英語学習を習慣化するアイデア 〜Siriを英語で使う〜 1.24

英語学習
この記事は約3分で読めます。

スマホの音声アシスタント、活用してますか?

iPhoneであればSiri、Android端末であればGoogle Assistantが標準で搭載されています。

前回、iPhoneの言語を英語に設定しましたが、次は、音声アシスタントのSiriを英語に設定しましょう。

iPhoneの設定アプリから、Siri & Searchを選び、LanguageをEnglishに設定します。

EnglishもAustralia, Canada, India, Ireland, New Zealand,Singapore, South Africa, United Kingdom, United Statesが選べるのでそこはお好みで。

英語での使い方例

こちらのページにたくさんの使い方例が示されています。

簡単な例では、Open アプリ名 を言えば、アプリを実行してくれます。

例えば、”Open Pokemon Go”など。

Siri
Siri is an intelligent assistant that offers a faster, easier way to get things done on your Apple devices. Even before you ask.

電話やメッセージ関連

“Hey Siri, call Mom on speaker”

“Read my last message”

タスク関連

“Hey Siri, wake me up at 7 AM”

“Hey Siri, set a timer for 20 minutes”

“Remind me to pick up the dry cleaning when I leave work”

練習あるのみ

スムーズに発音できないとなかなか通じませんので、最初はちょっとイラッとくるかもしれません。

でも、発音の練習と思って使ってみましょう。

何回も言っていれば自然とさらっと言えるようになります。

また、What can I ask you?などと聞くと、”Some things you can ask me: “と言いつつ、できることをリストで教えてくれます。

少しずつ言えることを増やしていくとよいと思います。

英語の勉強にもなり、スマホをより簡単・便利に使うことができるようになります。

今日のバージョンアップ

iPhoneに続いて、iMacの言語設定も英語にしました。

またiPhone, iMacとも今、注目の「ダークモード」に。

クールでいい感じです。

目にも多少やさしいかもしれません。

編集後記

ブルーのロイヒトトゥルムを使い終わって、エメラルドのものに切り替えました。

やはりこの色が一番です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました