ストレスと上手に付き合う 0.54

メンタル・マネジメント
この記事は約3分で読めます。

ストレスが引き起こす行動

日々、小さなものから大きいものまでストレスありますよね。

ストレスを感じた時、どのように解消していますか?

そこで、お酒や食べ物、YouTube、無駄遣いに走るような行動を取ってしまうと、時間やお金を浪費したり、体に良くなかったりと後で余計に後悔してしまいます。

よりメンタルやフィジカルに良い行動でストレスを解消できるとよいですね。

そんなストレスと上手に付き合うための方法ですが、うまく代替行動にスイッチできると良いですね。

食べ物系

ストレスを感じると、チョコレートやデザートなど甘いものが欲しくなります。少しならよいと思いますが、止まらなくなってしまうと問題ですね。

代替行動としては、ナッツやチーズなどヘルシーな食べ物を口にする。

甘いもののストックを持っていると抗うのは難しいため、買いだめしておかない方が良いですね。

また、食べ過ぎてしまうということもあるかもしれません。

代替行動としては、水やお茶を大目に飲むというのはあると思います。

飲み物系

ストレスを感じると、お酒や清涼飲料水が欲しくなります。こちらも少量であればよいでしょうが飲み過ぎてしまうと体に良くはありません。

代替行動としては、無糖の炭酸水にスイッチしたり、ノンアルコールビールなどにスイッチするのはありそうです。

ノンアルコールビールは現状なかなか好みに合う製品に出会えてないのですが、そのおかげでノンアルコールビールを飲み過ぎてしまうということはありません 😉

テレビや動画系、ゲーム

ストレスを感じると、特に見たいわけでもないにも関わらずYouTubeやAmazonプライム・ビデオの動画をダラダラと見たくなります。

あるいはスマホゲームなど。

見始めると、かなりの時間を浪費しがちです。

代替行動としては、読書やオーディオブックを聞くことでしょうか。

他にも、YouTube見るにしても、見る動画を選ぶ際、英語のYouTube動画を選ぶ分には、勉強になるので良いですね。自分の現在の英語力では、英語のYouTube動画を長時間見過ぎてしまうということは起きません 😉

代替行動へのスイッチ

このような代替行動は、冷静な時にはいろいろと思いつきます。

しかし、実際のストレスで頭がいっぱいの時にはそれが行動の選択肢に出てくるかは微妙です。

自分のストレス解消のパターンに応じた代替行動を書いて用意しておき、いつでも見られるようにしておくと良いですね。

今日のVersion Up 0.54

新しい技術を学びました!

編集後記

ランチ、暑い中、結構並びましたが、やはり美味しい^^

もう少し待ち時間が短くなると良いのですが人気店はしょうがないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました