ワイヤレスイヤホンでシンプル化 0.94

この記事は約3分で読めます。

最近、AirPodsのバッテリーがだいぶヘタってきて1時間半くらいで切れてしまう状態でちょっとしたストレスでした。

そのため、有線のヘッドフォンを使っていましたが、やはりケーブルをさしたり、からまったケーブルをほどくのが面倒でストレスがたまります。

やはりワイヤレスで、シンプル化し、ストレスフリーの状態にしたい!ということで、ワイヤレスイヤホンを買いかえることにしました。

ワイヤレスイヤホンの選び方

AirPodsを買いなおすことも考えましたが、結構なお値段がしますし、得られる体験も大きくは変わりません。

最新モデルはケースが無線充電になる程度で大きな変化はない。

2016年12月に¥16,800で購入したため、2年半ちょっとの使用。

もう少しもってほしいというのが正直なところ。

そこで、もう少しリーズナブルなワイヤレスイヤホンはないかと探しました。

条件としてはカナル型ではなく、インナーイヤー型であること、またAirPodsのように片耳ごと独立していないこと。

最近はカナル型と言われる耳の中にすっぽり耳栓のようなイヤーピースをイヤホンが主流です。

カナル型とインナーイヤー型イヤホンの違い。おすすめ最新機種もご紹介

外れにくく、音漏れも少なく、確かに音もよく感じますが、あの耳が詰まる感じがあまり好きではなく、いくつかの製品を試しましたが合いませんでした。

そのためインナーイヤータイプで探しました。音漏れは比較的しやすいので注意は必要ですが、周りの音が聞きやすいというメリットはあります。

また「AirPodsのように片耳ごと独立していないこと」については、これまで手が耳にあたって何度か落としたことがあるためです。

いろいろと探してこちらのものにしました。

JBL TUNE205BT Bluetoothイヤホン

Amazon.co.jp: JBL TUNE205BT Bluetoothイヤホン マイクリモコン付き/オープンタイプ シルバー JBLT205BTSIL 【国内正規品/メーカー1年保証付き】: 家電・カメラ
Amazon.co.jp: JBL TUNE205BT Bluetoothイヤホン マイクリモコン付き/オープンタイプ シルバー JBLT205BTSIL 【国内正規品/メーカー1年保証付き】: 家電・カメラ

購入時点では2,110円と非常にお得な値段。

使ってみたところ、音質はもともとそうこだわりもないため十分。ペアリングもかんたん。

コストパフォーマンスを考えると非常にいいです。

気になったところ

複数機器とのペアリングはできないようなので、スマホ2台持ちの環境としてはちょっと困ったことになました。

音楽などは片方で聞くという形にシンプル化しようと思っています。

また、ワイヤレスとはいえ、2つのイヤホンをつなぐケーブルが若干ジャマということもあります。

首にかけるタイプですが、首にケーブルが当たるのが少し気になります。

AirPodsの前はケーブルがあるものを使っていたため、これは慣れかもしれません。

しばらく使い方をいろいろと見ていこうと思います。

今日のバージョンアップ

Pixel3の画面、バッテリ、通知など各種設定、ホーム画面、ウィジットの配置など整理。

非常に使いやすくなりました。

編集後記

週の大きなヤマを超えて解放感。

You Tubeを見たりかなり息抜きしてしまい、睡眠がおろそかになっているため、立て直します^_^

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
生活シンプル化
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました