思い込みを疑い試してみる 〜テザリングはiPhoneよりもAndroidのほうが快適〜1.32

この記事は約4分で読めます。

思い込んでいたことが実際にやってみたら違ったという小さな体験のシェアです。

「テザリング通信はiPhoneよりもAndroidの方が接続が切れないので使いやすい 」という記事を見ました。

テザリング通信はiPhoneよりもAndroidの方が接続が切れないので使いやすい
iPhoneやAndroidのスマートフォンのモバイル通信を使用してPCやiPadなどのタブレット端末からでもインターネット接続することができる「テザリング」機能はとても便利ですよね。Wi-Fi環境がない場所でも携帯電話の電波さえ来ていればどこでもPCやiPadからブログを更新す

MacBookやiPad miniを使っていてテザリングをする際にiPhoneのインターネット共有のほうが簡単につながって便利と思い込んで利用していました。

Androidテザリングを試す

本当?と思いながらも、実際にやってみることに。

確かに、やってみるとAndroidのほうがラクで切れません。

iPhoneのテザリングはMacBookがスリープに入って通信がない状態が続くと切断する動きのようです。

Androidのテザリングはそのようなことがないため、わざわざ接続し直しがなくて使い勝手が向上しました。

iPhoneとAndroid端末の両方を使っている方はあまりいないかもしれませんが、お使いの方はぜひ参考にしてください。

同じAppleの製品ならではの連携でスムーズに使えるという思い込みが違うことが分かったのですが、案外このような思い込みで決めつけていることあると思うのです。

実際試してみてもいないのにそうだと決めつけているのは、もっといい選択肢に気づいていないのかもしれません。

バッテリ設定も見直す

他にそのような思い込みがあるのかと思ったときに、Pixel3のバッテリの消費が速いのは仕方がないというあきらめがありました。

Pixel3には端末がスリープ状態でも、日時や天気、通知を表示してくれるアンビエント表示という便利な機能があります。

こちら省電力とはいえ電力消費をしますし、Pixel3は搭載しているバッテリ容量も小さめであるため、仕方ないと思い込んでいました。

でもこちらの記事を見ながら、改めてバッテリ消費を節約する設定を見直しました。

Androidのバッテリーを節約する10の方法 (1/3)
スマートフォンのスタミナは、設定によって変わる。設定項目が多く、柔軟度の高いAndroidでは、まず何をすればいいのかが見えにくいものだ。本稿では、バッテリー持ちを長引かせるために活用したい10個の設定をご紹介しよう。検証にはAndroid 9搭載の「Pixel 3」を用いている。

画面のスリープに入る時間を短くしたり、アプリのバックグラウンド動作の制限などを設定することでだいぶバッテリーが持つようになりました。

もともとPixel3は急速充電機能も優れているのでかなり使い勝手があがりました。

先入観なしにとらえて、実際に試してみるとよいということを実感しました。

今日のバージョンアップ

Evernote for Androidでは、ノートへのショートカットをホーム画面に貼り付けられます。

これは便利。

Evernoteアプリを開いてからノートを選ぶのではなく、ダイレクトに必要なノートを開けます。

また、Evernoteウィジェットをホーム画面に貼り付けるのもいいです。

Android 端末で Evernote ウィジェットを設定する方法
Evernote ウィジェットを使うと、Android のホーム画面から直接ノートを作成することができます。Evernote アプリを起動する必要はありません。 ノート作成やWeb ページ・写真・音声メモなどのコンテンツの保存などを素早く行いたいときに Evernote ウィジェットをご活用ください。     Eve...

編集後記

家庭学習の習慣化をサポートするIoT文具、しゅくだいやる気ペン。

しごとやる気ペンもほしいです;-)

YouTube

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
習慣化ガジェット
スポンサーリンク
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ

コメント

タイトルとURLをコピーしました