たすくまによる行動実行の3つのメリット 0.43

行動を起こす習慣
この記事は約3分で読めます。

はじめに

たすくまによる行動記録法、ライフログ活用を何回かに分けて紹介してきました。

次のステップは行動です。たすくまによる行動実行については、大きく以下の3つのメリットがあると考えています。

  1. 行動の実行のハードルを下げ、促進する
  2. 行動の実行のハードルを上げ、コントロールする
  3. 今何を実行しているかを意識させる

1.行動の実行のハードルを下げ、促進する

第1に、実行したい、促進したい行動をタスクとしてたすくまに登録することで、実行しやすくなります。

たすくまは、時系列でタスクが並んでいますので、上から順番にタスクを実行していくのが基本です。

そうすれば、やりたいこと、やるべきことが達成されるというわけです。

たすくまにはやりたいこと、やるべきことを、実行する順番に並べ替えておくというのが前提です。

このたすくまのプランニング法については、別の記事で紹介します。

適切に実行する順番にタスクが並んでいれば今、これをやっていていいんだっけ?という心配なしに安心して目の前のタスクに集中できます。

2.行動の実行のハードルを上げ、コントロールする

メールチェックや、SNSチェックはついつい、頻繁にやってしまいます。

メール、SNSチェックなど利用頻度、利用時間をコントロールしたいものについては、たすくまにあらかじめ登録したタスクとして実行する以外はやらないという運用ができれば、一日の回数や実行タイミングをコントロールできます。

こちらも非常に有効な使い方ですので、別記事で詳しく紹介したいと思います。

3. 今何を実行しているかを意識させる

タスクを実行していると、話しかけられたり、電話がかかってきたり色々と外からの割り込みが入ります。

割り込み処理が終わった際に何やっていたんだっけという時に、たすくまを見ればタスクの履歴と割り込み前に何のタスクをやっていたかが分かりますので、そのタスクに戻ることができます。

おわりに

たすくまによる行動実行の3つのメリットについて紹介しました。

こちらがタスクを実行する際の参考になれば幸いです。

■今日のVersion Up 0.43

朝アイロンかけながら、高密度仕事術の動画でインプット。

制限時間を設けて緊張感を持って仕事をするという原則を改めて学んだため実践していきます。

成果を増やす 働く時間は減らす 高密度仕事術 | 古川武士 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで古川武士の成果を増やす 働く時間は減らす 高密度仕事術。アマゾンならポイント還元本が多数。古川武士作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また成果を増やす 働く時間は減らす 高密度仕事術もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

■編集後記

いろいろな方にボランティア的な委員のお仕事をお願いする機会が増えていますが、快くお引き受けいただくことになり、本当に感謝です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました