お休み・帰省・旅行などで習慣が乱れる原因と対策 0.72

タイムマネジメント
この記事は約4分で読めます。

夏休みになると、早起きや運動、アウトプットなど様々な習慣が途絶えがちです。

完璧に同じ習慣をやる必要はなく、いつもと違う環境を楽しめば良いと思います。

ただ、せっかくのいい習慣は少しでも続けて満足感や達成感を感じたい。

また、あまりにやらないと作り上げてきた習慣が途絶えてしまうというちょっとした危機感もあります。

夏休みに習慣が乱れる原因を分析して、対策を見ていきたいと思います。

原因としては大きく、感情面、環境面、がありそうです。

  1. 感情面: 解放感や、時間がたくさんあるという感覚から、ゆったりし過ぎてしまう
  2. 環境面: 普段と居場所が違うため、使えるものがない。また周りの目もある。

感情面

課題

解放感や、時間がたくさんあるという感覚から、ゆったりし過ぎてしまいます。

普段は見ないテレビも、久しぶりに見ました。お笑いもたまに見るとリラックスできて良いですね。

解放感は目一杯楽しみたいし、普段の慌ただしい時間の流れに対して、余裕を持ったゆったり時間を味わいたい。

一方で、全くコントロールなく、ダラダラの生活をしたいわけでもなく、やりたいことをやって充実感を感じたい。

ただ、やりたいことでスケジュールをガチガチに決めてコントロールしたいというのも違います。

対策

ここは基本に立ち返って、理想の1日をデザインします。

解放感を味わうために何をしたいのか。

普段できないようなまとまった時間が必要なもの、お出かけするものを入れると良いですね。

夏休みにやりたいことをリストアップしたので、それを1週間のカレンダーに入れていきます。

夏休みにやりたいことを見える化 〜Trelloでプランニング〜 0.69
夏休み、毎年、目一杯、満喫していますか?すでに夏休みとったという方もいれば、明日から夏休みの方もいらっしゃると思います。夏休みは、明日から夏休みだという夏休みのはじめのタイミングが一番ワクワクします。あれも...

また習慣としてやりたいこともカレンダーに入れていきます。

ちょっとリハビリも兼ねて、ジョキングをウォーキングに変えたり、軽めのエクササイズにしたりと、習慣の行動レベルを調整してもいいですね。

なおせっかくのオフですし、やりたいこと、やることを詰め込まない方が良いですね。

普段よりも余白の時間を持たせるように意識します。

具体的には予定の後に、余白の休憩時間を30分から1時間持つようにします。

効率化や充実した一日と考えると無駄なく1日をなんらかの予定で埋めたくなってしまわないでしょうか。

そのようなパワフルな一日もいいのですが、今週は解放感を楽しみ、余裕を持ってご機嫌な一週間を過ごすというテーマとしました。

そのためむしろ空白の余白があるような配分にしました。

環境面

課題

帰省・旅行先のため、体重計やヨガマットなど普段使えるモノがないなど環境面の問題があります。

また、帰省や旅行では家族、親戚、友人などと長い時間一緒にいるため、普段のような習慣行動ができないということもあるでしょう。

対策

モノがないからやらないということではなく、代替手段を考えます。

完璧主義になるといつも使っているアレがないからできない、という発想に陥りがちです。

むしろ環境が違う中で、どうやってできるかという、チャレンジや新しい発想として楽しめるとよいですね。

ヨガポール、ヨガマットはないので、普段とは違うストレッチを試すなど。

またあきらめも必要です。

体重計は代替手段もないので、スパッと諦めました。

一方、他の人と一緒にいる時間が長い点については難しい課題です。

ブログを書く時間などなかなかとれません。

これもゼロでなければOKとして、スマホに少しだけメモすることにしました。

あとは時間が取れたらパソコンでやります。

ちゃんとできなかったとストレスに感じるのではなく、ちょっとだけでもできた、という考え方を持てるといいですね。

今日のVersion Up 0.72

いつものやり方ですと、締め切り日時まで資料の完成度を上げて提出するところを、自分軸でここまでできればよい、という判断でスパッと提出。

ひょっとしてもう少し完成度を上げることができたかもしれませんが、本質的な大きな違いはないだろうし、単なる自己満足で大差ないと思います。

完璧主義でなく最善主義の考え方を実践していきたいです。

編集後記

YouTube Musicは音楽だけでなく、動画もたくさんあって本当に楽しいサービスです。

大画面でライブ映像を流しているとテンションも上がります。

今はiMac27インチで見ていますが、こんなプロジェクターも試してみたいです。


Anker Nebula Capsule II(世界初 Android TV搭載 モバイルプロジェクター)【200 ANSIルーメン / オートフォーカス機能 / 8W スピーカー】

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました