメラ α(アルファ)のサポートページ。

編集後記

カメラの最適な持ち運びの仕方はまだ試行錯誤中です。

以下の「とれるカメラバッグ」も機会があれば試してみたいです。

Amazon | とれるカメラバッグ グレー | abrAsus(アブラサス) | シューズ&バッグ
とれるカメラバッグ グレーがシューズ&バッグストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

▼記事が役にたったら応援クリックよろしくお願いします

コメント

タイトルとURLをコピーしました